常識を壊す思考法

「浪人生=伸びにくい」は正しくない話【心配する必要はゼロですよ】

「浪人生って不利だよね」

「頭固くなってるし…」

「理系科目のセンス落ちたなぁ」

このように考える人も多いですが、「浪人生=伸びにくい」というのは正しくないですよ。

伸びる人は、どちらでも伸びますね。

 

逆に言えば、浪人生でもこれから成績を伸ばしていくことは可能。

100%と断言します。

これに関する先日のツイートがこちら。

たまに「浪人生=伸びにくい」と言われることがありますが、ぶっちゃけこれは正しくないですね。冷静に考えて、1年やそこらで、脳のキャパシティーが変わるとかありえません😌
浪人生だから〜とか、現役生だから〜とかは本質ではなく、全員が伸びる方法こそが、正しい勉強法ですよ。これを探るべき。

この内容を、現役東工大生の僕が、深掘りしていきますね。

 

今回の記事の流れは下記の通りです。

この記事の内容
  1. 浪人生でも伸びる理由
  2. 浪人生が伸びない他の原因
  3. 誰でも伸びる勉強法を公開

この記事を最後まで読めば、これらの内容はすべて理解可能ですよ。

それでは、以下から本編に入りましょう。

「浪人生=伸びにくい」は正しくないですね

浪人生に対する、世間的なイメージ。

  • 「浪人生=伸びにくい」
  • 「浪人生=センスがない」
  • 「浪人生=覚えが悪い」

これらすべて、完全なる勘違いですね。

浪人生でも、逆転合格は可能です

繰り返しになりますが…

「浪人生だから伸びない」

これは完全に正しくないですよ。

 

では、なぜ伸びないイメージがあるのか。

これは現役生と浪人生を見比べてみれば、理解することができます。

少し難しい話になりますが、ついてきてくださいね。

かなえ
かなえ
論理的に解説です

 

浪人生は大きく二つの要素

  • 「現役時勉強したか」
  • 「現役時成績は伸びたか」

四分割することができます。

このとき「現役時勉強したし、成績も伸びたけれど志望校には届かなかった。」という、画像でいう1番のパターンの場合を考えましょう。

伸びしろの部分が減っているという意味でいうと、現役生に比べたら浪人してからの伸びというのは、当然小さくなりますね。

 

さらに「現役時勉強したけども成績が伸びなかった。」という場合。

画像の2番のパターンですね。

このパターンだと、根本的に正しい勉強を行えていない可能性が高いですし、何も変えない限りは、いきなり成績が伸びるということは考えにくいです。

 

つまり浪人生という時点で、半分は伸びにくい状況に置かれているため、現役生と相対的に比べたときに「伸びにくい」という印象を持たれてしまうというわけなんですね。

かなえ
かなえ
客観的な事実。

 

「一年長く勉強しているから、勉強に対するセンスが衰える。」なんてことはありません。

よく「脳が老化して覚えられないー!!」なんて言っている浪人生を見かけますが、脳の構造なんて、一年やそこらで変わるわけないですからね。

正しい勉強を行えば、浪人生でも大きく成績を伸ばすことは可能ですし、その逆もしかりです。

 

「浪人生だからー」とか「現役生だからー」という思考は捨てるべき。

浪人生と現役生には前提の違いこそあれど、受験生として志望校に向けてやるべきことは変わらないですからね。

浪人生が伸びない原因は、他にある

浪人生だけど伸びません…

↑この人は、浪人以外に原因アリです。

自分がなぜ伸びていないのか。

これを見つけるのは、意外と難しいですね。

 

とはいえ、伸びない受験生の間には、一定の共通点があるのも事実。

これを意識するだけで、変わります。

僕の経験から5つの特徴をピックアップ。

まずはこれを変えてみるのがいいですよ。

受験で失敗する受験生の特徴を、5つ紹介します【伸びない理由がわかる】受験で失敗する人の特徴のまとめです。 「受験で失敗したくない...」 「落ちる人の特徴が知りたい」 そんな素朴...

