逆転合格に必要な思考法

努力できるのも才能 ←これは完全に、勘違いですよ【天才に勝つ方法】

【「努力できるのも才能」は、勘違い】

「何に対しても、努力できない」

「努力できる人は、才能だと思う」

スミマセン…言葉を選ばずに言います。

上記のような「努力できるのも才能」と考える人たちは、この先何かで成果を出すことは難しいのかなと。

 

この記事の内容を読んで行けば、その考えが間違いだと理解できますね。

 

過去の自分がまさにこれで、

高校受験の勉強で全く努力できない

→ 大学受験は1日10時間勉強

この変化を経験した、実体験から解説。

 

この記事の大まかな流れは以下の通りです。

  1. 努力が才能が勘違いな理由
  2. 凡人でも、努力を継続するコツ3選
  3. 努力で天才に勝つことは可能か

上から順に、解説していきますね。

 

この記事を読み終えれば、今日から少しずつ努力の量を増やすことができますし、目標とする地点にも確実に近づきます。

最後まで、目を通してみてください。

努力できるのも才能 ←これは勘違いですね

「あの人結果出しててすごい…」

「でも、すごい努力してるんだな。」

「努力ができるも才能だよね」

よく聞くフレーズですが、スミマセン…完全に勘違いですね。

 

努力を継続するにはコツがあります。

つまり、科学的に努力の継続は可能。

これに気づけないと、割と損かもです。

 

そもそも、「努力」というのは、凡人に残された、天才に届きうる最後の裏技ですね。

  • 頭の回転の速さ
  • 生まれつきの運動神経
  • 容姿の整い方
  • トークの面白さ
  • 国籍・持病・etc.

上記に、才能やセンスは存在するのかなと。

 

そのどうしようもない才能やセンス。

それに争うための唯一無二の方法。

それが「努力を継続する」ことです。

 

これまで才能と考えてしまったら、

人生の全てが生まれつきの才能

凡人に生まれた時点で、完全に無理ゲー

こんな人生、完全につまらないです…

 

才能の一言で片付けるのもいいですが…

おそらくその場合は、今後何かで成果を残すのが、非常にハードモードになります。

「努力する天才」

この層に勝てないだけでなく、

  • 努力しない天才
  • 努力する凡人

この両者に、抜かれるだけですね。

もったいないと、言わざるを得ませんよ。

 

繰り返しですが、努力は誰でも可能。

努力は才能ではなく、方法がありますね。

 

誰でも実践可能な、努力を継続するためのコツを、全て公開していきます。


努力を継続する、具体的な方法を3つ解説する

実体験+化学的根拠から、コツを3つ解説。

①:努力を継続するには、徹底してハードルを下げるべき

努力を継続するために最初のコツ。

「努力のハードルを下げる」です。

ハードルを下げる具体例をあげると、

  • 1秒でもいいから作業をやる
  • 1ページでいいから本を読む
  • 1文字でもいいから文字を書く
  • 机に座るだけでもOK

これをすれば、休憩してOKにしましょう。

 

行動できないパターンの多くは、最初からたくさんのことをやろうとしすぎですね。

「明日は8時間勉強するぞ!!」

普段努力していない人が、上記のような目標を立てても、ハードルが高すぎて結局何もできないことが多いです。

 

そうなるよりは、1文字でも書いてみる。

大抵の人は、1文字で終えたりしませんね。

これを意識すれば、努力にやる気は不要です。

 

これも常識外れかもですが…

「努力するには、やる気が必要」

これすらも、勘違いですね。

 

これは東大の脳科学の教授も断言。

やる気という言葉は、やる気のない人間によって創作された虚構。

池谷裕二

これに関しては、過去の記事で深掘りしています。

【常識崩壊】勉強のやる気が出ない本当の理由【脳科学者も断言】【勉強のやる気が出ない理由、教えます】 「勉強のやる気が出なさすぎて無理」 「たまにやる気が出ても、すぐに元どおり」 ...

 

努力のハードルは徹底的に下げるべき。

少しずつ強度をあげれば問題なしですよ。

②:大切なのは、努力をルーティン化することです

そしてコツの2つ目は、

「努力をルーティン化すること」

これも非常に大切な考え方です。

 

努力の継続できない人によくあるのが

「今日は頑張ってみようかな…」

「でも、疲れたし、正直面倒くさい」

このように、悩んでいる時間が長いです。

 

考えてみてほしいのですが、

  • 歯磨き
  • お風呂
  • 通学・通勤

これらをするかどうかで悩みますか?

