英単語の完璧とはどんな状態を指すか。

こんにちは。鼎です˙꒳​˙)

皆さん英単語の暗記は捗っているでしょうか。

中には完璧になったよって人もいると思います。

この「完璧」という言葉、僕も何度も使っていますが、その定義をしっかり述べたことは少ないかと思います。

ひとえに完璧と言っても、人によってその感じ方はそれぞれですよね。

それでは困るわけです。

今回は皆さんが勉強する上で、現役東工大生の僕が思う完璧のレベルまで極められるように、「完璧」がどのような状態かを話していこうと思います。

大学受験の勉強をしていく中で成績を伸ばすとなると、英単語を完璧にすることは避けては通れない道です。

ぜひこの記事を参考にして、完璧を目指して下さい!!

英単語の完璧の定義

悩むようでは完璧ではない。

英単語の勉強で大事にしてほしいのが、単語の意味がどのくらいの時間で出てくるかです。

mutationと聞いてどのくらいの速度で意味が出てくるのでしょうか。

3秒くらいかかったら、その知識って実践で使えないんですよね。

英語長文で単語の意味を3秒考えたりしていると、単純に読むのが遅くなるのはもちろんですが、全体の意味が取りにくかったりと弊害が沢山出てきます。

何より何秒かかけないと思い出せない意味が、本番で思い出せるのかも疑問です。

しかし、少し考えれば意味を思い出せる状況をその単語を覚えたと思っている人が多すぎるんですね。

僕からしたらそんなの全然完璧ではないわけですよ。

単語を見た瞬間に口が追いつかないくらいの速度で意味を思い出せて初めて使える知識になるんです。

単語帳の単語全てをその域まで持っていって初めて完璧と言えるってことです。

単語は覚えたけど成績が伸びない。

そんな悩みを持っている受験生も大勢います。

でもよくよく聞いてみると、完璧とは程遠い状態だったりするわけです。

これは別にその人が悪いという訳ではなく、目指すべき完璧を知らないことが大きな原因となってしまっています。

せっかく頑張ってるんです。

どうせなら成果が出るレベルまで引きあげていきたいじゃないですか。

ぜひ英単語帳1冊を、全ての意味が瞬時に出てくるレベルまで極めてください。

絶対に見える世界が変わると思います。

なぜ完璧が重要なのか。

そもそもそこまで英単語を極める必要があるのかと疑問に思う方も見えると思うので、単語帳を完璧にするメリットについて話していきます。

英文を読む速度が上がる

これは直観的に理解できると思います。

1つの単語に0.1秒かかるのと0.5秒かかるのでは、理論的には読む速さが5倍違うわけですよね?

もちろん現実ではそう単純ではありませんが、英単語の定着率が読む早さに繋がるのは事実です。

読むのが遅いと悩んでいる人で、英単語を覚えていないことを意識する人はいても、それを思い出すスピードを意識する人は少ないんですね。

でもすごく大切なファクターなんです。

今長文を読むスピードで悩んでいる人は、単語の定着率を確認することをオススメします。

内容が取りやすくなる

これも先程述べた通り、余計なことに気を取られず、文章の内容に集中することができれば、英語長文の点数は格段に伸びます。

文章を読んだはいいものの、よく意味が分からなくなってもう一度読むなんてこともよくあるのではないでしょうか。

英語長文の内容って現代文に比べればとても簡単ですよね。

全訳を読んで内容が理解できないということは少ないと思います。

もちろん最難関の大学では日本語にしても難しい文章だったりしますが、日本語で書いてあれば問題には正解できると思います。

つまりいかに母国語のように、内容にフォーカスして読めるかが重要になってくるんです。

あれ…この単語なんだっけ?

この一瞬が命取りになる可能性もあります。

できるだけ内容に集中できるように、英単語の完成度を上げていきましょう。

英語の勉強が苦ではなくなる

英単語を覚えるメリットは他にもあります。

英語が苦手な人にとって、英語の勉強自体すごく苦痛だと思います。

僕が実際そうだったんで。

長文を読んでいても、わからない単語だらけだと頭を使わなきゃいけなくなりますよね。

余計なことでイライラしたくないわけですよ。

文法だったら文法、解釈だったら解釈の勉強に集中したいんです。

そこで分からない単語がたくさん出てきたら、それだけで勉強する気が失せてしまうもんですよね。

僕は最初に英単語を極めてから、あんなに嫌いだった英語も勉強する気になったんです。

英語に苦手意識を持っている人にこそ、英単語を完璧に仕上げてほしいと思っています。

本当に世界が変わりますからね。

今のままではいけないと分かっているけど、具体的な行動が出来ない人は、まずは英単語を覚えるところから始めていきましょう。

自信になる

そして最後に伝えたいのが、英単語帳1冊を極めることができればすっげー自信になるよってことです。

今まで勉強してもいまいち成果が見えなかった人にとっては、完璧になった参考書が見える形でそこにあるだけで本当に自信になるんです。

自信と結果の関係

この記事でも書いていますが、結果を出すためには自信が不可欠です。

もし今自分に自信がない人はまずは英単語がら始めましょう。

1冊を完璧にできる人は何冊でもできます。

完璧にしなければいけないのはなにも英単語だけではありません。

前に全教科における、参考書を完璧にするメリットを紹介する記事を書きました。

ここでは書ききれないことも書いていますので、ぜひ併せてご覧下さい。

一冊を完璧にするメリット3選

それではこの記事のまとめに移りましょう。

英単語の完璧まとめ

point英単語の完璧の定義は「単語帳1冊全ての単語の意味が瞬時に出てくる。」ことである。

 

意味を思い出すのに何秒もかかるようでは、その単語を覚えてるとは言えない。

 

瞬時に思い出せるくらい極めて、初めて色々なメリットを得ることができる。

 

まずは英単語を完璧にすることから始めてみよう。

今回は以上になります!!

普段から勉強法や大学受験における思考法なども伝えているので、そちらも参考にしてみてください。

各教科の思考法、勉強法

【必見】オススメ記事

ではでは!!ばいちゃ‪(*´꒳`∩)‬

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!