逆転合格に必要な思考法

類は友を呼ぶ。伸びる奴は伸びる奴を呼ぶ。

こんにちは。鼎ですよっと。

今回は諺『類は友を呼ぶ』はまじだぜって話をしたいと思います。

『類は友を呼ぶ』はがち。

お前は自分と一緒にいたいと思うのか

諺って結構この世の心理を突いていることが多いです。

昔の人の知恵と経験が詰め込まれてますからねー。

今日はその中でも『類は友を呼ぶ』についてです。

意味を知らない人のために軽く説明すると、

類は友を呼ぶとは、気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものであるということ。(古事ことわざ辞典参照)

は似てる奴は自然に集まるよってことです。

これは結構自分の中で思い当たる節があって、悪口を言う人って絶対集まってるんですよね。

陰口を言う人の周りには陰口を言う人が集まるんすよ。

逆に、うまくいってる奴の周りって、不思議なくらいうまくいってる奴が引き寄せられてくるんですよね笑

自分の周りの人間に悩んでる人って沢山いると思うんですけど、これって結局自分が引き寄せている人たちだったりするんすよね。

例えば、周りの人がずっと人の悪口を言ってる人だったり、やることなすこと環境のせいにする人ばっかりだったら嫌じゃないですか。

少なくとも僕はそういった人とは関わりたくないんですけど、じゃあ他人から見て自分自身はどうなのかって話です。

自分自身は悪口めっちゃ言ってるのに、悪口言う人が周りにいてほしくないって人がいたら、正直なんだてめーは。何様だ。って話ですよね。

そう。自分が付き合いたいなと思うような人がいたとするなら、まず自分がそういう人になるんすよ。そうすれば自然に似たような人が集まってくるんすよね。不思議なことに。

例えば悪口言ってる人よりも、「あいつのあーゆー所がすげーんだぜ」って言ってる人の方が、魅力的だし近づきたくないですか?

そう思うなら自分もすげー奴のこと素直に褒めてみるんですよ。

良い奴が周りにいるってすっげー幸せですよ

お互い尊敬しあって、助け合って、バカもできて。

自分恵まれてるなって思いたいじゃないですか。

まずは、普段の生活から、いい奴といようぜって話でした。

大学受験における類友

類は友を呼ぶは大学受験にも関わってきます。

結局伸びない集団や勉強しない集団ができあがってくるわけです。

ここで大切になってくるのは、成績が伸びている人の輪の中に飛び込もうねって事です。

正直、最初はきついと思います。

自己嫌悪になったり、羨ましく思うこともあるでしょう。

そこまでして上の集団に入った方がいいのには理由があって、類は友を呼ぶは反対の効果もたらすんですね

反対の効果とはどういうことか。

自分が周りの集団に徐々に近づいていくんですよ。

成績が伸びるマインドセットの集団の中にいると、自分の中にもその思考法が染み付いてきます。

逆も然りで、成績の悪い人同士で傷を舐めあっていても、そのままの勉強法、思考法を引きずってしまうんですね。

これすげー勿体無いことなんですよ。

新しい世界に飛び込まず、毎日毎日既知の思考法で過ごしていると、どんどん脳が使えなくなっていくんですよ。

認知症になる原因とかもこれだったりするんですね。

とやかく言わず、自分の知らない世界に飛び込んでいけよって思うわけです。

これも歳をとるたびに、自分の知らないことを認められなくなるわけですよ。

まだやり直せだからこそ、行動するんす。

自分より成績が高い集団に入ったら恥ずかしいと感じることもあるでしょう。他人から馬鹿にされることもあるでしょう。

でもそうしないといつまで経っても出来ないままなんですよ。

今の自分を変えたくないですか?

上のレベルの人と対等に話したくないですか?

最初はきつくても、慣れてきた頃にはそれが普通になってますよ。

自然に自分の中の当たり前のレベルが上がります。

最初きついと思ったことが毎日できることになったら、そりゃ成績伸びるよねって話じゃないですか。

勇気を出して上のレベルに飛び込んでください。

きっと違う世界に出会えると思います。

今回はこんなところで。˙꒳​˙)