具体的な勉強法解説

Forestは覚えない!?講義系参考書と問題集は勉強法が違う!!

 

こんにちは。

現役東工大生の鼎です。

 

今回のテーマは「参考書」。

参考書とひとくちに言っても、膨大な種類が出版されています。

 

説明が詳しいもの

問題数が多いもの

厚いもの、薄いもの

簡単なもの、難しいもの。

 

その中でも今回注目するのは、「講義系」と「問題集系」の違い。

この二つでは勉強法が変わります。

 

どういった理由で、どのように勉強すればいいのか。

それを理解して、今後の勉強に役立ててください!!

講義系参考書と問題集は違う!!

講義系の参考書と問題集。

講義系ってのは説明が中心の参考書を指します。

 

例えば英文法のForestは講義系参考書ですよね。

あとは化学で言うと新研究。

まぁ教科書みたいなのを想像してくれれば問題ないと思います。

 

大して問題集というのは問題が中心。

ネクステージや青チャートなんかが良い例です。

 

ではそれぞれどのように勉強していけばいいのか。

それを解説していきます。

講義系参考書の使い方

講義系の参考書は「辞書」として使いましょう。

普段の学習は問題集で進めて、どうしても理解できなくなった時に使う「辞書」です。

 

例えばネクステージを勉強していたとしましょう。

不定詞の範囲の問題を間違えた。

右ページの解説を読んでもイマイチ分からない。

こういったときにForestの不定詞を見るわけです。

 

たまにForestや新研究を必死に覚えようとして、最初の方から細かく勉強してる受験生がいますが、この勉強法はNGです。

覚えきれる情報量じゃないんですよね。

 

大体の場合、これをやると途中で挫折します。

情報量の多い参考書を暗記しようとして、途中でやらなくなってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

もし仮に続けられたとしても、知識はアウトプットできなければ使えません。

理解しているだけでは点数には結びつかないということです。

 

そもそも講義系の参考書というのは、一期一句覚えるために作られているわけではありません。

理解の補助が役目なわけです。

分からないときだけ使う。

だからこその「辞書」ということです。

講義系の参考書を使う際は、必ず問題集とセットで使うようにしてください。

 

講義系の参考書をサブとして使う一方で、問題集はそれをメインとして使います。

問題集の使い方も確認しておきましょう。

問題集の使い方

問題集の目的は先ほどとは真逆。

全ての問題を解けるようにすることです。

そうすると、嫌でも何周もする必要が出てきます。

 

したがって、基本的な勉強は繰り返しです。

問題を解く。

解けなかった問題を復習する。

最終的にはすべての問題の方針がすぐにたつくらいのレベルまで仕上げましょう。

 

今回の記事は講義系の参考書を中心に話したかったので、かなりざっくりとした説明になってしまいましが、問題集の勉強法は過去の記事で詳しく解説しています。

 

問題集の勉強法を詳しく知りたい。

その場合はコチラの記事にも目を通してください!!

東工大生が語る参考書の進め方≪問題集編≫【参考書の進め方、教えます】 「参考書の正しい使い方がわからない」 「参考書を進めているけど、伸びる気がしない」 ↑上記の悩み...

 

具体的にどの参考書を使うかに関しては、オススメの参考書をまとめた記事があります。

次はその紹介です!!

各教科のおすすめ参考書

僕が東工大に合格するまでの勉強で培った経験から、受験生におすすめできる参考書を選んでまとめました。

初学者から難関大受験まで、勉強の段階に分けて紹介しています。

 

今自分の使っている参考書のレベルは適切か。

補助として使える教材はないか。

新しく取り組む参考書は何が良いか。

こういった悩みを持つ受験生は、是非参考にしてみてください!!

 

【断言】英語のおすすめ参考書ってどれ?【完全初学者向け】【英語のおすすめ参考書、教えます】 「どの参考書を使えばいいか分からない」 「今使っている参考書が正しいか分からない...
【東工大生が断言】数学のおすすめ参考書ってどれ?【必読ですよ】【数学のおすすめ参考書、教えます】 「どの参考書を使えばいいか分からない」 「今使っている参考書が正しいか分からない」 ...
【暴露】物理のおすすめ参考書ってどれ?【3冊で合格可能です】【物理のおすすめ参考書、教えます】 「どの参考書を使えばいいか分からない」 「今使っている参考書が正しいか分からない...
【結論】化学のおすすめ参考書ってどれ?【難易度別に解説です】【化学のおすすめ参考書、教えます】 「どの参考書を使えばいいか分からない」 「今使っている参考書が正しいか分からない...

 

 

それではこの記事のまとめに移りましょう!!

参考書の使い方まとめ

point参考書は「講義系」「問題集系」かで分かれる。

それぞれにあった勉強をすることが重要。

 

講義系は「辞書」として使おう。

講義系の参考書は覚えるものではない

あくまで、問題集で躓いたときの補助である。

 

問題集は分からない問題がない状態にすることが目的。

何周もして、すぐに答えが導けるようにしよう。

 

今回は以上です!!

 

何かご不明な点等ございましたらTwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!!

そしていつもフィードバックしてくれている方はありがとうございます。

それによって僕自身も成長できます。

 

そしてブログではできない立ち入った話などはメルマガで熱く語っています。

成績を最速で伸ばしたいのであれば、必ず登録するようにしてください!!

長くなりましたが、お疲れさまでした。