高校の勉強についていけない人へ

2018年10月28日

こんにちは。現役東工大生の鼎です。

中学までは成績が良かったのに、高校でついていけなくなった。

そんな経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

今日はそんな大学受験の勉強で悩んでいる人に向けて、なぜ今その状況に陥っているのか。

そしてその状況から脱するにはどうしたらいいのかについて話していこうと思います。

高校の勉強についていけない

高校の勉強についていけない原因

なぜ中学の時はそこそこ成績が良かったのに、高校に入ると勉強についていけなくなる人が多いのか。

その答えは中学と高校で習う内容の量にあります。

大学受験に必要な勉強量と高校受験に必要な勉強量には大きなギャップがあるんですね。

それも多いなんてもんじゃなくて、3~5倍程度の内容の差があるわけです。

これが何を意味しているか。

中学でそれなりに成績が良かったのは、勉強しなければいけない量が単純に少なかったからということです。

そして高校に上がったとたん以前の何倍ものペースで進むため、同じことをしていても追いつけなくなるわけです。

諸悪の根源は中学の内容の量が少なすぎて、効率が極めて悪い勉強でも時間をかければできるようになってしまう点なんですよ。

もしこれが通用しなかったら、中学生のうちから適切な勉強法を模索する癖をつけることができたかもしれないのに、中途半端に成績が上がるせいで勉強法が悪いことに気づけないという現実があります。

だからこそ高校でも同じ勉強法を続けてしまうわけんなんですね。

でも大学受験は適当な勉強法でひたすら勉強していれば成績が伸びるほど甘い世界ではありません。

だからこそ苦しんでいる人がたくさんいるわけです。

高校に入ってから勉強についていけなくなった人は、中学での成功体験があるから勉強法が原因だと思わないんですよ。

そうするとどうなるか。

自分には才能がないと思うわけです。

 

「私には数学のセンスがない。」

「俺には勉強が向いていない。」

「私は暗記をするのが苦手。」

 

センスってなんですか?

中学までそれなりに数学ができた人が高校に入っていきなりセンスをなくすんですか?

簡単に『苦手』というな。

この記事でも書きましたが、正しい勉強を実践して初めて苦手かどうかが分かるんですよ。

今の勉強法が定まらない状態で結果が出ないのは、『苦手』ではなく『当たり前』です。

それ見当違いなところに原因を見つけて、勝手に諦めるてしまっているんですね。

でもこれってしょうがないことだと思います。

あなたは今まで何が悪いのか分からなかったから。

本当は存在しないもののせいにして、諦める理由を作るしかななかったんです。

そして今答えにたどり着こうとしている。

だからこそ今自分がなぜ高校の勉強についていけていないかの本当の原因を認識することが大切なわけです。

じゃあ原因は分かったと。

そしたら高校でも成績を伸ばすにはどうしたらいいかを知りましょう。

それについて話していきます。

高校の勉強についくための対策

原因をはっきりさせたらそれに対する対策もはっきり見えてきます。

勘のいいひとならもう気づいているかもしれませんが、高校に入ってから勉強についていけなくなった人がやるべきことは、「正しい勉強法を知ること」です。

今自分の勉強法が間違っているから成績が伸びないということを一回受け入れて、改めて勉強法を改善していくことが重要になってくるわけです。

まずは誰でもいいので結果を出している人から学んでください。

この時気を付けないといけないのが、いい成績を維持している人、ずっと前から頭がいい人ではなく、現在進行形で結果を出している。または過去の急激に成績を伸ばした経験のある人から学ぶということです。

なぜなら成績がずっといい人はその偏差値を維持する勉強をしている可能性が高く、仮に同じ勉強をしてもその人に追いつけることは未来永劫ないからです。

当然ですよね。

今あなたより成績がいい人と同じ勉強をしても距離は縮まりません。

この話は詳しく別の記事で書きました。

成績が良い生徒の勉強法を真似するな

もし周りに成績を急激に伸ばしている人がいないのならば、まずは僕の勉強法を学んでください。

各教科の思考法、勉強法

【必見】オススメ記事

正しい努力の方法、報われる努力の方法というのは存在します。

最初から自分の才能を疑うのではなく、正しい勉強法を実践してから物事を判断してほしいと思っています。

そして僕は今までも、そしてこれからも救える受験生が一人でもいればと思い、正しい思考法、勉強法を伝えていきます。

努力するなら報われたいじゃないですか。

一緒に頑張っていきましょう。

最後にこの記事のまとめです。

まとめ

point中学から高校に上がって勉強についていけなくなる理由。

 

それは圧倒的な量の差。

 

だからこそ量が多くても結果を出せる方法が必要。

 

結果を出している人から正しい勉強法を学んでいこう。

いかがだったでしょうか。

多くの人が持っているであろう悩みに綺麗事抜きで答えました。

恐らく嫌な気持ちになった人も多いと思います。

その気持ちを僕に向けるか、現状をよくすることに向けるかはあなた次第です。

今回はこんなところで!!ばいちゃ~

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!