【ケーススタディ】受験勉強は朝型がいいのか

2018年10月29日

こんにちは。鼎です。

今日は勉強には朝型と夜型どちらがいいか。

そして自分が違う場合は変えたほうがいいのか。

そんなことについて話していこうと思います。

勉強に向いているのは朝型か夜型か

【必見】まずは科学的見地から

今日の多様化した生活習慣の中では

一概に朝型がいい。夜型がいい。

なんてことを言うことは出来ません。

しかし僕は実は朝型推奨派です。

それは科学的なデータに基づくと、朝型のほうが利点が多いといえるからです。

因みに先に言うと僕自身は夜型です笑

その理由は後々話すとして、まずは何故朝型を推奨しているのか。

その理由として朝型のいい点を挙げてみました。

朝型になれる人はなって欲しいです。

朝型のメリット

朝は集中しやすい

人間は朝集中しやすい。

そんなことを聞いたことがある人も多いと思います。

どうやら朝の方が集中しやすいのは事実だそう。

朝太陽の光に当たることで神経伝達物質が体内で生成され、それがいわゆる「頭の冴え」に繋がると。

起きて間もない頃だからエネルギーがあるだけ。

そうとも捉えることもできますがメリットの一つとは言えますね。

朝は邪魔が少ない

朝の方が人の動きは活発ではないです。

電車等の公共交通機関も空いていますし、SNS関係の通知も夜に比べ少ないのは間違いないでしょう。

最も集中できる時間に邪魔が入らない

この点に関しては朝型の大きな利点だと思います。

生活習慣を整えやすい

大切な生活習慣の話。

毎日決まった時間に寝るのと毎日決まった時間に起きること。一般的にどちらの方がやりやすいでしょうか。

おそらく多くの人が起きることだと思います。

目覚まし時計などがあれば起きることは出来る反面、寝ることはそうしたいと思ってもできないことがあります。

朝早く起きる習慣がついている人は夜も自然に眠くなるでしょう。

毎日の規則正しい生活は健康の基本であり、勉強の習慣化にもつながります。

毎日コンスタントに勉強するためにも朝型の生活習慣の作りやすさは魅力的です。

試験は朝からある

これもよく言われることですが、入試は朝からあります。

その事を考えると朝集中できる習慣があると試験でも実力が発揮しやすいというのは

ある程度説得力のある主張です。

このように夜型より朝型が良い。

そう言える根拠は沢山あります。

ですが先ほど述べた通り鼎自身は夜型です。

僕自身の事例を見ていきましょう。

 

ケーススタディ-鼎の場合-

何度も述べた通り僕は生粋の夜型です。

具体例として夏休みの行動を挙げると、朝4時に就寝、昼の12時に起床、13時勉強開始

こんな生活を受験期の夏休みに送っていました。

先ほど述べたように朝型のメリットも知っていましたし、何度も朝型になろうとチャレンジしました。

でもねー。無理でした笑

朝が弱すぎて起きられないんですよね。

夜も全く眠くならないので、諦めて夜型を貫くことに。

ここで重要なのは、この僕のくそみたいなスケジュールで成績は伸びたのかってことですよね。

何となくわかると思うんですけど普通に伸びました。

それもえげつない速度で。

僕は夜型の生活に効率の悪さを感じてましたし、事実朝型になろうとする努力もしてましたが

これって僕の中では「どちらかと言えば朝型だよね。」そんなレベルだったんですね。

何故こんな生活をしていて余裕があったか。

それはこの勉強法を知っていれば、朝やろうが夜やろうが関係なく結果が出ることが分かってたから。

じゃあ結局どうすれば良いのか。

それについて話していこうと思います。

【保存版】結果的に言えること

僕なりの結論は次の通りです。

「確かに朝型には多くのメリットがある。

だから朝型に変われる人は変わった方がいい。

でも鼎みたいにどうしても変われない人でも正しい勉強法をすれば結果は出る

これに尽きると思います。

実際受験直前期も夜型生活でしたが、特に入試で集中できないなんてことは一度も無かったです。

生活習慣。規則正しい方がいいです。

。早く起きた方が効率がいいです。

他人からの邪魔。無い方がいいです。

入試の時間。勉強してた方がいいです。

でも、そんなことよりその時間でどんな勉強をしているか。その方が何倍も重要です。

実はそんなこたが言いたくて書いた記事でした。

まとめ

point朝型にはメリットが沢山ある。

 

でも実際夜型で結果を出している人も多い

 

いつ起きているかは確かに重要だが、その時間に何をするかが最重要

今回はこんなところで!ばいちゃ˙꒳​˙)

 

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!