どちらを優先する??第一志望と滑り止めの過去問のバランスを解説。

こんにちは。現役東工大生の鼎です!!

「第一志望と併願校、どのくらいのバランスで対策したらいいのか。」

「それぞれどのくらいのバランスで過去問を解くか。」

めっちゃ迷いますよね。

 

併願校でも過去問を解いていない大学があったり。

ついついその日の気分で決めてしまったり…

 

今回はそんな志望校による対策のバランスについて、何を基準にすればいいかを話していこうと思います。

一番効率のいい勉強ができるのがこの時期です。

正しい方法を学んで、無駄のない日々を過ごしていきましょう!!

志望校による勉強の優先順位

優先順位は答えがない!?

まず基本的な前提から。

受験生全員が第一志望と併願校はこの比率で対策すべき!!という基準はありません。

ひとりひとり志望校が違えば、そのときの実力も違います。

あなたはあなたのバランスで対策を進める必要があるということです。

 

何を基準に割合を決めるか。

それは志望校の情報が最も詰まっているもの。

そう、過去問です。

まずは過去問一年分

俺は第一志望しか見えてねぇ!!

そういって一回も解いたことのない併願校があるのはめっちゃ損してます。

併願校だから対策を後回しにする。

するとどこかでこんな思いが湧いてきます。

「本当に大丈夫かなぁ…」

そうなるとどうなるか。

第一志望の対策が進まなくなってきます。

 

まずは一年分は早く解いてしまってください。

そうすれば結構いい点数取れると思います。

これがめっちゃ安心するわけですよ。

今まではるか先の合格を目指し勉強してきて、ようやく「この年にこの大学を受ければ受かった。」という事実を得られるわけです。

仮に合格点に届かなかったとしても、「あとここを埋めれば合格点に乗るな。」という感覚を肌で感じることができると思います。

前の自分だったら歯が立たなかったけど、今は十分に戦えてる。

これがすごく心の支えになる。

過去問ベースでバランスを決めよう

その実感が得られたならば、あとは分析です。

この大学はこういった問題が出るのか。

それならばあとどれだけの対策が必要か。

それはどれだけの労力がいるのか。

こういったことを分析して初めて正しい時間の割き方が見つかるわけです。

(過去問演習の仕方は詳しく説明しています。)

【保存版】赤本の使い方を現役の東工大生が徹底解説してみた!!

 

そしてそれを紙に書き出してください。

併願校が多ければ多いほど、頭の中で対策を考えることが困難になってきます。

あの大学はあれとあれをやらなきゃ。

あの学部はこうでこの学部はこう。

いやいや第一志望の対策もやらなきゃ。

これらをひとつひとつ頭の中で考えていては、やらなきゃいけないことが多すぎて手がつかなくなります。

文字にして視覚化することで、かなりやるべきことというのは見えやすくなってくると思います。

 

それぞれ何年分やればいいのかという視点でも記事を書いているので、よかったら併せて読んでみてくださいね。

過去問って何年分解けばいいの?第一志望は?併願校は?

それではこの記事のまとめに移りたいと思います!!

対策のバランスまとめ

point第一志望と併願校。

 

その勉強のバランスは一概には言えない。

 

過去問を解いて、分析した結果から決めるべきことだから。

 

まずは一年分解いてみて、やるべきことを紙に書き出そう。

 

自ずと次にやるべきことは見えてくる。

今回は以上です!!

何かご不明な点等ございましたらTwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

そしてブログではできない立ち入った話などはメルマガで熱く語っています。

下に紹介文があるのでそちらも併せてご覧ください。

ではでは!!

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!