≪黒い現実に迫る≫大学の成績は教授ガチャ!?入試との相関は!?

2019年5月12日

 

こんにちは。

現役東工大生の鼎です。

 

大学での成績。

この算出方法は、中学や高校と大きく違う場合が多いです。

特にこれから大学生になる受験生は、最初そのギャップに驚いてしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、今回は現役大学生の僕が、大学の成績は何で決まってくるのか、そしていい成績を取るためにはどうすればいいかについて話していこうと思います。

 

今受験の真っただ中にいる高校生にとっては、まだまだ先の話のように感じるとは思いますが、受験が終わってから思い出したように読んでくれれば幸いです!!

それではさっそく見ていきましょう。

大学の成績について

入学時の成績は関係ある?

まず大学での成績と入試の点数の相関から。

私立大学情報教育委員会のデータがコチラ。

ぶっちゃけあんまり関係なさそうですよね。

僕自身の感覚的にもあまり関係のないように思えます。

というより全く持ってないですね笑

 

入試の点数と大学での成績は、どちらも頭の良さに相関がありそうですが、なぜこのような現状になっているのか。

僕なりの見解を述べたいと思います。

東工大生の僕が思う大学の成績

そもそも大学の成績というのは、中学や高校の時ほど公平なものではありません

成績に関係があると思われる要素は次の通り。

 

  • 授業を担当する教授
  • 情報共有できる知人の多さ
  • 本人の頭の良さ・真面目さ
  • 試験本番の運

それぞれウエイトが3.5:3.5:2:1くらいですかね。

ぶっちゃけ本人の頭の良さよりも、どんな教授に当たるかや、過去問を共有できる友達や先輩がいるかの方が大きいわけです笑

 

中学や高校では一人の先生が大体のクラスの授業を持ちますよね。

過去問も出回りません。

だからこそ公平が保たれているわけです。

 

これが大学だと違うわけですよ。

同じ授業を取っていたとしても、人によって教わる教授がバラバラなのはよくある話。

そうなってくると当然教授によって、あまい教授と厳しい教授とが出てきますよね。

 

東工大は一年次の成績で進振りがあります。

これで進路まで左右されるわけですから、かなり不公平ではありますよね。

 

東工大でよく言われているのは「教授ガチャ」

当たり外れがあるガチャみたいなもんです笑

これが良い悪いは今回議論しないことにします。

 

教授ガチャは自分ではどうにもできないので、ある意味で公平なのかもしれませんが、もっと大切なのは人間関係です。

 

大学のテストは前年度の過去問が重宝されます。

中には全く同じ問題ということもありますから。

いかに知り合いの先輩が多いか。

いかに同期に友達が多いか。

これが成績に多大に影響を与えるのは確かです。

 

まぁ簡単に言ってしまうと、「友達が少ない人は良い成績を取れない可能性が高い。」ということです。

いやーひどい話ですよね笑

でも、事実です。

 

僕もたまたま出席できなかった回で課題が出されたことを友達から聞いて、何とか提出できたということが複数回あります。

友達がいなかったら落としていた単位もあります。

一年の前期でGPA3.5(平均90/100)という成績が取れたのも、ほぼほぼ同じ授業や同じサークルの友達からの情報のおかげと言って過言ではありません。

いやはや、入試の点数と相関がないことにも納得がいきますね。

 

もちろん頭の良し悪しも関係はします。

でも、どんだけ頭が良くても、過去問で全ての答えを知っている人には勝てませんよね。

 

この現状が良い悪いは置いておいて、今の大学の成績がこのような現状であることは事実です。

いま高校生の人は何を意識すればいいのか。

それを教えていきたいと思います!!

受験生が大学生になったら

大学生になったら絶対にやるべきこと。

これは友達を作ることです。

 

友達を作るのが苦手…

それでも大丈夫。

普通に生活していれば、友達は勝手にできると思います。

そもそも成績のために友達を作るというのも変な話ですからね笑

 

ただ、とがってはいけません

「俺はお前らとは違うし。意識が低い人とは友達になれねー。」

こんな風にお高くとまっていると、気付いたらもう人間関係が出来上がってる!!なんてことにもなりかねません。

 

それだけならいいですが、意識高く頑張ろうとしてたはずなのに、ウェイウェイしてる奴らの方が情報をもっているがために成績が良いなんてことも当たり前に起こります。

まずは自然に友達を作りましょう笑

 

もしこれが苦手なら、母体の大きい組織に入るというのも一つの手です。

文化祭実行委員会なんかは、比較的上とのつながりが強く、人数も多いので人間関係が構築しやすいと思います。

東工大で言うと、サイテク、ロ技研なんかもそうですね。

 

ぶっちゃけまじで人間関係は大事です。

大学での成績なんてくそくらえだ!!って人は良いですが、要領よく成績を取っている人がいるのも事実。

成績は成績で効率よくとって、空いた時間を自分の勉強や趣味に使うのが賢い選択かなとも思います。

 

入学後、是非参考にしてみてくださいね!!

それではこの記事のまとめに移ります。

大学の成績まとめ

point大学の成績は、頭の良し悪しはおろか、頭の良さも少ししか影響してこない

 

なぜならば、大学の成績には「どの教授とあたるか。」「どれだけ人間関係が広いか。」ということが多分に関わっているからだ。

 

 

 

この制度に文句を言っても仕方がない。

 

現状そうなら利用するまで。

 

入学後はとがらず人間関係も大切にしよう

 

今回は以上です!!

何かご不明な点等ございましたらTwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!!

そしていつもフィードバックしてくれている方はありがとうございます。

それによって僕自身も成長できます。

 

そしてブログではできない立ち入った話などはメルマガで熱く語っています。

成績を最速で伸ばしたいのであれば、必ず登録するようにしてください!!

長くなりましたが、お疲れさまでした。

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!