おそらく、脳死で行ってるのかなと。

 

そこからわかるのは、人間はルーティン化した日々の行動は、面倒に感じずに行えるということ。

勉強もルーティン化すればOKです。

 

この際のコツは、1日もサボらず継続。

1日サボると、その習慣は消えますね。

 

ダイエット中にラーメンを食べてしまったら、次の日からダイエットする気が起きなくなるあれです。

 

先ほどのハードルを下げるのと組み合わせ。

少しでもいいから、必ず毎日継続する。

これが単純かつ、合理的な努力方法です。

③:自分の努力の基準をあげないと、ツライですね

努力を継続する最後のコツは、

「自分の努力の基準をあげること」

これに尽きるのかなと思います。

 

受験勉強を例にとって話してみましょう。

毎日8時間の勉強をしている人がいると。

この人は、毎日5時間勉強している人に比べて、頑張って努力しているのでしょうか。

 

答えは、NOですよね。

自分にとっては、8時間が当たり前。

努力の基準が高ければ、その基準以下のことは、特に頑張らなくても実行可能になります。

 

これは僕の完全なる実体験ですね。

先日、こんなツイートをしました。

結局、これでほとんどが決まります。

 

頑張ったかどうかを決めるのは、自分ではなく結果。

たとえあなたにとって頑張ったことであったとしても、基準が高い人から見れば、当たり前のことだったりします。

 

自分の中ではめちゃくちゃ頑張った。

これと成績が伸びるかは全く無関係。

やっていることが適切であれば頑張らなくても伸びますし、その逆も然りです。

 

これも厳しい言葉ですが…

頑張ったと認めてくれるのは、親と学校の先生くらいです。

誰もが認めるもの…それは結果ですね。

受験生に求められているのは、「頑張った」という満足感ではなく、「合格」という結果です。

そのためにまずは、行動の基準を上げるべき。

 

自分の中の努力の基準をあげる方法。

その中でも明日から実践可能なのは、

  • 高い目標を掲げる
  • 基準が高い人の輪に入る
  • 受かる人のふりをする

この3つが特に有効です。

それぞれ詳しく解説しますね。

 

目標設定を高い場所に置きましょう

高い目標を掲げれば、当然必要な努力量が変わります。

「自分は努力できないから…」

「そんな高い目標、持つことが恥ずかしい」

これでは、一生負のスパイラルです。

 

まずは絶対に高い目標を達成すると決める。

そうすれば、自然と基準が上がりますね。

 

基準の高い人の、輪の中に入るべき

自分の努力の基準は、周りに影響されます。

  • 周りが全く努力をしていない
  • 努力をする人を、馬鹿にする

上記の中で努力するのは、ハードモードです。

 

勇気を持って、レベルの高い集団に入る。

最初は自分が一番下でツライですね。

とはいえ、徐々に自分の基準が変わります。

 

自分の中で、本当に優先したいことは何か。

  • 今の人間関係なのか
  • 今目指している目標なのか

これを機に考えてみてほしいですね。

受かる人のふりをするべき

最後に伝えたいのはこの言葉。

Fake it until you make it

意味は、「できるまでふりをしろ。」

 

ひとつ例を紹介しますね。

ある男は貧乏だった。

しかしその男は貧乏から抜け出すため、なけなしの金を全て引き出し財布に入れ、見栄えのいいスーツを買い、毎朝1000円するコーヒーをスーツを着てホテルで飲んでから会社に行った。

その男は見栄えだけは金持ちになったが、3ヶ月後には出世し、本当の金持ちへの道を歩き始めた。

真偽は確かでは無いですが、参考になる事象です。

 

つまり、今自分の当たり前のレベルが低かったとしても、それが高い人のふりをして行動しろということです。

それが結果的にそのレベルに行くつくことに繋がってくるわけなんですよね。

成績が悪くても、いいふりをしてOK。

志望校に合格してなくても、してるふりをしてOKです。

 

根拠のない自信は、重要ですよ。

根拠のない自信があると、志望校に合格しやすいですね【実績は不要】 「自分に自信が持てない...」 「努力しても結果が出ない」 「根拠のない自信って何?」 上記のような疑問を...

