「お前には無理だ」と言われた人へ

2018年10月28日

大学受験について学校の先生や友達や親に

お前には無理だ

そう言われた経験ある人もいると思います。

結構心にきますよね。否定された気がして。

今回皆さんにお話ししたいのはそんなの気にしなくていいんだぜってことです。

「お前には無理だ」は気にしなくていい。

そんな言葉無視していいよ。

たまにいるんですよね。

生徒に対して「お前には無理だ。」って言葉を言い放つ指導者が。

こんな言葉気にしなくていいんですよ。

僕はそんな人、指導者だと思わないです。

別に「生徒がかわいそうだから」などという綺麗な理由ではありません。

じゃあなぜ気にしないで良いのか。

言われた人はどうすればいいのか。

それについて話していきます。

「お前には無理だ。」に隠された心理

指導者が「お前には無理だ。」というとき、どんな心理状況なのでしょうか。

これ、お前には無理じゃなくて、

僕には無理でーーす。って言ってるんですよ笑

どういうことか説明するんで聞いてください。

指導者から見て受験生に無理と言うということは

「その子を受からせることは私にはできません。」

って言ってることと同じなわけですよ。

「大変申し訳ございませんが私にはあなたを志望校の合格に導くための指導者としての実力はありませんもしあなたが志望校に受かりたいなら私を指導者に選ばないでください。」

とわざわざ自分から言ってくれている訳ですから単純にその人を指導者に選ばなければいいそれだけの話なんですね。

そんな白旗あげてる奴のいうことなんて無視してればいいんですよ。

あーまたなんか言ってんなーって。

だって時間勿体ないですからね。

それでいちいち

「あー。自分には無理なんだ。」

とか思ってても意味ないわけですよ。

平気でお前には無理とかいう人が教師になれるのも問題だなと思いますよね。

そりゃーあなたの言うこと聞いてたら

無理でしょうねって話じゃないですか。

指導者が合格させるのが無理だったら、お前何のためにいるんだって話になります。

まぁこういった人も悪気があるわけじゃなくて、一応実力不足なりに生徒のためを思って言っているとは思いますが。

(本来ならここで謝罪するべきだとは思います。)

この話をすると担任の先生を無視したり下に見たりする人がいるのですが、この人と敵対しても意味ないので。

お前には無理だといわれても

そうですか。でも今頑張ってるんで。ありがとうございますわざわざ激励の言葉

といった感じで返しておけばいいんですよ。

そんな人に夢を邪魔されて悔しくないですか?

それめちゃくちゃ勿体ないことですよ。

だって諦めたらそこで終わりですからね。

世の中には逆転合格と呼ばれるものを達成する人が毎年五万といます。

この人たちに共通するのは無理と言われても諦めなかったことですよ。

じゃあ逆転合格するにはどうすればいいのか。

それを次に話していこうと思います。

言われた人はこれからどうすればいいのか。

ここからは具体的な話に入っていきます。

まず、「お前には無理だ。」と言われて、まいってしまう人の多くは志望校までの道が見えていません。

自分の歩くべき道が見えていないからこそ大人と言われる人たちのことを無条件で信じてしまうわけです。

要は具体的な計画無しに受験に挑んでしまっています。

あの方向へ進んだら志望校への最短距離だ。

そういった長期的な視点がないと、こういった単発的な出来事で明後日の方向に吹っ飛んで行ってしまうわけですよ。

そんな状態でこれから色んな人たちの意見に

惑わされてしまったら勿体ないので、この記事を見終わったらまず志望校について徹底的に調べてください

最低限志望校について○○大学○○学部(志望校)

科目。調べてください。

日程。調べてください。

過去問。調べてください。

傾向。調べてください。

全部出てきます

志望校のリサーチが甘すぎる人が多いです。

それを見たうえで勉強計画を立ててください。

勉強計画については完全保存版があります。

かなり本気で書いたので絶対見てください。

【完全保存版】大学受験の計画の立て方

幸いにも今の世の中はスマホ一つで簡単に情報を手に入れることができます。

このサイトにも勉強法は沢山書いてあります。

見て下さい。そして考えてください。

そうって自分の頭で考えることで

他人に流されない自分というものができてきます。

まとめ

point「お前には無理だ。」は気にしなくていい。

 

それは単にその人が実力不足なことを

 

自分から教えてくれているだけだ。

 

他人に流されてしまうのは勿体ない。

 

そのためにも志望校についてリサーチし、

 

自分の勉強法というのを確立しよう。

いつもに増して熱くなってしまいました。

今回はこんなところで。ばいちゃー。

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!