真面目な勉強 vs ずるい勉強

【悲報】真面目な受験生が落ちる理由は3つです【かしこく生きていく】

こんにちは。現役東工大生の鼎です。

今回は、真面目な受験生について言及。

「くそ真面目って伸びないイメージ」

「でも、自分にはそれしかないし…」

「真面目な勉強って、報われるの?」

気になったこともあるはずですね。

結論から述べてしまうと、真面目なだけの受験生は、結果を出しにくいですね。

 

これに関する僕のツイートがこちら。

真面目に勉強するのは素晴らしいですが、「真面目であること」に逃げるのはNG。
✔真面目に勉強しているからOK
✔今できることは全力でしている
✔これで落ちたらしかたがない
こういった思考は、成長を止めます。真面目に勉強しつつも、何か改善できないか模索する。この姿勢が大切ですね😌

真面目な「だけ」ではNGです。

 

この記事では、以下の情報を解説。

  1. 真面目な受験生が落ちる理由
  2. 真面目な人に足りない要素
  3. 具体的に変えるべき勉強方法

最後まで読んでいただければ、上記をすべて理解可能。

明日から、行動が変わり始めます。

それでは、以下から本編に入りましょう。

真面目な受験生が落ちる理由は3つです

真面目な受験生が落ちる理由は3つ。

  1. 複数の人の意見を聞いてしまう
  2. 完璧を求めて、行動できない
  3. 真面目なことが、成長を止める

ひとつひとつ、詳しく解説します。

理由①:複数の人の意見を聞いてしまう

真面目な人は、以下のように思いがち。

言われたことはやった方がいい。

そうやって様々な人の意見に従うと、勉強の方向性が定まりません。

かける労力が分散。

結果、成果が出るのが遅くなりますね。

 

成果を出している人が、全員同じアドバイスをしてくれるとは限りません。

これは完全に実体験で、東工大の友人でも、その勉強方法は千差万別。

 

むしろ「あの考え方とこの考え方って逆じゃね?」なんてこともよくある話です。

 

結果を出している人は、方法がバラバラ。

しかし、「自分で必死に試行錯誤して、自分なりの方法を身につけた」という点では共通しています。

 

結果を出したいのであれば、まずは参考にする人は絞るべき。

そして、この人と決めた人の言ったことだけをやればOK。

 

なんか、上手くいかない

→ 参考にする人を変える

割と成果が出る気がする

→ 自分なりに、改善する

この試行錯誤が成長につながります。

理由②:完璧を求め、行動できない

真面目な受験生が伸びない理由の2つ目。

真面目であるほど、完璧にこだわりますね。

いわゆる「完璧主義」

これに陥ると、成績が伸びにくいです。

 

なぜかというと、そもそも完璧な勉強法や完璧な参考書などは存在しないからです。

  • 何回も試行錯誤して
  • 何度も挫折を味わって
  • その度に改善して
  • また失敗して改善する

こういったプロセスを踏まないと、勉強の効率は上がっていきません。

 

悲報かもしれませんが、ネットや人に聞いた凄い勉強法を実践すれば、いきなり成績が伸びるということはあり得ません。

にも関わらず完璧を追い求めると、完璧じゃないことが嫌になって行動できなくなります。

 

「自分は完璧主義かもしれない…」

↑この場合の対処法は、過去記事で解説。

残念ですが、完璧な勉強法は存在しません【追い求めても意味がない】【完璧な勉強法について解説です】 「完璧な勉強法を知りたい!!」 「どうすれば完璧な勉強ができる?」 ↑残念ですが、こ...

 

逆説的ではありますが、完璧に近づくためには、完璧でない状態で行動しなければいけません。

まずは雑魚なりに行動が◎。

当然、僕も最初は雑魚でしたよ。

理由③:真面目であることが、成長を止める

ぶっちゃけこれは厳しい言葉ですが…

「真面目であること」

これがあなたの成長を止めます。

 

真面目なことは確かにいいこと。

しかし、まだまだ改善点はあるはず。

真面目であることに逃げてしまうと、

  • やるべきことはやっている
  • 自分はこんなに頑張っている
  • これで落ちたら才能のせい

↑このような思考になってしまいます。

これらは完全に勘違いですね。

 

確かに、頑張っているかもしれません。

とはいえ、受験生である以上、誰しもが頑張っていますね。

真面目に勉強していない人であっても、「どうすればもっと効率的に勉強できるか」を一生懸命に考えているかもしれません。

 

真面目に勉強することのほかにも、まだまだ改善できることは無限にあります。

これから目をそらして、「真面目であること」に逃げていては、成績は伸びませんよ。

【結論】真面目なだけではNGです

繰り返しですが、真面目なのはいいこと。

僕が言いたいのは、真面目な「だけ」はNG。

 

まだまだできることがあるはずです。

 

でも、具体的にどうしていけば…

↑上記の層に、ヒントを話しておきます。


真面目な受験生は、かしこく生きるべき

残念な事実ですが、大学受験はかしこく勉強した人が結果を残します。

かしこく生きるには、ずるい人の思考を学ぶべき

これは完全に個人的な意見なのですが、真面目な受験生は、ずるく生きている人が何を考えているかが分からないのかなと。

考え方がわからないから、ずるくなれない。

これが原因だとすると、学んでいけばOKです。

 

自分で言うのもなんなのですが…

僕自身、割と効率よく勉強できたかなと。

そして朗報なのですが、僕が受験期に得た知識や経験は、すべて記事にしてまとめてあります。

それがこちらですね。

大学受験の勉強法をまとめました。【知識ゼロ→志望校合格への方法】【大学受験の勉強法、完全網羅です】 「大学受験の勉強法が分からない...」 「今のやり方であっているか不安」 「頑...

 

そして、特に真面目な人に読んでほしい記事。

それがこのまとめ記事ですね。

【裏ワザ】受験の新常識を、8つ紹介します【古い情報は、捨てるべき】 「今まで常識に従ってきた」 「でも、受験の裏ワザが知りたい」 「皆知らない情報ってないの?」 そう思ったこ...

 

この記事では、世間的に常識とされていることが、いかに間違っているかを解説しています。

真面目に先生の言うことを聞く

これだけでは分からない世界も沢山あります。

 

まずは様々な視点を学び、吸収する。

すると、だんだんとフラットな視点で物事を判断できるようになりますね。

そしたら、その選択肢の中から、一番効率の良いものを選べばOKです。

真面目な根は持ちつつ、ずるく行動すればOK

これまで否定的な意見を述べました。

とはいえ、真面目なことは基本的にいいこと。

  • 努力を継続できる
  • 人の意見を素直に聞ける
  • 他のことを犠牲にできる

これらの性格は、大学受験で結果を残すために必要ですし、習得するのに時間のかかる特徴です。

真面目な根っこは残しておいてOK。

行動の効率をあげれば、最強になれます。

 

自分の強みは活かしつつ、圧倒的な効率を身につけて、受験を攻略していきましょう。

今回は以上です。

何かご不明な点等ございましたら、TwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!!

【TwitterのDM】※推奨

一番確実に返信できると思います。

→ 鼎のTwitterアカウント

 

【質問箱】

匿名を希望する方はこちらからどうぞ。

答える確率は、かなり低いです

→ 鼎の質問箱

 

【お問い合わせフォーム】

メールでの返信を希望する方はこちら。

→ お問い合わせフォーム

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座