志望校対策の罠

2018年10月29日

こんにちは。鼎です。

志望校の対策をどうすればいいか悩んでる受験生も多いと思います。

実はこの志望校の対策には、必ず意識しなければならない落とし穴というものがあるんです。

今回は本当の志望校対策のやり方を話していこうと思います。

志望校対策のやり方

実力をつけろ

志望校対策というと、最初からその志望校の形式に特化して赤本を解きまくって慣れていく。

そんな勉強を想像する人も多いと思います。

確かにそれは最後には必要です。

しかし知っておいて欲しいのは大学受験で問われている力はどの大学でもほとんど変わらないという点です。

つまり真の実力をつけていれば、少しの形式の慣れで十分対応できるということなんですよね。

これを意識しておかないとどうなるか。

実力が十分でないままに、赤本などで得る小手先の技術を志望校対策だと思ってしまうんですよ。

でもこれ違うんですよね。

本当に実力がある人は、形式がたとえマークだろうが記述だろうが少し練習すればできるようになります。

だから実力がある人はセンターだろうが滑り止めだろうが結果を出せるんですね。

最初にどの大学でも必要とされる学力をつけることが先なんですよ。

それが結果的に短い時間での対策に繋がっていくわけです。

ひたすら赤本を解いて形式にだけ慣れて対策した気になっていても、結局合格点には及ばないんですよね。

実力は絶対に必要なんですよ。

焦る気持ちから付け焼き刃に逃げるのは多くの受験生がやりがちなことです。

だからこそ実力をつけていくんです。

正しい勉強法で勉強するんです。

それが全大学に対応することのできる本当の志望校対策の元ですから。

まとめ

point志望校対策は形式に慣れること。

 

しかし小手先の技術では結果は出ない。

 

なぜならば最も重要なのは、必要な実力が付いているかどうかだから。

 

実力がある人は形式への対応も簡単に短い時間で行える。

 

まず最初に本当の実力をつけよう。

今回は以上です。

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!