化学のおすすめ参考書

MARCHレベルの化学を、攻略する参考書はコレ【合格点に到達可能】

【MARCHレベルの攻略は、コレで可能】

「MARCHの化学を攻略したい」

「でも、参考書で迷ってる…」

「今の参考書で大丈夫か不安…」

そんな受験生に向けて、記事を作成しました。

他の受験生の一歩先を行くために、自分にあった参考書が見つけられるようになっています。

 

実は僕はMARCHで受験したのは1校だけ。

それも青学をセンター利用で合格ですね。

とはいえ、早稲田・慶應の一般で合格した経験が、MARCHの化学にも応用できるのかなと考えています。

かなえ
かなえ
参考になれば幸いです

 

記事の構成はこんな感じになります。

記事の流れ
  1. MARCHレベルの参考書(3冊)
  2. MARCHレベルの問題集(3冊)
  3. MARCHの化学の攻略法

上から順に、見ていきましょう。

それでは早速、本編に入りますね。

MARCHレベルの化学を攻略する、講義系の参考書

まずは講義系の参考書の紹介です。

  • 語り口調で分かりやすい物がいい
  • 問題を解きながら学ぶことが苦手

↑上記の場合は、一冊持っておくのが◎

 

今回紹介するのは3冊。

それぞれ、特徴がある参考書です。

 

1冊づつの概要の解説

→ 3冊すべての比較

この流れで、詳しく紹介します。

かなえ
かなえ
丁寧に、執筆です。

 

①:化学の最重点照井式解法カード

  • 問題の難易度 
  • 全体の問題数 
  • 解説の詳しさ 
  • 構成の完成度 
  • 推奨の偏差値 40 〜 60
  • おすすめ度数 

照井式解法カードの概要を、解説します

昔から人気のあるこの一冊。

本書の前半は講義。

その章の終わりに、知識のまとめのカード。

そのカードの部分をまとめた冊子付きです。

 

カードといっても、単語帳とは違いますね。

知識が、羅列されて載っている感じです。

普通の知識まとめと考えてもOKですよ。

 

講義系の参考書は、基本的に分かりやすい。

最大の短所は、演習量が不足する点ですね。

 

流し読みになってしまう

→ 理解した気にはなる

→ 実際に問題が解けない

これはかなりのあるあるなのかなと。

 

本書は講義系の参考書でありながら、実際に手を使って問題を解く感覚を養えるのが、最大の特徴です。

 

この知識、なんだったっけな…

→ あぁ!そうだったそうだった!

この経験が、記憶を定着させます。

 

クラスでトップレベルに頭のいい友達が、ずっとこの参考書を片手に持っていたのを覚えていますね。

 

彼曰く、「暗記が好きな人におすすめ」

「そんな人いるのか?」

そう思っていましたが、理解するよりも暗記が得意という意味なら、確かに一理あるかもしれません。

 

当然この後の問題集の使用はマストですが、その接続がスムーズになる良書ですよ。

 

照井式解法カードの「評判・口コミ」も紹介です

 

②:坂田薫のスタンダード化学

  • 問題の難易度 
  • 全体の問題数 
  • 解説の詳しさ 
  • 構成の完成度 
  • 推奨の偏差値 40 〜 60
  • おすすめ度数 

坂田薫のスタンダード化学の概要を、解説します

本書は割と王道の講義系参考書。

坂田薫先生が実際に講義をするかのように、語り口調での解説ですね。

 

図解も多用され、普通に分かりやすい。

そんな参考書をなぜ取り上げたかというと、単純に僕が坂田薫先生のファンだからですね。

 

信者といってもいいかもです。

かなえ
かなえ
受験期から、好きでした

僕の学習スタイルは、参考書での独学。

予備校にも通わなかった僕が、唯一授業を受けていたのが、スタディサプリの化学でしたね。

 

理由は割としょうもないですが、

  • 誰よりも授業が分かりやすい
  • 話し方が、クセになる
  • 単純にですが、かわいい。

無限に授業を見れた気がします。

冗談抜きで、分かりやすかったです。

スタディサプリはスタディサプリで、詳しく紹介しているので、そちらを参照ですね。

【2019最新】スタディサプリの完全マップ【疑問を総解決です】こんにちは。現役東工大生の鼎です。 本記事は、スタディサプリの完全マップ。 申し込み前に読んでほしい記事です。 ...

