時期ごとの勉強法

【GW】ゴールデンウィーク中の勉強方法【欲張りはNG】

こんにちは。

現役東工大生の鼎です。

 

待ちに待ったGW。

受験生の中には、この期間を機に受験のスタートや加速を図ろうとしている方も多いと思います。

 

今回はせっかくの連休を有意義に使うために、意識しておかなければいけない点をご紹介していきたいと思います!!

GWは欲張らない【最重要です】

まず最初に最も重要なことを伝えておくと、ゴールデンウィーク中の勉強で欲張るのはやめましょう

「英単語を進めたい。」

「でも文法も不安。」

「数学もこれを機に苦手を潰しておきたい。」

やりたいことは無限にあるとは思いますが、この考えのまま連休に突入すると確実に痛い目を見ると思います。

勉強は思ったより進まない件

受験期終盤ともなれば、与えられた時間に対して自分ができる勉強量を計算することもできますが、受験勉強を始めたての頃はほぼ100%自分の能力を見誤ります。

「これくらいはできそう。」

実際に実行可能なのはその半分以下だと思っていただいて差し支えないですね。

 

思ったよりもできないとどうなるか。

「あーーーもういいや。」

「やっぱお俺はダメ人間だ。」

「勉強の才能ないしなー。」

こうなってしまうわけです。

 

まずは確実にできる目標を立てる。

その上で余裕があったらやることを決めればokです。

この二段階の目標の決め方については、他の記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

正しい勉強計画の立て方


結果が可視化できる勉強をしよう

欲張らないことに加えて、「結果がわかりやすい勉強をする。」ということも重要になってきます。

例えば数学の思考力UPを目指すとしましょう。

その場合、連休が明ける前と後で、目に見えた変化って起こりにくいんですよね。

 

では英単語を200個覚えるとかだったらどうでしょう。

この連休中で200個は確実に覚えた。

これは誰が見ても分かりますし、自分の中にも自信という副産物を得ることができます。

 

何をやるか全く決めていない人に対しては、英単語を勉強することを勧めています。

理由は別の記事で詳しく説明しているので、よかったら参考にしてみてください。

(一応高二向けの記事ですが、重要なことを話しています。)

高校二年生が高三までにやるべきことを東工大生が伝授!!

極めた経験が次に繋がります

何か範囲を決めて、それを完璧にしたという経験はめちゃめちゃ重要です。

何かを極める感覚を掴めるわけですね。

これを他の勉強でも生かすことができます。

 

つまり、

英単語200個完璧にできた!!

この人は残りの単語も同じ要領で極めていけます。

 

なんなら数学などの他の教科でも、決めた範囲を完璧にするという点で言えば通じる点は必ずあります。

自信もつきますしね。

 

逆に、

英単語500個なんとなくやった

悪くないですが、他の勉強には活きてきません。

 

自分でやりきれる範囲をしっかりと決めて、完璧と言えるレベルまで引き上げる。

これがゴールデンウィークの目標ですね。

ゴールデンウィークの勉強|まとめ

今回の記事は以上になります。

もう一度要点を確認しておきましょう。

 

pointGWで大事なのは「欲張らないこと」。

思ったほど勉強は進みません。

 

もう一つ重要なのが「結果の可視化」。

たとえ少ない量であっても、完璧にした経験は自信と経験値になる。

有意義なゴールデンウィークにしよう。

 

記事を読んでも分からないことがあった。

もっと深いことまで知りたい。

そんな方のために、一応僕に直接質問可能な場を設けています。

 

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

TwitterのDM

鼎のTwitterアカウント

 

質問の際は礼儀正しくお願いします笑

必ずの返信は約束できないので悪しからず。

 

また、サイトで書けないようなぶっちゃけ話や僕自信の過去の話などは、メールマガジンとして皆さんに発信しています!!

 

今回の記事を読んで、「もっと詳しい話が聞きたくなった。」「もっと深い話が聞きたい。」と思ってくださった方は、是非下にあるメルマガの登録フォームから登録してみてください!!

 

お金がかかることはないのでお気軽に!!

それでは今回の記事は以上になります。

お疲れさまでした!!