スタディサプリ

【悲報】スタディサプリで独学は無理ゲーです【攻略法は3つだけ】

【スタディサプリで独学は無理ゲーですね】

「スタディサプリでの独学が不安…」

「スタディサプリで受験は戦える?」

受験生の不安を、完全に解消しますね。

 

今回お話する内容は、この通り。

  1. スタディサプリで独学は可能か
  2. スタディサプリの独学の攻略法
  3. 独学を成功させる、裏技の紹介

この順で、解説しようかなと。

最終的には「スタディサプリでの独学が可能か、その理由、具体的な改善策」ここまで完全に理解していただけると思います。

 

僕は独学で東工大に現役合格済み。

その経験から伝えられることが、誰かの役に立つのでは?と思い、丁寧に執筆してみました。

かなえ
かなえ
実体験から、解説。

【悲報】スタディサプリでの独学は、無理ゲーです

まず先に結論を述べてしまいますが、スタディサプリだけを使って独学で成績を伸ばすのは無理ゲーですね。

悲報かもしれませんが事実です。

 

伸びない人がたくさんいる件

現実として、スタディサプリを使って成績が伸びない人はたくさんいます。

これが何よりの証拠ですね。

 

当然中には伸びている人もいますが、比率でいえば伸び悩んでいる人の方が圧倒的多数。

無理ゲーですね。

 

これから分かることは、周りと同じように何となくスタディサプリを使っていても、未来は明るくないということです。

工夫が必要。

 

自分で全て独学はしんどいですね

当然ですが、自分で考えながら勉強を進めていくのは、めちゃめちゃしんどいですよ。

 

これは完全に実体験です。

僕も塾や予備校に通わず、主に参考書で成績を伸ばしましたが、辛かったですね。

 

塾や予備校、学校のいうことに従って勉強するのと、自分で計画を立てて実行してとするのでは、頭にかかる負荷が全く変わってきます。

 

これを簡単にまとめたツイートがこちら。

 

繰り返しですが、無理ゲーです。


スタディサプリでの独学受験攻略法

基本的にスタディサプリでの独学は無理ゲーなのですが、このまま突き放すようでは寂しいので、この無理ゲーの攻略法を紹介します。

僕は実際に塾や予備校を使わず、参考書とスタディサプリで早慶や東工大に合格したので、割と信憑性はありかもですね。

 

先ほど少しネタバレをしてしまったのですが、攻略法は3つ。

一つは鬼の行動、二つ目が鬼の分析。

そして最後が鬼の改善ですね。

 

無理ゲーとは言いましたが、正しい手順を踏めば攻略可能。

順に解説していきます。

 

攻略法①:鬼の行動

まずは圧倒的に行動ですね。

当然ですが、勉強しなければ分析も改善もできません。

成績が伸びることもないですね。

 

「質と量、どっちが大切ですか?」

こういった質問をたまに受けます。

当然どちらも大切ですが、序盤で大事なのはぶっちゃけ「圧倒的に量」ですよ。

 

これはスタディサプリを使った独学でも同じ。

常に勉強の質を高めることを意識しながら、最初は量をやるしかないです。

 

これ、やり方が下手くそだと続かないので、さっさと日常のルーティーンにしてしまった方が楽ですね。

どうしたら勉強が習慣化するかを科学的にまとめた記事がこちら。

勉強を習慣化させるコツを、すべて公開する【ハードルは下げよう】こんにちは。 現役東工大生の鼎です。 なかなか勉強が習慣にならない... どうしても勉強ができない日がある.....

