時期ごとの勉強法

志望校を変えたい…直前期に志望校変更をするべきなのか

こんにちは。鼎です。

皆さんの受験勉強は順調に進んでいますでしょうか。

もちろん順調な人もいれば、この受験直前期に志望校との距離が明らかになってきて、志望校を変えようか迷ってるなんて受験生も多いと思います。

「志望校は高く設定しろ。」

そう言われることが多い反面、現実的な問題として志望校まで成績が届いていない。

戦略的な行動とはいえ、楽な方へ逃げている自分がいる気がする。

こういったジレンマに悩まされている受験生からのお問い合わせが届きました。

恐らく同じ悩みを持つ受験生はたくさんいると思います。

今回はそんな受験直前期の志望校の変更について、何を基準に考えたらよいのか、どうそれを受け止めればいいのかなどを話していこうと思います。

志望校を変える

志望校変更の基準

僕が志望校変更の際の基準にしてほしいのは次の二点です。

  1. 変更する前と後の大学は併願可能か
  2. センター試験後に変更しても間に合うか

まず一つ目の併願が可能かということについてなのですが、例えば国公立で志望校を変えるのならば併願は不可能ですし、私立同士ならば日程が被らなければ基本的に併願可能だと思います。

まず併願が可能な場合は志望校を変えてほしくないと思っています。

なぜならどちらも受験することが可能な場合、第一志望の勉強を中心にしていたとしても第二志望の大学に合格する可能性は十分にあるからです。

前提として、僕は志望校を下げることはよほどの子がない限り勧めてません。

その理由に関してはこの記事で詳しく説明しています。

レベルが高い大学を目指す理由

もちろん受かるか分からない第一志望にすべての時間を投資しろとは言いません。

第二志望以下の大学の対策は第一志望の入試にも必ず役に立ちますし、この時期は現実問題としてリスクヘッジはしておいた方がいいでしょう。

問題は同時に受けることができない場合です。

この場合第一志望を受けると決めたら第二志望の大学を受験すること自体ができません。

より慎重な判断が求められるでしょう。

ここで僕は「センター試験が終わってからでも対策が間に合うか」ということを一つの判断基準にしてほしいと考えています。

受験というのは最後まで何が起こるか分かりません。

この12月、1月、2月での成績の伸びは計り知れないものがあります。

だからこそセンター試験の自己採点で具体的な数値が出るまでは、第一志望合格を見据えて全力で勉強してほしいと考えてるんですよね。

しかし、「浪人していて後がない。」「第一志望までの距離が絶望的にあるし、第二志望の大学も今から対策しても間に合うかどうかわからない。」といったような状況の人も少なからず見えます。

そういった人に限っては第二志望に的を絞って、これからの期間全力で対策をしていくのもひとつの立派な戦略だと思います。

これも先ほど話した通り、志望校を変えないからと言って第二志望の勉強を全くしないというわけではありません。

リスクを考えて第二志望の大学の過去問を解くことは決して逃げなんかではないと思っています。

そして次に志望校を変えるかどうかについて、少し違った点から話していこうと思います。


志望校変更をどう捉えるか

僕はこの時期現実的な選択として、志望校を変更するということは立派な選択だと思っています。

その選択が正しいかどうかは誰にも分かりません。

その選択の両方の行きつく先を確認することは出来ませんからね。

僕たちにできるのはその選択を正解にしていく努力なんですよ。

これは志望校だけではありません。

どの参考書を使うか。

塾に行くか行かないか。

誰のいうことを聞くか。

これらすべての選択は正しいかどうか確認するすべはありません。

でも「ほら見ろ!俺の選択が正しかったやんけ!」って言えるような努力をしていくことは可能です。

少し綺麗事みたく感じるかもしれません。

でもどの大学を目指すかよりも、その選択を正しいものにするために何をしていくかの方が重要なのは紛れもない事実です。

この記事を読んでどういう選択をするかはあなたの自由です。

その後自分の決めた目標に向かって全力で取り組んでいってください。

具体的な勉強法や今回のような受験に対する考え方などは、過去に他の記事でたくさん紹介しています。

初めてこのサイトに来てくれた方のために、最初に読んでほしい記事をまとめておいたので、是非併せてご覧になってください。

おすすめ記事一覧

各教科の思考法、勉強法

それではこの記事のまとめに移りましょう!!

志望校変更まとめ

point直前期の志望校の変更の基準は「併願可能か」と「センター試験後の変更は可能か」。

 

基本的には第一志望を変えてほしくない。

 

そして第一志望を目指す場合でもリスクヘッジをすることは決して悪いことではない。

 

志望校を変えようが変えまいが、その選択を正解にする努力をしていこう。

今回は以上です。

何かご不明な点や質問などがありましたら、TwitterのDMやお問い合わせフォームで随時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ではではばいちゃ~

 

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座