その他の雑談記事

音楽を聴きながらの勉強を「科学的根拠+実体験」で考察【無音がいい】

勉強中に音楽を聴いてもいいかを考察です。

「勉強中も、音楽を聴いていたい」

「でも、悪影響がないか不安になる」

「効果的な音楽があれば、知りたい」

このような、勉強中に音楽を聴くことに関する疑問は、一度は持ったことありますよね。

 

悲報なのですが、間違った音楽の聴き方をしていると、勉強の努力の効果が激減する可能性ありです。

 

音楽は勉強にどんな効果を与えるか。

この記事で学んで、実践に移せば、上記のような悲劇は起こらないですよ。

正しい情報を、学ぶべきですね。

 

早慶や東工大に現役合格した僕が、音楽と勉強の関係について調べました。

僕自身の経験談も踏まえて考察です。

 

今回の記事の流れは、以下の通りです。

  1. 科学的な見地からの考察
  2. 結果を出している人の意見を参照
  3. 僕自身の実体験からの考察

この流れで、話を進めていきますね。

 

この記事を全て読んでいただければ、今後勉強中に音楽を聴くことで、悩むことはなくなると断言。

成績の伸びに、繋がります。

音楽を聴きながらの勉強は、科学的にNGですよ

悲報ですが、科学的には音楽はNGです。

音楽は、記憶の定着を阻害しますね

音楽は記憶の定着を妨げる。

これは科学的に、間違いないですね。

複数の研究結果で、報告されています。

 

考えてみれば、覚えようとしている内容以外のものを脳が認識している時点で、効率が落ちるのは当然なのかと。

 

おそらく、多くの人は、

「デメリットがあるのは知っている」

「でも好きだから、聴きたいんだ!」

このような立場なのかなと。

 

とはいえ、このような事実があることは、頭に入れておくべきですよ。

歌詞のある音楽は、もっとNGです

音楽と脳の関係を研究している、医学博士の藤本幸弘氏は次のように述べています。

歌詞が入っている音楽を聴くと、脳の言語中枢が刺激されることにより、歌に気を取られてしまうことがあるので避けたほうが良い。

藤本幸弘

 

これも心当たりがあるのでは。

勉強の集中力が切れてきて、無意識に音楽の歌詞を口ずさんでいた。

僕自身、あるあるですね。

好きな曲なら、なおさらかなと。

例外的に、自然音を聴くのはありですよ

唯一、科学的に良いとされている音楽。

それが自然音ですね。

 

自然音というのは下記のような音。

  • 川のせせらぎ
  • 焚き木
  • さざ波
  • 鳥のさえずり
  • 虫の鳴き声
  • 木々のざわめき

これらは、効果アリですよ。

 

音楽を聴くことでのメリット。

  • 外の雑音を遮断
  • リラックス効果

これらの恩恵を受けながら、勉強の効率を落とさない唯一の方法は、自然音を聞くこと。

これが科学的な結論ですね。

 

ちなみに、自然音はYouTubeに大量に存在。

「自然音」と検索すればOKですね。

こんな感じの音楽が、たくさん聴けます。


勉強中の音楽について、参考になる意見をまとめました

いろんな人の意見を参考にする。

これも大切なことですね。

 

僕が参考にさせていただいたのが、

  • メンタリストdaigoさん
  • ブレイクスルー佐々木さん

daigoさんは、有名なので、特に説明する必要はないのかなと。

 

ブレイクスルー佐々木さんは、早稲田の首席のYouTuberですね。

普段は下ネタ系の投稿が多いですが…

勉強に関する発信は、説得力◎。

あとは、単純に僕が好きなだけです。

音楽を聴きながら勉強するのは、実体験からありと断言

最後に、僕の実体験にも言及です。

【終了】僕は音楽を聴きながらの勉強で、合格できました

スミマセン…

僕は、音楽を聞いて勉強してました。

 

それも普通にJpopやボカロ。

普通に歌詞ありますね…

 

