努力を継続させる方法

勉強時間が確保できない ←これは言い訳ですね【時間は作り出すもの】

 

「勉強しなきゃとは思っている」

「でも、普段は忙しくて…」

「勉強時間が確保できない!!」

こう言いたくなる気持ちも理解できますが、正直この考えは危険ですよ。

この考え方のまま受験生生活に突入すると、永遠とこの言い訳をしつつ、気づいたら受験が終了しますね。

 

「でも忙しいのは事実だし…時間を確保できるっていうなら、その方法を教えて欲しい。」

↑これはこの記事で完全解決します。

1日10時間以上の勉強を継続してきた僕が、勉強時間を確保する方法をすべて公開しますね。

 

今回の記事の流れは以下の通り。

  1. 勉強時間を確保するコツを紹介
  2. 時間を作り出す方法を深掘り
  3. 短時間での効率の上げ方を深掘り

上から順に解説していきますよ。

 

この記事をすべて読めば、勉強時間の確保に関しては、今後困ることはなくなります。

勉強時間を確保する方法は、2つある

勉強時間を確保する方法は2つ。

  1. 勉強を人生の優先度1位にする
  2. やらない勉強を決めて、捨てる

それぞれ両方行うのがベストです。

 

それぞれ具体的にどういうことか。

この先そこを深掘りしていきますね。


勉強時間を作るには、勉強を優先度1位にしましょう

勉強を人生の優先度1位にすべき話

「1日は24時間しかない」

↑これは全人類が同じですね。

 

その中でも勉強時間を確保できる人とそうでない人の差は、すべてが優先度にあります。

優先度の高いものからやっていく。

勉強時間が確保できない人は、それ以外に優先していることが多いのが原因です。

 

人によって優先順位は様々でしょう。

  • 人間関係
  • ゲーム
  • 習い事
  • 部活
  • YouTube
  • Twitter

こういった様々な要素がある中で、勉強を優先度1位にできるかどうか。

これは合否に関わる重要な問題です。

 

僕が1日10時間の勉強をできた理由も単純。

寝ること以外のすべてよりも、勉強を優先したからです。

誰かと遊ぶよりも。

ツイッターを見るよりも。

学校の宿題よりも。

すべてを勉強中心に考えていました。

かなえ
かなえ
ツライですね。

 

これを考えた後だと、

「部活と習い事があって…」

↑これは完全に、部活や習い事を勉強よりも優先している証拠ですね。

別に否定する気は無いのですが…

受かる受験生は、勉強を優先しています。

 

人間関係においても同じです。

「勉強やめて、遊びに行こうぜ」

こう言われたとき、どちらを優先するか。

問題はそれだけです。

 

繰り返しですが「勉強時間が足りない!!」このように言っている人は、単純に勉強以外のことを優先しているだけ。

僕からしたら、ただの言い訳です。

かなえ
かなえ
厳しいですが、本音です。

 

「部活引退したら勉強できる」

「学校がなくなれば勉強できる」

「浪人すれば勉強できる」

こういった人は、一生勉強できないですね。

本気を出せば、明日から時間の確保が可能。

結論、やる気次第ですね。

 

一度勉強だけの日を作ると、人生が変わる件

でも、優先度を帰るのが難しい…

そういった人は、1日でいいので、勉強しかしない日を作るといいですよ。

先日こんなツイートをしました。

毎日10時間なんて時間が取れない!という人は、一日中暇な日に、一度だけ15時間くらい勉強するといいですよ。普段どれだけ無駄なことに時間を使っているか、実感出来るはずです。
毎日15時間はしなくてOK。ただし、一度だけやるのは価値アリですよ😌

これは割と本質を突いているのかなと。

 

15時間くらい勉強しかしない日を作る

これは1日だけで全然OKです。

かなえ
かなえ
毎日は、ツライです。

 

これを行うと、日々どれだけ他のことを優先しているかが、身をもって実感できますよ。

優先度を見直すいいきっかけになりますね。

やらない勉強を決めることが、1番の効率化です

「やらない勉強を決める」

これは非常に大切な考え方です。

大学受験の内容をすべて極めるのには、受験期というのは短すぎますね。

 

そもそも、すべてをやっていては時間が足りないのは当たり前

受験勉強をしていれば、やったほうがいいことというのは無限に出てきます。

しかし時間は有限。

だからこそ重要なのは「何をやるか」ではなく「何をやらないか」なわけです。

要は切り捨てるものを決めるということ。

 

