具体的な勉強法解説

英語長文が読み終わらない…今より5分早く読む方法を解説してみた。

こんにちは。

現役東工大生の鼎です。

 

英語長文が読み終わらない。

過去問演習ではこの悩みがさらに顕著に現れます。

大問一つ丸々解き終わらないなんてこともざら。

多くの受験生の悩みだと思います。

 

過去問を解きまくる。

これも解決策のひとつです。

 

しかしどうせ解くのであれば、「どういった力を付ければ早く読めるようになるのか」を理解して取り組むようにしましょう。

これだけで効率は大きく上がります。

 

今回の記事では、「英語長文を読むのが遅い原因」と「各原因に対する解決策」を解説していこうと思います。

少しでも読む時間を減らしたい。

そんな受験生は是非目を通しておいてください!!

英語長文に時間がかかる原因

時間がかかる原因は3種類!?

まずはなぜ時間がかかっているのかをはっきりさせましょう。

原因は人によって様々ですが、大きく分けて3つの要素に分かれます。

 

  1. 基礎知識が不十分で詰まる
  2. 長文を読む方法が悪い
  3. 長文を解く方法が悪い

 

1は分かりやすいと思います。

単語、文法、解釈。

テーマ力を含めてもいいかもしれません。

これらの知識が抜けていては、正確に早く読解することは不可能です。

 

単語帳が一冊も完成していない。

文法の知識が曖昧。

解釈の勉強をしてこなかった。

 

そういった受験生はその根本的な原因を解決しない限り、急速に早く読めるようになることは期待しない方がいいです。

裏を返せば、足りない知識を埋めれば、大きく伸びる可能性を秘めています。

 

基礎からの勉強法は過去に詳しく解説しています。

早慶・東工大への英語の勉強法

英語のおすすめ参考書

 

基礎が不安という人は必ず読んでおきましょう。

今からでもできることはあります。

 

今回のメインは2番と3番。

一見似ていますが、その正体は全く違うものです。

自分がどちらで時間がかかっているかを理解して、改善に役立てていきましょう。

まずは「読む」方法から。

英語長文を早く読む

基礎的な知識はある。

でも時間がかかる。

英語長文を読むのが遅いんだ!!

その考え方は一見正しいように思えます。

 

しかし真実は少し違います。

「読むのが遅い」のではなく「読む方法が悪い」から。

読み返しなどの無駄な時間が多いからこそ時間がかかるんです。

 

ある程度勉強してきた人同士では、英語を読む速度はそう大きく変わりません。

内容が分からないから読み返す。

気付いたらパラグラフを行ったり来たり。

こういった点で差が開いてくるわけなんですね。

 

その差を生んでいる方法の違い。

それが「先を予想して読んでいるかどうか。」

次に来る展開が見えているかどうかです。

 

英語が得意な人は常に先を予想して読んでいます。

一般論が来たから、次は意見が来るな。

難しい内容だから、次は具多例が出るだろう。

無意識レベルで考えているからこそ、スムーズに意味を取っていける。

結果的に読み返しが減っています。

 

読み返しが多い、読むのに時間がかかる人はその逆。

読んでいる文章を訳すことだけに一生懸命になっているからこそ、逆に文章の流れを追えなくなってしまうわけです。

 

重要なのは先を予想すること。

もちろん簡単ではありません。

予想が外れることも多々あります。

 

予想しては修正する。

これを繰り返すことで、だんだんと英語の論理展開に慣れてきます。

予想の精度が上がってくるんですね。

意識しながら勉強することで、少しずつその感覚を磨いていってください。

 

英文を読む速度はこれで限界まで早くなります。

しかし実はまだ足りていないパーツが。

 

多くの受験生が苦しんでいるにもかかわらず、原因と認識されていないことが多い、受験ならではの要素。

それが、設問を解く方法です。

英語長文を早く解く

設問を解く早さ。

これも英語長文にかかる時間に大きくかかわってきます。

 

例えば内容一致の問題。

すべて読み終わった後に解くとなると、内容をもう一度すべて確認しなければならなくなります。

穴埋め形式の問題であれば、本文をすべて読む必要がないかもしれません。

 

問題の解き方まで時間を短縮できるか。

これは受験英語において重要な分岐点です。

なぜなら、多くの受験生は早く読むことにはこだわっていても、早く解くことに関しては無関心な人が多いから。

最も差がつく部分です。

 

設問で聞かれている個所の順番は本文の流れと一緒か。

設問を先に読んだ方が良いのか。

選択肢まで読んだ方が良いのか。

これらは志望校の傾向によって大きく変わってきます。

そしてそれに対応できるかどうかで、かかる時間というのは大きく変わってくるんですね。

 

こればかりは決まった答えはありません。

自分自身で過去問を解く。

様々な方法を試す。

上手くいかなかったら修正する。

そうやって磨いていくしかありません。

 

一番効果的なのは過去問分析

具体的な分析の仕方については別の記事で話しています。

【保存版】赤本の使い方を現役の東工大生が徹底解説してみた!!

是非参考にして、「解く早さ」も上げていってください。

 

それでは最後に、この記事の要点をもう一度確認しましょう!!


英語長文を早く読む方法まとめ

point英語長文に時間がかかる原因は3つ。

その中でも重要なのは、「読む」早さ「解く」早さ

 

読む早さを上げるには、先の展開を予想しよう

予想を立てては修正する。

その積み重ねで予想の精度は上がっていく。

 

解く早さを上げるには、設問ごとの解き方を意識しよう

効果的なのは過去問演習

分析によって、改善し続けよう。

 

今回は以上です!!

何かご不明な点等ございましたらTwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!!

そしていつもフィードバックしてくれている方はありがとうございます。

それによって僕自身も成長できます。

 

そしてブログではできない立ち入った話などはメルマガで熱く語っています。

成績を最速で伸ばしたいのであれば、必ず登録するようにしてください!!

長くなりましたが、お疲れさまでした。

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座