受験生の生活習慣

【昼寝は何分?】勉強に効果的な、昼寝の方法を解説【コツが3つある】

適切な昼寝の方法、完全解説します。

「寝ている時間以外、常に眠い」

「午後の作業に集中できない…」

「正しい昼寝の方法が知りたい」

これらの経験がある場合、本来出せるであろうパフォーマンスを、完全に出しきれていない可能性が高いですね。

かなえ
かなえ
もったいないです…

 

とはいえ、今日でそれは解決可能。

現役の東工大生である僕が受験生時代に行なっていた、科学的根拠に基づく昼寝の方法を解説します。

完全に実体験から紹介ですね。

 

この記事で分かるのは以下の通り。

  • 昼寝は何分が最適なのか
  • コーヒーを使った、昼寝の裏ワザ
  • 昼寝後、作業に戻るための工夫

これらすべてが、理解可能です。

 

この記事を読めば、明日から午後の時間の作業効率が上がり、周りのライバルと差がつきますね。

それでは、本編を以下からどうぞ。

「昼寝は何分が最適?」←20分が最強です

昼寝は20分を決めておきましょう。

30分以上昼寝すると、起きれません

昼寝で重要なのは、寝過ぎないこと。

人間は30分を超える睡眠を取ると、深い眠りに入ってしまいます。

つまり、起きるのが大変ですね。

 

そもそも目的に違いがあり、

【普段の夜の睡眠】

→体力を回復する必要がある

【昼寝】

→頭が冴えればOK

昼寝に長時間の睡眠は不要です。

 

これは完全に実体験ですが、寝落ちして5分くらいしか経っていないのに、めちゃくちゃ頭が冴えることがありますね。

逆に30分以上寝ると、気づいたら3時間経ってたり…

かなえ
かなえ
あるあるです。

 

経験からも、昼寝は短時間でOK。

昼寝する前にタイマーをセットして、寝過ぎないように工夫しておきましょう。

20分の昼寝で、眠気が取れない場合

20分の昼寝じゃ、眠気が取れない…

この場合は、昼寝の質ではなく、夜の睡眠に原因アリです。

 

一日の睡眠時間が3時間。

これではいくら正しい昼寝が取れても、本末転倒なのかなと。

 

特に受験生は、夜はしっかり寝ましょう。

無理に睡眠時間を削る

→常に眠気と戦いながら勉強

 

しっかりと睡眠時間を確保

→限られた時間、集中する

8時間睡眠だったとしても、1日10時間程度なら勉強する時間はあるはずです。

かなえ
かなえ
僕がそうでした。

 

自分にあった睡眠時間は、こちらの記事で紹介しているので、併せて目を通すのをおすすめしますね。


昼寝の効果が、コーヒーで上がる件

「昼寝+コーヒー」これが最強です。

最強の昼寝の方法、コーヒーナップを解説

コーヒーナップとはなんなのか。

ナップとは「昼寝」の意味。

コップ1杯のコーヒーを飲む

→ 20分程度の昼寝

この方法の名称のことですね。

 

コーヒーに含まれる覚醒成分「カフェイン」。

このカフェインは、コーヒーを飲んですぐに効くわけではないですね。

およそ15〜30分。

これがカフェインが効き始めるまでの時間。

 

この時間を昼寝して、カフェインが効き始めるタイミングでスッキリ起きる。

これがコーヒーナップの正体です。

 

僕は今でも、この方法を実践しています。

  • コーヒーをぐっと一気飲み
  • 20分の至福の昼寝

このコンボが、最強すぎました。

カフェインに関する、よくある勘違い

僕も友人からよく聞くのが

「コーヒーを飲んでもすぐ寝ちゃう」

「モンスターエナジーを飲みながら、寝落ちしてしまった」

「カフェイン効果ない!!」

これは…完全な勘違いですね。

 

むしろ寝ている最中に効きはじめて、睡眠の質がガタ落ちです。

効果の出る30分前に飲む。

これを意識するだけで、人生の効率が爆上げですよ。

勉強に戻るための、工夫をしておきましょう

昼寝の質以外にも、工夫すべきですよ。

作業に戻れなければ、意味がない

当然ですが、どれだけ質の高い昼寝ができても、作業に戻れなかったら意味がないですね。

おきたのはいいものの

  • なんとなくTwitter見る
  • ユーチューブを見始める
かなえ
かなえ
か、完全に受験期の僕…

 