亡くなったアップルの経営者、スティーブジョブズも次のような言葉を残しています。

大事な一つのことを達成するためには、それ以外の重要ではない1000のことに、NOといわなければならない。

 

何かをやるということは、その時間やれるはずであったことを切り捨てることと同義です。

多くの受験生はそれを意識せず、

「あれもやらなきゃいけない」

「先生にあれもやれって言われた」

「これもやった方がいい気が…」

実はこれが時間不足を招いています。

かなえ
かなえ
すべてはできません…

 

限られた勉強時間の中で最大の結果を残すためには、やることに優先順位をつけ、時間が足りずできないことに関しては、思い切ってやらないと決めることが必須ですね。

優先順位が明確でない人は、書き出して番号をつけるのも効果的。

 

決断とは文字通り「決めて断つ」こと。

やらないことを断って初めて意味があるんです。

 

  • 何かを決めること
  • 何かを断つこと

後者の方が難易度は高いです。

意識して行動しないと、時間は作り出せませんね。

 

もし上手く優先順位をつけられないのならば、もう一度勉強計画を立てるのも良い手段。

志望校についてもう一回リサーチし、何が必要か、何が今の自分に足りていないかを見直してみてください。

 

勉強計画の正しい立て方については過去に徹底的に解説しているので、気になった方は併せて読んでみてください。

大学受験の勉強計画の立て方は、3ステップです【完全初心者でもOK】【勉強計画の立て方、教えます】 「勉強計画ってどう立てるの?」 「勉強の計画を失敗したくない」 ↑上記の悩みを...

 

…少し話が逸れてしまったので本題に。

やらないことを決めるというのは恐らくあなたが思っているよりも何倍も重要です。

単純なことに見えるかもしれませんが、とても効果的な方法。

 

人間というのは悩むだけでエネルギーを消費します。

あれもやらなきゃいけない。

これもやらなきゃいけない。

こんなことを無意識のうち考えるだけで、せっかくのモチベーションや気力を奪っていきます。

かなえ
かなえ
頭が痛くなります…

 

すべての勉強をやろうとする。

これは落ちる受験生の特徴なので要注意。

 

その他の落ちる受験生の特徴はこちら。

受験で失敗する受験生の特徴を、5つ紹介します【伸びない理由がわかる】受験で失敗する人の特徴のまとめです。 「受験で失敗したくない...」 「落ちる人の特徴が知りたい」 そんな素朴...

 

同じように、症状がまとめられています。

読むだけでも、効果ありですよ。

勉強時間を確保できない ←完全に言い訳です

今回は勉強時間の確保を解説しました。

今回の記事の要点を再確認しましょう。

要約

勉強時間の確保を解決する方法は2つ。

  1. 勉強を人生の優先度1位にする
  2. やらない勉強を決め、捨てる

両方を意識して行うのがベストですね。

 

受験生であれば、勉強を優先度1位にすべき。

受験生という立場は特殊で、勉強さえしておけば許されますね。

  • 人間関係
  • ゲーム
  • 習い事
  • 部活
  • YouTube
  • Twitter

こういったことの優先度が高いから、勉強に割く時間が圧迫されているだけ。

受かりたいなら、優先度を変えましょう。

 

そして、同じ時間でも効率化すべき。

その1番の方法は、不要な勉強を捨てること。

やるべき勉強以外を思い切って捨てる。

これを実行できる受験生は強いですよ。

今後は、言い訳するのはNGですよ。

そうすれば、必ず周りの受験生と差をつけることが可能になります。

 

さらに受験勉強に対する努力について学びたい。

↑上記の方向けに、読んでほしい記事を厳選してまとめました。

努力を継続するコツを、「考え方+具体的な方法」で解説【記事8つ】 「行動が必要なのは知ってる...」 「でも、なかなか行動できなくて」 「メンタル面での弱さを直したい」 メ...

ここで紹介している記事を読み込めば、努力に関して他の受験生に負けることはなくなります。

 

何かご不明な点等ございましたらTwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!!

【TwitterのDM】※推奨

一番確実に返信できると思います。

→ 鼎のTwitterアカウント

 

【質問箱】

匿名を希望する方はこちらからどうぞ。

答える確率は、かなり低いです

→ 鼎の質問箱

 

【お問い合わせフォーム】

メールでの返信を希望する方はこちら。

→ お問い合わせフォーム

そしていつもフィードバックしてくれている方はありがとうございます

それによって僕自身も成長できます。

長くなりましたが、お疲れさまでした。