 

そんな坂田薫先生からの参考書。

紹介しないわけには、いかないかなと。

 

照井式と同じ、理論・無機・有機の3冊構成。

解説の量が多い分、ボリュームも大きめです。

時間がない受験生は、そこは要注意ですね。

 

どうしても使いたいば場合は、

無機<有機<理論

↑上記の優先度で使うといいと思います。

単純に上に行くほど、理解が必要だから。

 

普通に3冊とも使うのであれば、

理論→無機→有機

この順番がいいのかなと思います。

 

繰り返しですが、内容はいい意味で王道。

悪くいうと、普通の参考書って感じです。

坂田薫先生が好きな人には、激推しですね。

 

坂田薫のスタンダード化学の「評判・口コミ」も紹介です

 

③:化学の新研究

  • 問題の難易度 
  • 全体の問題数 
  • 解説の詳しさ 
  • 構成の完成度 
  • 推奨の偏差値 50 〜 75
  • おすすめ度数 

化学の新研究の概要を、解説します

言わずと知れた、超詳しい講義系参考書。

東大でも戦闘可能なレベルですよ。

内容は難しい方に、詳しめですね。

 

見た目から伝わる、詳しさ…

化学の新研究

前述の2冊は通読することがおすすめ。

この新研究は、最初から最後まで、全てを読む必要は全くなしです。

大学レベルまで踏み込むこともしばしば。

 

それでもMARCHレベルで紹介した理由。

それは、辞書的に使って欲しいからです。

 

普段は問題集を中心に勉強する

→ 理解できない問題に直面

→ そこだけ、新研究を参照

この使い方であれば、本書の詳しさを最大限に利用できると思います。

 

  • 超絶に詳しい
  • 分かりやすい

この2点を両立していることが、この参考書が神と呼ばれる理由なのでしょう。

 

難しいことを、分かりやすく解説。

これが一番難しいことですからね。

 

また、上の2冊が理論・無機・有機の3部構成なのに対して、1冊にまとまっているのがいい点ですね。

 

繰り返しですが、覚える必要は全くのゼロ。

詳しい辞書くらいが、ちょうどいいですね。

 

ちなみに、僕のクラスも所有者は多かったです。

レベルの高い参考書であるがゆえに

新研究を使っている=ステータス

そんな風潮があったのかもしれません。

 

当然ですが、身の丈にあっていない参考書を持っていても、意味がないですね。

 

「解くのが苦しいほど知識がない」

↑この場合は、普通の講義系を使うべき。

 

参考書は、自分に合うものを使うのが◎です。

 

化学の新研究の「評判・口コミ」も紹介です

MARCHレベルの、講義系参考書を比較しました

3冊の講義系参考書を紹介しました。

↑上記の参考書を比較すると、下記の通り。

 

【解説の分かりやすさ】

新研究<<照井式≦スタンダード化学

図解すると、こんな感じですね。

新研究はレベル的に、仕方ないのかなと。

 

【到達できるレベル】

スタンダード化学≦照井式<<<新研究

図解すると、こんな感じかなと。

新研究は詳しすぎるので、辞書として。

 

【MARCHレベル化学の講義系マップ】

 


化学の問題集で、MARCHレベルのものはコレ

続いて紹介するのは、問題集ですね。

講義系の参考書は、あくまでも辞書。

 

本当に実力をつけるためには、実際に問題を解くという過程が必須ですね。

かなえ
かなえ
手を動かすの、大事。

 

今回紹介するのは、次の3冊。

上記から1冊選べばOKなのかなと。

 

レベル的には、MARCH・関関同立で、合格点を確実に取りに行くレベル。

よって、基礎があること前提ですね。

 

「化学の知識は全くのゼロです…」

↑この場合は、少し早いのかなと。

かなえ
かなえ
背伸びは、NGです

 

基礎問題精講を先にやるといいですね。

一つ下のレベルは、過去に紹介済みです。

【朗報】化学の基礎の参考書を探しなら、これで解決【知識ゼロでOK】化学の基礎の参考書は、これでOK 「化学の1冊目の参考書を探してる」 「使用してる参考書が、難しい...」 最...

