浪人生は伸びない!?現役生と比べて伸びないと言われる理由を解説

こんにちは。現役東工大生の鼎です。

「浪人生は伸びない。」

大学受験において、そのようなイメージがあることには賛同してもらえると思います。

特に浪人して頑張っている最中であったり、これから浪人で頑張っていこうと思っている受験生にとっては、実際のところどうなのってのはめっちゃ気になりますよね。

今回はそんな現役生と浪人生の伸び方の違いについて、実際のところどうなのか、そしてそれを踏まえたうえで浪人生は何を考えていけばいいのかについて僕なりに話していこうと思います。

伸びないっていうイメージはあるけれど、実際どうなのか分からないって人はこの記事を読んで自分の勉強に活かしていってください!!

浪人生=伸びないではない

そもそも浪人生だから伸びないってことは当然のことながらありません。

じゃあなぜ伸びないイメージがあるのか。

これは現役生と浪人生を見比べてみれば簡単に理解することができます。

浪人生は大きく二つの要素「現役時勉強したか」と「現役時成績は伸びたか」で四分割することができます。

このとき「現役時勉強したし、成績も伸びたけれど志望校には届かなかった。」というパターンの場合は、伸びしろの部分が減っているという意味でいうと、現役生に比べたら浪人してからの伸びというのは小さくなりますよね。

さらに「現役時勉強したけども成績が伸びなかった。」という場合。

このパターンだと根本的に正しい勉強を行えていない可能性が高いですし、何も変えない限りはいきなり成績が伸びるということは考えにくいです。

つまり浪人生という時点で半分は伸びにくい状況に置かれているため、現役生と相対的に比べたときに「伸びにくい」という印象を持たれてしまうというわけなんですね。

 

「一年長く勉強しているから勉強に対するセンスが衰える。」なんてことはありません。

よく「脳が老化して覚えられないー!!」なんて言っている浪人生を見かけますが、脳の構造なんて一年やそこらで変わるわけないですからね笑

正しい勉強を行えば、浪人生でも大きく成績を伸ばすことは可能ですし、その逆もしかりです。

浪人生だからーとか現役生だからーという思考は捨ててください。

浪人生と現役生には前提の違いこそあれど、受験生として志望校に向けてやるべきことは変わらないですからね。

 

しかしながら浪人生には気を付けなければいけない点というのがいくつかあります。

全て上げたらきりがないのですが、その中でも伸びない浪人生に共通する点とその解決法についての話を最後にしたいと思います。

伸びない浪人生の共通点

伸びない浪人生に共通する点…それは実は過去にも話したことのあるものです。

伸びていない浪人生は総じて「浪人すれば成績が上がるだろう。」と考えています。

その結果が引き起こすのは何か。

現役の受験の繰り返しです。

「浪人=成績が伸びる」

そう考えている人は、なぜ自分が現役のとき落ちたのかを丁寧に分析することを怠ってしまうんですよ。

現役のときに落ちた理由は必ずあります。

成績を伸ばしたいのであれば、まずはその原因を把握することから始めましょう。

浪人すれば成績は伸びるのか

詳しくは過去の記事を読んでみてくださいね!!

それではこの記事のまとめに移ります。

浪人生の伸びまとめ

point浪人生は伸びない。

 

そのイメージは浪人生と現役生の前提上仕方のないもの。

 

浪人生だろうが現役生だろうが伸びるかそうでないかは「正しい勉強法で勉強できているか。」で決まってくる。

 

浪人生で気を付けなければいけないのが、浪人すれば成績が上がるというわけではないこと

 

自分が落ちた原因を分析して、成績の伸びにつなげていこう。

今回は以上です!!

何かご不明な点等ございましたらTwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

そしてブログではできない立ち入った話などはメルマガで熱く語っています。

下に紹介文があるのでそちらも併せてご覧ください。

ではでは。

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!