そして、東工大や早慶に現役で合格。

難関大学の合格は、余裕で可能です。

 

本当はこれを話すべきだったのですが、言ってしまうと議論が終了するので…

とはいえ、完全に事実です。

僕が感じていた、勉強中の音楽のデメリット

僕は間違いなく、音楽を聴きながら勉強していたのですが、デメリットを感じていないわけではなかったです。

 

特に顕著なのは、暗記の勉強のとき。

個人的には、どんな音楽を聴いていても、暗記だけは全く頭に入ってきませんでした。

 

実際のところ、僕が音楽を聴いていたのは、数学と物理のみ。

しかもその、応用問題を解くときです。

英単語の勉強は、絶対に無音でした。

 

何でもかんでも、音楽を聴いて大丈夫、というわけでもなかったですね。

勉強に使える、おすすめの音楽の活用法

ここからは、結論に迫りますよ。

ここまでの内容を総合して、勉強に使える、音楽のおすすめ活用法を紹介します。

 

まず前提として、音楽はメリットもある。

次のような研究結果も報告されています。

好きな音楽を聴いて良い気分になっているとき、脳内でドーパミンと言われる神経伝達部物質が分泌されている。

 

前述した、藤本氏の研究結果でも、

  • 心の安定に効果がある
  • 集中力を高める効果がある

このようなメリットがあるとのこと。

 

好きな音楽を聴いている時には、やる気を上げる効果がある。

でも、暗記の効率は下がってしまう。

ここから導かれる結論はひとつ。

勉強中ではなく勉強前に聴く

歌詞のない、できれば自然音

これがこの記事の結論ですね。

 

勉強中の音楽に関しての悩みは、これで完全に解決です。

音楽以外の、勉強中のやる気の出し方を紹介する

そもそも、勉強のやる気を出すために、音楽を聞かなければいけない。

この状況を解決できればOK。

この方法、実は存在しますね。

 

そもそも勉強にやる気は必要なのか。

この答えは、科学的にもNOです。

よくよく考えれば、毎日8時間勉強している人が、超絶やる気に満ち溢れているかというと、そうとは限らないですよね。

 

勉強で努力をすることには、コツが存在。

これさえつかめば、音楽で一時的にやる気を高めるといった、短期的な方法に頼らなくてOK。

 

それを解説した記事がこちらになります。

【常識崩壊】勉強のやる気が出ない本当の理由【脳科学者も断言】【勉強のやる気が出ない理由、教えます】 「勉強のやる気が出なさすぎて無理」 「たまにやる気が出ても、すぐに元どおり」 ...

 

超科学的に、やる気を分析。

勉強を習慣化することが、可能になります。

勉強中に音楽を聴くことの、要点を再確認しましょう

今回は、音楽を聴きながらの勉強を深掘り。

全体を要約したものが、下記ですね。

勉強中の音楽

音楽を聴きながら勉強。

科学的には、これはNG。

自然音以外は、記憶力を低下させるとが、科学的なデータから証明されている。

 

実体験からは、音楽を聴いてもOK。

とはいえ、やはり暗記との相性は✖️

 

最もおすすめの音楽の活用法は、

  • 勉強前のルーティンにする
  • 勉強中は、歌詞のない音楽
  • 最も良いのは、自然音

これを守れば、音楽は神ですね。

 

 

これが、僕の今回の結論です。

「まだ、知りたいことがある」

「疑問が解決できていない」

この場合は、質問も可能ですよ。

 

下記のいずれかからお問い合わせください。

【TwitterのDM】※推奨

一番確実に返信できると思います。

→ 鼎のTwitterアカウント

 

【質問箱】

匿名を希望する方はこちらからどうぞ。

→ 鼎の質問箱

 

【お問い合わせフォーム】

メールでの返信を希望する方はこちら。

→ お問い合わせフォーム

これで今回の記事は以上にしようかなと。

最後まで読んでくれた方は、ありがとうございました。