 

条件をクリアしたら、晴れてこのレベル。

3冊の特徴を、下記から理解可能です。

 

①:化学理系標準問題集

  • 問題の難易度 
  • 全体の問題数 
  • 解説の詳しさ 
  • 構成の完成度 
  • 推奨の偏差値 45 〜 65
  • おすすめ度数 

理標の概要を、解説します

理系標準問題集、通称「理標」ですね。

たくさんの問題がただただ羅列。

解説は別冊にまとまって載っている。

典型的な問題集となっていますね。

 

この参考書の人気な点は、その解説の詳しさにあるのかなと。

 

問題の答えの後に、図解で解説があります。

「誰にでも分かりやすい解説」

そういった感じではないのですが、

「理解度を上げるために深掘り」

こっちの方の印象の方が強いですね。

 

問題数も、少なめに厳選されています。

どちらかというと、2冊目の印象かも。

 

基礎問題精講の次のレベルは、本来であれば標準問題精講なのですが、化学の標問は早慶・東大レベル。

 

「入試までに、後一冊やっておきたい」

↑この層にぴったりな問題集かなと。

 

余談ですが…

  • 理系標準問題集
  • 標準問題精講

この2冊は別物なので注意ですね。

  • 理標
  • 標問

それぞれこう呼ばれることが多いです。

 

理標の「評判・口コミ」も紹介です

 

②:実践化学重要問題集

  • 問題の難易度 
  • 全体の問題数 
  • 解説の詳しさ 
  • 構成の完成度 
  • 推奨の偏差値 50 〜 70
  • おすすめ度数 

重問の概要を、解説します

理系の参考書では超有名な、通称「重問」

物理と区別する際は、「化重」とも。

知らない人の方が少ないかもですね。

 

レイアウトも綺麗に構成されています。

化学重要問題集

個人的には、画像だと重問の解説はちょっと見にくく感じますが、実際に使っていると許容範囲ですね。

化学重要問題集 解説

とはいえ、有名だから使うというのは注意。

難易度は高く、早慶まで攻略可能なのかなと。

 

MARCHレベルで重問を使用する場合は、化学で点数を稼ぎたい層のみがいいのかなと。

それ以外はオーバーワークになりがちです。

 

これは理標もですが、A問題とB問題。

問題がレベル分けされていますね。

 

「A問題だけやればいいのでは?」

それも確かにそうなのですが、

「それなら理標でよくない?」

というのが、個人的な意見ですね。

 

やはり、1冊の参考書はやり切るのが◎

それ前提で構成されているはずですね。

 

そうなると、使用する層は、やはり化学でアドを取りたい人に限られるはずですね。

 

因みに、僕は高2で手を出して挫折しました。

(恥ずかしいから、あまり言ってない)

かなえ
かなえ
背伸びは、厳禁です…

 

重問の「評判・口コミ」も紹介です

 

③:学校指定の化学の参考書

  • 問題の難易度 
  • 全体の問題数 
  • 解説の詳しさ 
  • 構成の完成度 
  • 推奨の偏差値 40 〜 65
  • おすすめ度数 

学校指定の参考書の概要を、解説します

MARCHレベルであれば、学校指定の参考書でも十分に戦闘可能。

 

具体的には、

この辺りなのかなと思います。

これは実体験から断言できますね。

 

というのも、僕が高校3年生の10月まで使用していた参考書が、他でもないセミナー化学だからです。

かなえ
かなえ
事実ですよ。

 

実際にはそのあとに標問をやったのですが、

  • 東工大の化学で115/150点
  • 早慶の両方の理工学部に合格
  • センター化学1問ミス

これを達成できたのは、セミナー化学の恩恵をたぶんに受けたからですね。

 

