【必ず読んで】大学受験は守破離

2018年10月29日

こんにちは。鼎です。

今回は大学受験を成功させるにおいて重要となってくる考え方についてです。

僕は常に自分で考えろと言っています。

けどこれは、1から全て自己流でやれと言っているわけではないんですね。

このサイトの勉強法を学ぶにおいて必ず知っておいて欲しいことを書いています。

僕の言っていることに説得力を感じて今後も参考にしようと思ってくれている方に理解して欲しいことを全力で書いていきます。

守破離

自己流になるな

僕は色んな記事で、自分で考えて行動しろ。

そう言ってきました。

でもこれは、やることを1からすべて自分で決めてくれという意味ではありません。

自分で考えて行動するには、まずやるべきことがあります。

それを表した言葉守破離についてまずは一緒に考えていきましょう。

守破離の意味

守破離とは、読んで字のごとく、守って破って離れるということてす。

元々は武道の世界で用いられてきた言葉ですが、まずは自分が尊敬している師匠の教えを型として「守る」ところから始まる。

それを繰り返し、その型を自分と見比べて考えることことにより、自身に最も適合したより良いと型を模索することによって今まで使ってきた型を「破る」。

最終的には師匠の型、そして自分自身が創造した型の上で行動できている個人は、自分自身と方法ついて熟知していることから型から解放され、型から「離れ」て自由に行動することができるようになる。

この一連の物事を習得する流れが守破離です。

これは武道だけでなく、何かを極める上で最も効率のいい動き方だと思っています。

大学受験における守破離

大学受験に照らし合わせて考えて行きましょう。

勉強に関しても、最初にやはり型が必要なんです。

何も行動してないときから、勉強法を自分で編み出そうとしても、多くは失敗します。

最初に大切なのは、結果を出している人の勉強法、思考法を徹底的に真似るということです。

このとき誰を師匠とするかが、結果を大きく左右することが分かると思います。

ここはめちゃくちゃ頭を使わなきゃ駄目です。

取り敢えず高校の先生の言うことを聞くとか。

取り敢えず予備校の講師を参考にするとか。

取り敢えず成績のいい生徒の真似をするとか。

こんな適当に決めていいことではありません。

ここで自分の頭を使って考えなきゃ全く意味ねーわけですよ。

誰を師匠としたらいいかは前に書きました。

成績のいい生徒の真似をするな【師匠の決め方】

この、結果を出している人の言うことを徹底的に聞き、その通りに実行してください。

それが守破離の「守」。型を守るということです。

これができて初めて、自分に合った勉強に変えていくということが出来るわけです。

僕も受験生の型となることを毎日沢山記事にしています。

それを徹底して初めて、自分に合った勉強法と自分には納得のできない勉強法というものが分かってくるようになるんですね。

スポーツでもなんでもそうですよ。

最初は上手い人の模倣から始めますよね。

サッカー始める時に、自分はこういう蹴り方が最強だと思う。とか言って自己流で練習しても、いつまでたっても上手くならないのはすぐに分かるじゃないですか。

最初は徹底的に今ある蹴り方を学びますよね。

それを徹底的に反復して初めて自分なりの蹴り方というのが見えてくるわけじゃないですか。

なんでこれが勉強になるとすぐ自己流に走ってしまうのでしょうか。

最初は自分が本当に納得できる人のことを全力で真似してください。

その人の言っていることを全部聞き、考え方のレベルで真似できるようになりましょう。

その時見えている世界は、今とは全く違うものになっているはずですから。

まとめ

point大学受験勉強も守破離である。

 

守破離とはまず型を「守る」ことから始まる。

 

鼎が言う自分で考えろは、自分自身で納得できる師匠を全力で探し、その人の言うことを徹底的に聞き、考え、同じ思考ができるまで繰り返し頭を使う。

 

そうなって初めて自分なりの勉強法ができる。

ただ言われたことを何となくやるだけでは、この域に達することは絶対にありません。

それがいつも言っている「考えろ」の意味ということを忘れないでくださいね!

今回はすごく大切なことを話しました。

是非の何度も読み返し、理解してください。

以上!ばいちゃ˙꒳​˙)

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!