私大のセンター利用の仕組みって?出願するべきなの?

2018年12月22日


こんにちは。現役東工大生の鼎です。

受験生の皆さんは出願戦略、立て終わりましたか?

一応は考えているけど、本当にこれでいいか分からないって人も多いと思います。

私立大学の入試形式の中でも、センター利用ってよく分からないですよね。

僕がそうでしたから笑

そんな中でも色々調べながら出願して、何とか早稲田、青学、理科大、同志社すべてセンター利用で合格することができました。

今回はそんな僕の経験も交えながら、センター利用の仕組みや出願するべきなのかどうかについて話していきたいと思います。

併願の仕方は入試の結果を左右します。

是非記事を参考にして、後悔のない受験戦略を立ててください!!

センター利用入試の仕組み

センター利用とは、主に私立大学が合格の基準(まとはその一部)としてセンター試験を使うことです。

簡単に言うとセンター試験だけでも合格をあげますよってことですね。

ここで考えてほしいのが、何故このような受験形式があるのかということです。

理由はいくつかあると思いますが、そのひとつに「一般試験で判断するまでもなく合格に相応しい人材を確保するため。」という魂胆があります。

つまりセンター利用というのは、一般で余裕で合格できる人が試験を受けなくて済むためにある試験なわけです。

実際にセンター利用ではボーダーが非常に高い傾向にあります。

具体的には日東駒専で7.5割~8割、GMARCHで8割から8.5割、早稲田は9割を超えていないと厳しいです。

センター試験の対策をしている人であれば、センターでそれだけ取れる人ならその大学を一般で受けても受かるのは納得できると思います。

そう、センター利用入試というのは単純な入試形態のひとつではなく、その大学を抑えとする人たちが楽をするために出願する割合が非常に高い方法というわけです。

 

「一般試験の過去問よりセンター試験の方が簡単。」

毎年そういった理由で第一志望の私大をセンター利用で合格しようと志す受験生は多いです。

受験に向けて勉強し始めた人からすれば、ボーダーがどれだけ大変か分かりませんからね。

単純に試験の難易度だけで判断してしまうのはある程度仕方のないことです。

しかしこの記事を読んでくれている受験生は、「センター利用の方が一般より受かりやすい場合というのは少ない」ということだけ頭に入れておいてください。

 

センター利用は難しい…

じゃあ出願しない方がいいのかっていったらそういうわけでもないんですよね笑

次に出願すべきかの答えとその理由を確認していきましょう。

センター利用は出願すべき?

結論から言います。

僕はセンター利用は、センター試験を受けるのならば絶対に出願するべきだと思っています

理由は単純。

受けても損しないから。

そもそもセンター試験というのはすべてマークシートです。

ぶっちゃけ鉛筆転がして立って満点になるかもしれないわけですよ。

これに関しては全くふざけてないですよ。

たとえ確率が低かったとしても、その可能性がお金で買えるなら投資すべきです。

お金はかかりますが、そのほかに関しては良いことあって悪いことなしなわけです。

 

僕自身早稲田のセンター利用は受かると思っていませんでした。

東工大志望ということもあって、センターの国語と社会はほぼ無対策。

でもいざ本番で全く勉強してなかった古文が一ミスだったりと運のおかげもあって合格できたわけです。

鼎の詳しい受験結果はコチラ

そういうことって本当にあるんですよ。

あんとき出願してれば…ってのが一番しょっぱいですからね。

 

出願戦略としては、自分の第一志望のレベルのふたつ下くらいから出願しましょう

行く行かないにかかわらず、センター試験の時点で一校でも抑えられるかどうかはメンタル的に非常に重要。

僕自身の経験からもこれは間違いないです。

自分のやってきたことは間違いなかったんだという自信にもなりますからね。

自分の志望校とそのひとつ下、ふたつ下と刻んで出願するといいと思います。

 

そしてセンター利用と一口に言っても様々な形式があります。

科目数が違ったり、点数の比重が違ったり。

自分が有利になるような方式で出願することが鍵になってきます。

志望校の入試形態に関しては徹底的にリサーチするようにしましょう。

大学受験パスナビを使ったリサーチの仕方を徹底解説した記事があるので、こちらも参考にしてみてください。

 

国立志望の人はセンター試験の勉強がそのまま二次にも点数として活きてくるのでいいのですが、私大が第一志望の人はセンター試験の対策にのめりこみすぎるのはおすすめしません。

最初に述べた通りセンター利用は厳しい戦いになるため、基本的には一般入試を見据えての勉強となっていくと思います。

しかし当然センターの試験対策の勉強が無駄になるわけではないので、私大とセンター試験をバランスよく対策していくといいでしょう。

センター試験の対策についての記事も確認しておいてくださいね!!

それではこの記事のまとめに移りましょう。

センター利用まとめ

pointセンター利用は一般入試をするまでもない人を合格させるための形式

 

しかし出願することには大きなメリットがある。

 

厳しい戦いにはなるが、その中でも自分が一番戦いやすい方式をリサーチして出願しよう

 

私大志望の人に関しては、一般もしっかりと考えたうえで勉強していこう

今回は以上です!!

何かご不明な点等ございましたらTwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

そしてブログではできない立ち入った話などはメルマガで熱く語っています。

下に紹介文があるのでそちらも併せてご覧ください。

ではでは。

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!