  • 指定の参考書を割と進めてる
  • テスト対策は学校の参考書を使った

↑上記の層は、そのまま学校指定の参考書を使い続けても、問題なく成績を伸ばせると思います。

 

一回使用している参考書は、頭への知識の定着スピードが違いますね。

「まったく内容を覚えていない」

この状況であっても、やはり違いますね。

思い出すスピードが、大きく変わりますよ。

かなえ
かなえ
これも、実体験です

 

ただし、

「ほとんどゼロからのスタート」

この場合は、あまりおすすめしていません。

 

理由はいくつかあるのですが、

  • 問題数が異様に多い
  • 解説が詳しいわけではない

この辺りが大きいのかなと。

 

僕が完全にゼロから受験生をやるならば、

基礎問→理標(or重問)→標問

このルートを使うのかなと思いますね。

 

ただ、僕がセミナーで合格したのは事実。

今でも、思い入れのある参考書のひとつです。

 

学校指定の参考書の「評判・口コミ」も紹介です

 

MARCHレベルの、問題集を比較しました

今回紹介した問題集は3冊。

それぞれ特徴を比較すると、下記の通り。

 

【到達する、maxの難易度】

学校指定=理標<重問

図示すると、こんな感じですかね。

繰り返しですが、重問は早慶も戦闘可能。

 

【問題数の多さ】

理標<重問<<<学校指定

図示すると、こうなるかなと。

学校指定のみ、完全初学者でもOK。

簡単な問題もある分、量は多いです。

 

【MARCHレベル化学の問題集マップ】

まとめると、こんな感じかなと思います。

 

MARCHレベルの参考書の、使い方のコツを教える

MARCHレベルの化学の入試問題。

これは言い換えると、「典型問題」

 

入試頻出の典型問題を、いかに落とさずに取れるかが、合否を分ける世界です。

 

この典型問題を学ぶ際のコツは1つ。

「徹底的に繰り返すこと」

↑これだけと断言してもいいですね。

 

入試はよく出る問題が決まっています。

受験生はそれを、参考書を用いてカンニング可能。

このくらいの感覚でいるといいですよ。

かなえ
かなえ
やらないと損かもです

 

「暗記よりも理解が大切だ!!」

↑この主張も確かに正しいかもしれません。

 

もちろん、すべての問題を理解できるのであれば、それに越したことはないですね。

 

  • 理解にこだわりすぎて、進まない
  • 理解しただけで、実際に解けない

↑上記の受験生は、まじで無限に見ました。

 

「理解できなくても、割り切って暗記」

この考え方は、意外と大切かもですよ。

 

具体的な参考書の使い方は過去記事参照。

参考書の進め方は、5ステップでOKです【どの科目にも、応用可能】こんにちは。現役東工大生の鼎です。 本記事のテーマは、参考書の進め方。 「参考書の使い方がわからない」 「今のまま伸びる気がし...

 

解法暗記して、問題は解ける状態

→ さらに演習を重ねていく

→ 突如として、理解できる

この展開は、何回も経験してきましたね。

 

繰り返しになってしまいますが…

【応用問題】

→ 思考力を鍛えるべき

 

【典型問題】

→ 繰り返して、暗記すべき

これはほぼ間違いないと思うので、頭に刷り込んでおいてもOKですね。

かなえ
かなえ
実体験から、断言です

 

【MARCHレベル化学の完全マップ】


この記事での伝えたいことはこれがすべて。

まだ疑問が残っている場合、質問可能。

下記のいずれかからお問い合わせください。

【TwitterのDM】※推奨

一番確実に返信できると思います。

→ 鼎のTwitterアカウント

 

【質問箱】

匿名を希望する方はこちらからどうぞ。

→ 鼎の質問箱

 

【お問い合わせフォーム】

メールでの返信を希望する方はこちら。

→ お問い合わせフォーム

 

質問の返信はお約束できません。

最低限の礼儀は踏まえた上で、質問をお願いしますね。

かなえ
かなえ
約束です。

 

それでは、この記事は以上になります。

お疲れ様でした。

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座