≪大学受験≫中学内容に戻ったほうがいい科目を徹底解説

こんにちは。鼎です。

勉強についていけなかったら中学範囲まで戻ったほうがいい。

そんな主張を聞いたことのある人は多いと思いますし、僕自身この意見には大賛成です。

勉強において基礎の定着は本当に大切です。

しかし大学受験に使う科目において、できないなら中学範囲に必ず戻るべき科目とそうでない科目というのがあるんです。

今回はそんな基礎の復習に関して話していきたいと思います。

中学範囲に戻ったほうがいい科目

戻るべき科目

まず最初に必ず戻るべき科目を確認しましょう。

高校範囲についていけない人が中学範囲に必ず戻らなければならないのは英語数学です。

この二教科はできない原因が中学範囲にあるのにもかかわらず、それを克服できないまま勉強を重ねてしまい、結果成績が思うように伸びないということがよくあります。

その大きな理由の一つに、高校範囲が中学までの内容を理解していることを前提として始まっているということが挙げられると思います。

数学に関しては小学校の範囲に原因がある人もいます。

これは決して誇張しているわけではなく、いたって真剣に話していることを理解してください。

分数計算や九九の出てくるスピードが遅いというだけで、数学は苦手になりえるというのも事実です。

英語も同様に、中学範囲の単語や文法が頭に入っていないと、高校の勉強だけで英語を得意にするのは難しいと思います。

1から10を学べる人であれば不可能ではありませんが、全員が全員そうというわけではありません。

何より理解してほしいのが、英語でも数学でも理解できていないところまで戻るのが結局一番早いということ

そしてなるべく早いタイミングで戻るという決断をしないと、今後どんどん戻ることがおっくうになってしまうということです。

多くの人は基礎の重要性に気づいた時には、もう戻っても間に合わないときだったという悲しい結末を迎えます。

だからこそ戻れるうちに勇気を振り絞って中学範囲や小学範囲に戻ってほしいと思っています。

出来ないとこまで戻ることが深い理解に繋がり、最終的により効率的に勉強できるようになり、それが一番の近道であるということを知ってほしいんです。

いまここで大学入試の勉強を中断して、中学校の内容に戻ることが怖いことなのは重々承知しています。

多くの人ができないからこそ、これを見ているあなたがやる意味があるんです。

この機会を逃したら今後ますます中学範囲に戻るにはより大きな勇気が必要になります。

このまま見ないふりをして成績が上がるのを待ちますか?

それも一つの選択でしょう。

僕にはあなたの行動を強制する権利もなければ、することで得るものもありません。

自分の信じた道を全力で突き進んでいってください。

戻る必要のない科目

逆に中学範囲まで戻らなくてもいい科目というのが存在します。

それが理科社会古典です。

ただし気を付けてほしいのが、これらの科目の基礎が重要ではないと言っているのではありません。

これらの科目には高校範囲の中に中学範囲が含まれていることが多いから、このような結論になっていることを覚えておいてください。

英語や数学が中学範囲を理解していることを前提として始まるのに対して、理科や社会や古典は0からのスタートです。

だからこそ何かわからなかったことがあったとしても、高校範囲の中で解決できるという特徴があります。

だからこそ中学範囲の復習は不要なんです。

この教科毎の性質を意識して、基礎の復習に役立ててください。

まとめ

point中学範囲まで戻るべき科目・・・英、数

 

中学範囲まで戻らなくてもいい科目・・・理、社、古

 

どちらも基礎が大切という点では変わりないが、その基礎をいつ習うかの違いがある。

 

勉強というのは基礎から学ぶのが結果的に一番効率が良く、今がその基礎に戻る最適なタイミングなのだから、少しでも不安のある人は今すぐ勇気をもって分からないところまで戻ろう。

今回は以上です!!ばいちゃ!!

 

 

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!