割と必須スキルです。

 

攻略法②:鬼の分析

圧倒的に行動したら、次はその振り返り。

模試や過去問を利用して分析です。

 

この際、志望校判定や偏差値は無視してOKです。

というのも、この段階で大切なのは「今までの勉強方法が正しかったか」だからです。

気にするべきは、普段の勉強の成果が反映されているか。

 

少し具体的な分析方法を紹介すると次のような感じ。

英文法を学んだのであれば、文法問題は得点できたのか。

間違えたのであれば、それは何故なのか。

まだ未学習の知識だったのか。

学習済みなら忘れていたのか。

それともその知識を使うと気づけなかったのか。

どうすれば次に気付けるのか。

そのためには普段からどう勉強すればいいのか。

 

このくらいまで分析すると、成績が爆伸びします。

 

攻略法③:鬼の改善

分析ができたら、出てきた問題点を解決すべく鬼の改善です。

模試で成績が悪かったとしても、萎えるのは1日まで。

失敗も立ち直って改善したら、強くてニューゲームですね。

 

改善→行動→分析→改善。

このサイクルを辿ることで、無限にレベルアップ可能。

 

当たり前なのですが、これをする受験生とそうでない人とでは一年間で逆転不可能な差が生まれます。

もしかすると、人生においても差が生まれるかもです。

 

独学でのスタディサプリ、応援します

この記事で何度も無理ゲーといった、独学でのスタディサプリですが、僕はおすすめです。

独学はやはり得られるものも大きいですね。

 

適切な勉強法を知り、圧倒的に努力すれば独学でも受験は攻略可能です。

自分が独学で様々なことを学べたからこそ、これから頑張ろうとしている受験生は超絶応援します。

 

この無理ゲーには体験版ありです

実はスタディサプリは無料体験ができます。

「スタディサプリが合うか不安」

「別の方法も考えている」

↑こういった状況なのであれば、一度無料期間だけ試してみるのもありなのでは?と思っています。

 

登録自体も簡単ですしね。

保護者と一緒に行えば5分で完了です。

 

具体的な手順は次の通り。

とりあえず無料体験
  1. 公式ホームページに移動
  2. 受講する本人の情報を入力
  3. メールでの承認
  4. プランを決定する
  5. 支払い情報の登録
  6. 登録完了

無料体験期間中に解約すれば、一切お金はかかりませんし、解約の手続きも簡単なので問題なしですね。

無料体験のキャンペーンがいつ終了になるかはこちらでは分かりかねるので、早めの体験が◎です。

 

さらにスタディサプリを知りたいなら

スタディサプリをまだまだ知りたい!!

この場合は、僕が過去にスタディサプリについてまとめた記事をチェックです。

【中・高校生】スタディサプリの評判と口コミ一覧【2019最新の声】こんにちは。現役東工大生の鼎です。 本記事では、スタディサプリの評判+口コミを紹介。 スタディサプリが気になる ...

良い評判・悪い評判どちらにも触れていますよ。

 

スタディサプリ+独学は裏ワザあり

さて、今までは正攻法で大学受験を攻略する方法を紹介してきたのですが、ここでもう一つ攻略法の紹介です。

ただ、これは完全に裏ワザで、保護者の方の課金額が上がります。

魔法石みたいなもんですね。

 

ただし、志望校に合格すれば、そのくらい誤差だと思える人は、お願いする価値ありですね。

 

【裏ワザ】合格特訓コースがあります

スタディサプリには「合格特訓コース」というカリキュラムがあります。

これは何かというと、難関大学の合格者が、コーチとして受験をサポートしてくれるシステムです。

コーチの層はこんな感じ。

合格特訓コースでは、最初にこのコーチと相談して、入試本番までの受験計画を立てます。

これはスタディサプリと市販の参考書など、全てあなた仕様。

ここから1週間の勉強内容をさらに2人で決めるという流れになってます。

基本的に勉強の質問はいつでも可能。

独学とは言えないくらいのチートですね。

 

もう少し詳しく知りたい方は、スタディサプリの公式ホームページでチェックです。

 

こちらも無料体験可能。

体験版をプレイすると、道が開けるかもです。

登録方法も一緒。繰り返しですが、5分でOKです。

 

この記事を読んで新たな質問ができた。

もっと深い話を聞きたいという方に向けて、個別に質問できる環境を用意しています。

 

質問箱

鼎の質問箱

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

TwitterのDM

鼎のTwitterアカウント

 

質問の際は礼儀正しくお願いします笑

必ずの返信は約束できないので悪しからず。

 

それでは今回の記事は以上になります。

お疲れさまでした!!

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座