勉強中の息抜きで合否が決まる!?

2019年2月8日

こんにちは。鼎です。

みなさんは大学受験の勉強をしていく中で『息抜き』をしているでしょうか。

実はこの息抜きに対する考え方一つで、受かる受験生と落ちる受験生が二つに分けれてしまうというのを知ってますか?

今回は意外な盲点となっている息抜きについて現役東工大生の考えを話していきます。

勉強以外を息抜きにするな

テレビや携帯は休息!?

みなさんにとって勉強していない間にテレビを見たり携帯を触ることは息抜きですか?

今この記事を書いているは10月なんですが、あと少し先12、1月のことを考えてください。

そのときに誰かがあなたに向かって「今から1時間テレビ見ても変わらないから、テレビ見てもいいよ。」そう言ったとしましょう。

そのときあなたはテレビ見ますか?

恐らくほとんどの人は見ないですよね。

そんな時間あったら勉強するって人がほとんどだと思うんですよね。

だってこの人達からしたらテレビなんて見てても自分の勉強が気になって全然休まらないから。

テレビを見ることや携帯を触ることは、この人達にとっては息抜きではないわけです。

逆に言うと今のあなたが勉強すること以外のことが息抜きになっているという状況は、受験に本気になってない証拠だと思うんですよ。

今この10月の時点で、携帯を触ってたら、やばいやばい!こんなことしてたら落ちちゃう。

そう思っている受験生もたくさんいます。

どっちが受かる受験生の精神状態だと思います?

今の生活を続けていて、受験本番になって受かると自分で思うならどうぞ続けてください。

けど心のどこかでこのままじゃダメだなって思った人は、その生活を今変えていかなかったら入試本番100%落ちます。断言しますよ。

だって今の時点で精いっぱいやっている受験生もその中で落ちる人がたくさんいるわけです。

今のあなたはそのスタートラインにすら立てていない状況なんですよ。

しかもその危機的状況で行動を変えない人が受かるわけないですよね。

前にもやるよりやらない方が疲れるという記事を書きました。

やるよりやらない方が疲れる

ここにも書いてある通り、勉強以外のことをしている時間って、勉強していない罪悪感で全然心が休まらないのがあるべき姿なんです。

それが息抜きになってる受験生は今すぐにでも自分の受験への向き合い方を見直しましょう。

気づいたときに直せばまだ間に合いますよ。

まとめ

point今あなたはテレビや携帯が息抜きだろうか。

 

勉強以外のことで心が休まっているのならそれは受験に本気に慣れていない証拠。

 

もしこのままじゃだめだと思うのならば、今すぐ行動を変えていこう。

今回は少し厳しい内容になってしまいました。

でもあなたが受かるため。そのための記事です。

参考にしていただければ幸いです。ではでは!!

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!