逆転合格に必要な思考法

≪東工大生が解説≫勉強しても成績が伸びないときの対処法

 

こんにちは。

現役東工大生の鼎です。

 

先日Twitterで受け答えしている質問箱にある質問が来ました。

その内容がこちら。

 

青チャートの例題を一通り解けるようになったんですが、模試などでは偏差値が上がるどころか下がる一方です。

応用系の参考書をやるか、青チャをもう一回やるかどっちがいいでしょうか。

 

非常に悩まれている印象でした。

Twitter上では既に答えているのですが、同じような悩みを持った受験生も多いと思うので、今回は「勉強しても成績が伸びないときの対処法」というテーマで記事にしたいと思います!!

伸びない原因2パターン

勉強したけど伸びない…

こういった場合の原因は2パターンに分類できます。

 

それがこの2つ。

  • 勉強したことはできているが、それが点数に結びつく内容ではない。
  • 勉強したこともできていない

前者なのか後者なのかで、それに対しての対処法は全く違うものになってきます。

 

自分がどちらなのか。

それを教えてくれるのが模試

勉強しているにもかかわらず、伸び悩んでいる受験生は、まずは模試の分析に取り組んでください。

 

模試の分析の方法は過去に記事にしています。

気になる方は目を通しておいてください。

(赤本メインですが、模試にも言及しています。)

赤本・模試の分析の仕方

 

自分がどちらで伸びていないのかが分かったら、それぞれに対する対処法を見ていきましょう。

勉強したことはできている

勉強した内容はできている。

しかしそれが点数に結びついていない。

結果模試の偏差値は低いまま。

こういったことは普通に起こります。

 

例えば英単語を勉強したとして、模試では分からない単語が減っていたとしましょう。

その場合でも、単語というのは直接問われることは少ないので、点数に表れてこないということは多々あるわけです。

 

もう一つ例を挙げると英文解釈。

解釈を学ぶと、今まで何となくで読んできた文章までちゃんと読むため、かえって読むのが遅くなったりします。

結果間に合わず点数が下がる。

これは僕の体験談なんですけどね笑

 

重要なのは、どれだけ成績が変わらなくても、英単語や英文解釈を勉強したことは決して無駄ではなく、成績を伸ばすために必要なしゃがむ期間であるということです。

 

すぐには点数には表れない。

だけど着実に力はついている。

どの教科にもこういった時期はあります。

 

正しい勉強法を実践できているのに、模試の結果に一喜一憂していては勿体ないですよね。

精神衛生上よくないです。

何も不安に思う必要はない。

自信を持って勉強を続けてください。

 

今までの勉強が正しかったとしても、すぐに数字には表れないこともあるということを頭に入れておきましょう。

次に勉強したことができていない場合です。

勉強したことができていない

今まで勉強してきたことができていないことが分かったのであれば、何が原因でそうなっているのかを考えなければいけません。

 

知識はちゃんと入っていたのか。

知識が入っているのであれば、なぜそれを使いこなすことができなかったのか。

次はどう勉強すればそれが改善するのか。

これを基に勉強法を修正することになります。

 

とうぜんめちゃめちゃ頭を使いますよ。

一発で修正できないかもしれません。

しかし、やるしかないんですよ。

勉強してきたことができていないのであれば、その根本の原因を見つけなければいつまで経っても成績は伸びません。

 

逆にこの修正を当たり前のようにできるようになってほしいんですよね。

模試や過去問を解くたびに勉強法を修正する。

これができる受験生は超強いですよ。

どんどん効率が上がっていくわけですから。

 

もう一つ大切なことは、最初から正しい勉強法で勉強するということです。

確かに修正していけば効率は上がります。

でもどうせなら初期値が高い方がいいですよね。

より少ない改善で成果が出たほうがいいわけです。

僕はそのために記事を書いているわけですから笑

 

何が正しい勉強法なのか分からない。

そういった受験生に向けて、その一例を紹介していきたいと思います。

無駄を減らすための勉強法

なるべく改善をしなくてすむ勉強法。

それは原理原則に基づく勉強法です。

 

例えば基礎から勉強すること。

何度も繰り返し勉強すること。

これは受験生が100人いたら、100人に共通して効果のある勉強法です。

それが原理原則ということです。

 

まずはこの原理原則。

誰でも必要な勉強を学んでください。

それをまとめた記事がコチラです。

全教科に共通する勉強法

 

そして原理原則を学んだら、後はそれをどのように実行に移すか。

それを知らなければなりません。

 

各教科ごとに、初学者から難関大合格までの勉強の道のりをまとめました。

各教科の勉強法

 

まずは正しい方法を真似る。

それを徹底的に実践する。

その成果を分析して、少しずつ自分のものにしていく。

受験勉強に限らず、何かを成し遂げる上での鉄則です。

 

最初から正しい方法を知っておけば、自分で試行錯誤する時間が大幅に省略できますからね。

まずは学んでください。

 

それではこの記事のまとめに移りたいと思います!!

伸びない対処法まとめ

point勉強しているけど数字に表れない。

その原因は大きく2パターンに分かれる。

 

やったところはできているが点数に繋がっていない

やっているところができていない。

 

前者ならば今はしゃがんでいる期間

自分を信じて淡々と勉強すればいい。

 

後者ならば勉強法の改善が必要

模試や過去問を解くたびに勉強法を修正し、どんどん効率のいい勉強をしていこう。

 

今回は以上です!!

何かご不明な点等ございましたらTwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!!

そしていつもフィードバックしてくれている方はありがとうございます。

それによって僕自身も成長できます。

 

そしてブログではできない立ち入った話などはメルマガで熱く語っています。

成績を最速で伸ばしたいのであれば、必ず登録するようにしてください!!

長くなりましたが、お疲れさまでした。