人間楽な方に逃げる生き物。

救いなのは、自らでそうならない工夫を施せることかもです。

おすすめの昼寝場所は、机です

僕がおすすめしたい工夫。

それは机で寝ることですね。

 

断言しますが、布団なんかで寝た日には、そこから3時間夢の中です。

 

繰り返しになりますが、昼寝は体力回復の必要なし。

勉強に戻りやすいように、机の上で突っ伏すのがベストかなと。

 

また、勉強道具も出しっぱが◎

勉強を切りのいいことまで終わらせる。

こうしたい気持ちもわかります。

 

問題を解くことを中断して、昼寝するのは気持ち悪いですね。

 

とはいえ、これが効果的。

途中で気持ち悪い…

この気持ちからちょっとでもやり始めれば、大抵の場合そのまま勉強に戻れますね。

 

最初の一歩。

本当にその一文字目を書き始めるところまでは、自分で何かしらの工夫をしてあげる必要ありですね。

昼寝以外にも、効果のある記事を紹介します

睡眠に関する、過去の記事も参考までに。

勉強に適切な、睡眠時間を教えます

適切な睡眠時間は人それぞれ。

とはいえ、一定の指標はありますね。

 

睡眠タイプを4種類に分類。

それぞれのタイプにあった、適切な睡眠時間を解説しました。

 

この記事を読めば、自分がどんな睡眠のタイプで、どれだけの時間寝ればいいかがわかりますね。

【成績UP】受験生の適切な睡眠時間は何時間?【タイプごとに解説します】こんにちは。現役東工大生の鼎です。 本記事は、睡眠時間で悩む受験生向け。 受験生って一日何時間寝ればいいの? 今の...

 

やはり、睡眠の重要性は、

普段の睡眠の質 > 昼寝の質

これは間違いないかなと。

日頃の睡眠から改善できることがあれば、残さず改善がいいですね。

朝型vs夜型 ←受験生へのおすすめを解説

受験生は朝型がいいのか。

これはよく議論になりますね。

 

  • 化学的なデータに基づく結論
  • 僕自身の実体験に基づく結論

両方の側面から考察しました。

【常識を疑え】受験生は朝型の方がいいの?【夜型の人必見です】 【受験生の正しい生活リズム、教えます】 「受験生はやっぱり朝型の方がいいの?」 「夜型なんだけど、それでも無理やり変...

 

勉強中に眠いときの対象法は、公開済み

正しい昼寝の方法は理解できた。

コーヒナップがいいことも知れた。

でも、眠くなるときに、いつも昼寝ができるとは限らなくない!?

↑これは確かにその通りですね。

 

作業中にできる、眠くならない方法はないか。

この悩みを完全解決する記事は作成済み。

勉強中に眠くならない方法を「科学的+実体験」から紹介【3つある】 こんにちは。 現役東工大生の鼎です。 勉強中に眠くなる... 永遠の悩みですよね。 大学受験だけ...

 

とはいえ…

午後の抗いがたい眠気。

やはりこれには昼寝ですね。

  • 頭がスッキリする
  • 情報が整理される
  • 結果、作業に集中できる

こんな効果がある昼寝。

 

効果的に行うコツは3つでした。

  1. 昼寝を20分だけにする
  2. コーヒーを飲んでから行う
  3. 作業に戻れる工夫をする

明日から実践して、効率化ですね。

 

質問は、下記のいずれかから可能。

【TwitterのDM】※推奨

一番確実に返信できると思います。

→ 鼎のTwitterアカウント

 

【質問箱】

匿名を希望する方はこちらからどうぞ。

→ 鼎の質問箱

 

【お問い合わせフォーム】

メールでの返信を希望する方はこちら。

→ お問い合わせフォーム

 

質問の返信はお約束できません。

最低限の礼儀は踏まえた上で、質問をお願いしますね。

 

それでは、この辺りで。

みなさん、お疲れ様でした。

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座