指定校推薦の捉え方

2018年10月29日

こんにちは。鼎です。

周りの友達が次々と指定校推薦で受かってる。

自分よりも成績が悪い人が志望校に受かってる。

こんな現実に苦しんでいる受験生も多くいるのではないでしょうか。

そんな受験生がどういった捉え方をすれば結果を出せる受験生になることができるのか。

今回はそんな話をしていこうと思います!!!

【注意】

今回の話は指定校推薦はくそだ!といった話ではなく、むしろ指定校推薦で受かる生徒は頭がいいんだよって話をしています。

指定校推薦で受かっている受験生に対していい思いをしていない方は気分を害する恐れがあるので、今ここで見るのをやめても結構です。

そんななかでも私は一般受験で戦っていきたい。

そう思う方にお届けします。

指定校推薦

指定校推薦は立派な制度だ

みなさんに一つ覚えていてほしいのは、指定校推薦はれっきとした制度であり、そこに良いも悪いもないということです。

指定校推薦という制度はあなたが受験生になるもっとずっと前からあるもので、今その指定校推薦で合格を勝ち取った人はある制度を利用して上手に受かっただけです。

そこにズルいもくそもないんですね。

そもそも大学受験にはさまざまな形式があり、一般入試からAO、公募や指定校など自分が最も受かりやすい手段を選ぶことは全く持って悪いことではないわけです。

むしろ推奨されるべきことなわけですよね。

その中でもし仮に指定校推薦が受かりやすいと思ったのならば、たとえ実力が足りなくても授業を真面目に受け、先生に媚を売り、提出物に無駄に時間をかけることだってそれは正義になりうるということです。

大学受験なんて結局受かってしまえばその経路なんてのはこの先聞かれません。

自分の勝負しやすい形式で合格を掴んだ人に対して負の感情を抱くのはやめましょう。

利用できるものは利用したもん勝ちなんですよ。

そしてその人たちが合格した後に遊んでいてもそれを止める権利は誰にもありませんよね。

じゃあそんな人たちが気になってしょうがないという人はどう考えればいいのでしょうか。

その点について次に見ていきましょう。

じゃあ一般で受かるしかねーだろ

さてここまで指定校推薦についてそれが良いも悪いもないという話をしたので、一般を受ける受験生には気持ちを一回リセットして、じゃあ俺は一般で受かるしか道は残されていないんだなということをここでもう一度認めてあげてください。

どうでもいいじゃないですか。

指定校推薦で受かった人たちが自分たちの合格の枠を圧迫しているわけじゃないですよね。

一般を受けるなら一般を受ける人たちとの戦いになりますし、その中で正しい方法で努力できれば勝つことが可能になるわけです。

指定校推薦をうらやましく思ったりだとか、遊んでいることをうらやましいと思う気持ちから自分がどうしたら一般で志望校に合格することができるのかに切り替えましょう。

そっちの方がよっぽど有益じゃないですか。

そして僕も一般の受験生に向けてこれからも沢山記事を書いて、適切な努力の仕方を日々伝えていきます。

一緒に頑張りましょう。

まとめ

point指定校推薦は以前からある制度でそれを利用することに良いも悪いもない。

 

今あなたがするべきことは指定校推薦の受験生に対して思いをはせることではなく、自分がどうしたら合格できるのかだ。

 

一緒に合格をつかみ取ろう。

今回は以上です!!

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!