受験生の親ができるサポートって??あるべき心構えを考える。

こんにちは。現役東工大生の鼎です。

受験生の子と親。

喧嘩が絶えない…というのもしばしば耳にします。

 

今回は受験生本人ではなく、その保護者さんに伝えたい内容となっています。

ついついトラブルが起きがちな受験期の親子関係ですが、保護者の方々にも改善できる点、意識するべき点というのは当然あるんですね。

 

「我が子に受験で成功してほしい。」

誰もがそう思っていらっしゃると思います。

でもそのサポートの形を気を付けないと、逆効果にもなりかねません。

家庭環境は受験結果に大きく影響します。

これを機に受験生の視点も知っていただいて、親子で協力して受験を乗り越えてください!!

「勉強しろ。」は逆効果

まずはついついかけてしまいがちな、「勉強しなさい。」「大丈夫なの?」という言葉についてです。

これ、絶対に言わないようにしてください。

断言します。

これらの言葉がけで根本的な解決は見込めません。

なぜなら、受験生というのは自分が勉強しなければいけないことくらい痛いほど分かっているからです。

 

本人も勉強できていない自分にどこかしら否定的な感情を抱いているわけです。

そこで他人から勉強しろと言われたらどうでしょう。

そりゃー反発したくなりますよ。

 

勉強できない原因は人それぞれです。

今までやっても実らないことがあった。

周りの友達が遊んでいる。

勉強をしてまで達成したい目標がない。

根本的な原因が解決されない限り、親が勉強を強制することはトラブルを生むだけです。

受験生自身で乗り越えなければいけないことなんですよ。

 

これも断言できますが、受験生本人の方が何倍も受験を分かっています

たとえ保護者の方が高学歴であったとしてもです。

その環境を離れると忘れてしまうものなんですよ。

岡目八目とはよく言ったもので、スポーツなどと同じように、ピッチに立つ選手しか分からないことが山ほどあるわけです。

厳しいことを言いますが、エゴでは人は動きません

 

あれをした方がいいんじゃないか。

もっとこうした方がいいんじゃないか。

自分より知らない人に言われて、これほどおせっかいなことはないですよね。

親ができるのは大学受験の指導ではないわけです。

 

じゃあ親ができることはないのか。

もちろんそんなことはありません。

保護者であるあなたにしかできないことがあります。

それを見ていきましょう。

保護者としてできること

保護者としてできること。

それは家庭の環境を整えて、せめて家の中ではリラックスできるような環境を作ってあげることです。

毎日おいしいご飯を作る。

綺麗なリビングにしておく。

しわひとつない服を用意してあげる。

これらはあなたにしかできません。

 

受験とは常に不安との戦いなわけです。

不安の中でそれぞれの弱みと立ち向かっているわけです。

ならばそれに集中させてあげましょう。

あなたが思っている以上に、受験生は大学受験に対して全力で向き合っています。

たとえそれが外からは分からなくても。

 

何度も言いますが、受験生が余計なことを考えることなく勉強に取り組める環境を作ることができるのはあなたしかいません

それが親としての仕事です。

 

そしてもしこの記事を、親との関係に悩んでいる受験生が見ているとしたら、こう考えたほうがいいです。

受験に口を出してくる。

模試などの結果だけを見て怒られる。

この場合、おそらくあなたがどれだけ論理的に、どれだけ順序立てて説明しても、親に自分の考えを分かってもらうのは難しいと思います

親ってのはそーゆーもんです。

僕だってそうでしたからね笑

 

でも親を黙らせたい。

それなら結果を出すしかありません。

大人は数字を見せれば納得します。

いつまでも自分より下だと思っている親を黙らせるためには、それ相応の結果を出してください。

 

多くの方はそれができていないから悩んでると思います。

今まではそれで諦めてきた。

でも、今は違います。

やれば誰だって結果を出せる方法がそこにあります。

後はあなたの行動次第です。

 

各教科の思考法、勉強法

【必見】オススメ記事

それではこの記事のまとめに移りましょう!!

親としての心構えまとめ

point「勉強しなさい。」

 

これは大学受験における禁句

 

なぜなら受験生は自分が勉強しなければいけないことなど百も承知だからだ。

 

親としてできることをする。

 

それが今あなたにできるすべて。

 

受験生ならば結果を出すしかない。

 

一緒に見返してやろう。

今回は以上です!!

失礼なことばっか言ってすみません。

でもそれしか伝える方法が思いつきませんでした。

お子さんは全力で頑張ろうとしています。

是非、親としてできることをしてあげてください。

何かご不明な点等ございましたらTwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!!

そしてブログではできない立ち入った話などはメルマガで熱く語っています。

下に紹介文があるのでそちらも併せてご覧ください。

ではでは!!

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!