時期ごとの勉強法

【必見】時期ごとの赤本の使い方を序盤・中盤・直前期で解説

大学受験とは切っても切れないもの

赤本

赤本はただがむしゃらに解けばいいなんて、そんなに大学受験は甘くないです。

 

悩める受験生のために、今回は現役東工大生である鼎が赤本の使い方を、1から100まで話していこうと思います。

 

赤本ってどのくらいの時期からやればいいですか?

そんな質問をよく耳にします。

じつはこの赤本、時期によって使い方が違います。

 

その時期に合った使い方をすることで模試以上の効果を出してくれるのが赤本です。

それぞれの時期に分けてみていきましょう。

受験初期の時期別赤本の使い方

まず最初、受験勉強を始めるときに志望校の赤本を見てください。

今は受験初期じゃないけど一回も見たことない。

という受験生も今すぐ一回は見ておきましょう。

 

これから自分はどのような問題を解けるようにしていかなければいけないのか

それを確認するための作業になります。

 

解かなくていいです。

というよりも、どうせ解けません。

僕も惨敗しましたね。

 

ただ、敵を知るという意味で必ず見ましょう。

その志望校の過去問はこれからの勉強の道しるべとなっていくものです。

 

これがあると他人に流されず、自分自身で最短の道を歩むことができる。

解くことはハードル高くても見るだけなら誰でも出来るでしょう。

 


受験中期の時期別赤本の使い方

次は受験中期に陥りがちな罠について。

受験も中盤になってくると今度は逆に過去問ばっかりやる受験生が増えます。

この使い方、NGなので気を付けてください。

 

勉強はインプットとアウトプットがあり、そのバランスが成績を伸ばすうえで重要です。

過去問はアウトプットの練習をするもの。

インプットもろくにできてないのにアウトプットばかり練習しても意味がないです。

 

目安としてはすっごくよくできる受験生で赤本をやりまくるのは11月くらいです。

普通の受験生は12月、1月くらいですね。

それまではインプット中心に勉強し、時間無制限でもいいので月一くらいで志望校との距離を測るために解きましょう。

たぶん歯が立たないと思います。

 

しかしその中で、自分にはあと何が足りないか、これからどう勉強していけばいいかを見つけましょう。

 

受験直前期の時期別赤本の使い方

さていよいよ受験直前期です。

この時期は今までインプットしたものをどうしたら志望校の入試本番で出せるか。

そこにフォーカスした勉強に移ります。

 

ここにきてやっと赤本を解きまくることに大きな意味が生まれてくるわけです。

勿論そこまでに志望校レベルの知識をインプットし終わっているということが前提条件とはなってきますが、知識があれば問題が解けるというわけではありません

 

入試問題は各大学各学部によって特徴があり、その傾向と対策を学ぶことによって今までの知識をどう使うかを知るのです。

 

一般的な受験生で言うと、12月は週に3年分程度。

1月は1,2日で1年分を解くペースが理想です。

 

復習も忘れてはいけません。

むしろこの時期の過去問演習で一番成績が伸びるのは復習をしているときだと思います。

 

なぜこの問題が解けなかったのか。

どうしたらこの部分の考えに気づけたのか。

時間を短縮するにはどういった順番で解くか。

これらを考え抜くことで、点数は上がっていきます。

 

これを3カ月間続ければ、きっと入試本番で最高点に近い点数が出せるかと思います。

時期別の赤本の使い方のまとめ

point初期 受験勉強を始める前に敵を知る。

 

中期 月一で志望校との距離を知る。

 

直前期 量を解いて知識の活かし方を知る

是非参考にして、自分の過去問演習に役立ててください。

 

 

この記事を読んで新たな質問ができた。

もっと深い話を聞きたいという方に向けて、個別に質問できる環境を用意しています。

 

質問箱

鼎の質問箱

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

TwitterのDM

鼎のTwitterアカウント

 

質問の際は礼儀正しくお願いします笑

必ずの返信は約束できないので悪しからず。

 

それでは今回の記事は以上になります。

お疲れさまでした!!