 

受かる受験生になるための方法。

これを学び、実践するのは難しいです。

努力するべきですが、時間がかかりますね。

 

それに対して、落ちる受験生の特徴をやめることなら、今日から可能です。

学んでおいて、損なしですよ。


浪人生でも、成績を伸ばす方法は公開済みです

浪人生でも伸びるためのヒント。

これはすでに公開していますよ。

正しい勉強法は、浪人に関係しません

そもそも論なのですが…

浪人生にだけ効果のある勉強

↑これは存在しませんよ。

かなえ
かなえ
理由は単純です。

冷静に考えてみてほしいのですが、

現役生と浪人生、目標は同じ。

→ 成績を伸ばして、志望校合格

現役生と浪人生、現状も同じ。

→ 脳の構造やセンスには無関係

それならば、当然すべきことも同じ。

 

 

「現役生だからこの勉強をするべき」

「浪人生はこの勉強をした方がいい」

↑これらはほぼほぼあり得ません。

 

誰でも成績を伸ばすことが可能な方法。

これこそがやるべき勉強なわけです。

 

「でも、それって何をすればいいの…」

↑こういった人に朗報なのですが、僕の経験や知識は、すでにすべて公開しています。

それがこちらですね。

大学受験の勉強法をまとめました。【知識ゼロ→志望校合格への方法】【大学受験の勉強法、完全網羅です】 「大学受験の勉強法が分からない...」 「今のやり方であっているか不安」 「頑...

 

必要な情報を網羅しました。

  • 各科目、どのように勉強するか
  • 効率的な暗記方法の詳しい解説
  • 間違いない勉強計画の立て方
  • 赤本や模試を活用する方法
  • 時期ごとに、何をするべきなのか

すべてこの記事から確認できます。

まだ読んでいない人は、確認必須ですね。

現役で失敗した原因を分析し、圧倒的に努力です

浪人生だけに許された特権。

それは絶対的な時間の多さもですが…

一度失敗を経験していること

これが現役生との1番の差です。

だからこそ、自分がなぜ現役のとき失敗したのかを、全力で考える必要がありますね。

これをしないのは、浪人生のリードが半減するようなものです。

かなえ
かなえ
もったいないです。

 

厳しい話をすると、浪人が決まってもその理由を分析しない人は、また同じ失敗を繰り返します。

脳みそが汗かくくらい思考する。

その結果をもとに、行動してみる。

結果が出なかったら、また考える。

これを繰り返していくことで、現役のときに比べて確実に成長していきますよ。

与えられた特権は、活かすべき。

  • 正しい勉強方法
  • 与えられた権利の行使

これに圧倒的な努力が加われば、浪人生でも成績は爆伸びします。

 

努力の方法に関しては、こちらを参照。

努力を継続するコツを、「考え方+具体的な方法」で解説【記事8つ】 「行動が必要なのは知ってる...」 「でも、なかなか行動できなくて」 「メンタル面での弱さを直したい」 メ...

1年をかけるなら、成功させましょう。

 

今回の「浪人生=伸びにくい」みたいに、一見正しく見える間違った常識は多いですね。

それを脳死で信じるのはNG。

 

受験に関するものをまとめました。

【裏ワザ】受験の新常識を、8つ紹介します【古い情報は、捨てるべき】 「今まで常識に従ってきた」 「でも、受験の裏ワザが知りたい」 「皆知らない情報ってないの?」 そう思ったこ...

常識にも、疑ってかかるべき。

 

何かご不明な点等ございましたらTwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!!

【TwitterのDM】※推奨

一番確実に返信できると思います。

→ 鼎のTwitterアカウント

 

【質問箱】

匿名を希望する方はこちらからどうぞ。

答える確率は、かなり低いです

→ 鼎の質問箱

 

【お問い合わせフォーム】

メールでの返信を希望する方はこちら。

→ お問い合わせフォーム

そして、いつもフィードバックしてくれている方はありがとうございます。

それによって僕自身も成長できます。

 

今回の記事は以上ですね。

他の記事も、ぜひご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。