この記事で、さらに深掘りしています。

 

これが、目標を決めるときにはそれを達成したかのように過去形で言えそんな話に繋がってくるわけです。

かなえ
かなえ
よく聞く話に帰着です

Fake it until you make it.

是非頭に入れておいて下さい。

天才に努力で勝てるかは、時と場合によります

残念ながら、これはケースバイケース。

【悲報】天才は存在するし、努力で勝てないこともある

まず大前提として、天才は存在します。

これはどの世界でも同じですね。

 

そして、努力で勝てないことがあるというのも、事実なのかなと。

非常に残念ですけどね。

 

これは努力の割合が高いと言われている、勉強の世界でも当てはまる話です。

 

僕の通っている大学は東工大。

慶應や早稲田を蹴って来る人が多い、一応日本では3番目の大学なのかなと。

 

そんな大学に通っていると、天才以外に形容のしようがない人がたくさんいますね。

努力しても、追いつける気がしない。

そういった人を毎日目にする僕からすると、才能で決まる部分がないなんて、口が裂けても言えないですね。

 

繰り返しですが、努力する価値はありますよ

当然といえばそれまでですが、

努力で天才に勝てないことがある

= 努力する価値はゼロ

こうはなりえないですね。

 

繰り返しですが、努力は天才に勝つための、最後の最後の裏ワザです。

もしかしたら勝てるかもしれない。

その可能性がある限り、努力する価値というのは消えませんね。

 

努力して、努力して、、努力して。

それでも天才に勝てなかった。

↑これはとても意味のある行為なのかなと。

 

それだけ努力した人にしか、見えない世界がありますね。

どの世界にも共通することですが

  • 最初に思い描いていた想像
  • 努力してみてわかった現実

ここには少なからず、ギャップがあります。

 

綺麗事かもしれませんが、その経験は人間的な深みになるのかなと。

論理的じゃなくてスミマセン…

しかし、割と真理なのかなと思います。

 

大学受験では、努力で合格可能と断言する

勉強に才能は関係します。

とはいえ、大学受験においては、基本的にどの大学でも努力で合格可能ですよ。

 

これもよくある話なのですが、スポーツや音楽などに比べれば、圧倒的に努力が実りやすい市場ですね。

東大であろうと、同じです。

 

ではなぜ、多くの人が志望校に落ちるのか。

これは努力していないのもちろんですが…

適切な努力の方法(=適切な勉強法)

これを知らないことも大きい気がします。

 

  • 学校で教えられる勉強
  • 世間で正しいとされる勉強

これらは正しくないことも多いですね。

 

例えば、書いて覚えること。

少し知識のある人であれば、書いて覚えることがどれだけ非効率か分かるはず。

でも、依然としてやっている人は多いですね。

(機になる人はこちらから。)

【暴露】最も効率的だった暗記法を公開します【科学的根拠アリ】【最初の暗記法、暴露します】 「暗記が苦手ですぐ忘れる」 「暗記の効率が悪い気がする」 ↑上記の悩みを完全解決...

 

頑張って努力しようと思っている。

それならば、適切な努力、成果の出る努力をするべきですよ。

 

具体的にどのような勉強がいいのか。

これらは全て解説していますね。

大学受験の勉強法をまとめました。【知識ゼロ→志望校合格への方法】【大学受験の勉強法、完全網羅です】 「大学受験の勉強法が分からない...」 「今のやり方であっているか不安」 「頑...

努力しているのにも関わらず、結果が出ずに悩んでいる人は、参考にする価値ありだと思います。

 

そして努力や勉強の継続について、さらに深く知りたい方はこちらでまとめています。

努力を継続するコツを、「考え方+具体的な方法」で解説【記事8つ】 「行動が必要なのは知ってる...」 「でも、なかなか行動できなくて」 「メンタル面での弱さを直したい」 メ...

大学受験だけに収まらず、努力は人生を豊かにしますね。

今のうちに学んでおいて、損ナシです。

 

下記から質問も受け付けていますね。

【TwitterのDM】※推奨

一番確実に返信できると思います。

→ 鼎のTwitterアカウント

 

【質問箱】

匿名を希望する方はこちらからどうぞ。

→ 鼎の質問箱

 

【お問い合わせフォーム】

メールでの返信を希望する方はこちら。

→ お問い合わせフォーム

これで今回の記事は以上にしようかなと。

最後まで読んでくれた方は、ありがとうございました。

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座