その他重要な思考法

受験生は「勉強の劣等感」で圧倒的に伸びる話【傷付きつつ、成長する】

こんにちは。現役東工大生の鼎です。

今回のテーマは「劣等感」。

「周りにどんどん抜かされる」

「勉強、頑張ってるのにな…」

「なんで自分だけこうなんだろ」

受験をするという選択さえも、後悔しているかもしれません。

 

先日の僕のツイートがこちら。

受験生だと、少なからず勉強で劣等感を感じることがあるはずです。「なんで自分だけ…」そう感じることもあるでしょう。辛いときは、思いっきり萎えてOKです。問題はその後。
✔周りを引きずり落とすか
✔周りに引き上げてもらうか
冷静に考えると、合格を争うのは周りの人ではないので、協力がいい😌

上記の内容を深掘りしていきます。

 

記事の前半では、どうしても感じてしまう劣等感の論理的な解決方法。

後半では、精神論を語っています。

スミマセン…

おそらく、この記事で劣等感が完全に消えることはないですが、少しでも前を向ける人がいればと思い、執筆しました。

受験生は「勉強の劣等感」で圧倒的に伸びる話

劣等感も、使い方次第です。

劣等感の矛先は、2通り存在する

劣等感を感じて、勉強が辛い。

そう感じた人の行動はパターン。

  • 周りの足を引っ張る
  • 周りの助けを受ける

このどちらかになるかで、向かう先は180度変わってしまいますね。

 

前者の例を挙げると、以下の通り。

  • 友達を遊びに誘う
  • 周りと情報交換しない
  • 1人で黙々と勉強

逆に、後者の行動はこんな感じです。

  • 周りに色々教えてもらう
  • 努力する目標にする
  • プライドを捨て、参考にする

どちらがいいかは、分かりやすいです。

周りの人には、負けてもOK

周りに劣等感を感じてしまうのは、ぶっちゃけ仕方がないですね。

誰だって、負けたら萎えます。

より努力をしていたら、なおさら。

 

とはいえ、冷静に考えてみると、自分の周りの人は勝つ必要ゼロ。

なぜならば、本当に勝たなければいけないのは、入試本番同じ大学を受ける人だからですね。

 

たとえ同じ試験を受けることになったとしても、友達の合否はほぼ自分に影響しません。

  • 友達1人を蹴落とす
  • 友達を参考に、点数を上げる

どちらが受かる可能性が上がるか。

当然ながら、協力するべきですね。

プライドを捨て、弱者として勝つ

最後の最後、本当のライバルに勝つために。

周りの人へのプライドは、捨ててOK。

知り合いの中では、バカキャラでもいいです。

入試本番で合格最低点を超えるか

それ以外は、すべて前座です。

  • 模試の判定が悪かろうが
  • 周りから無理と言われようが
  • 何度もバカ扱いされようが

受かってしまえば、完全勝利ですね。

 

弱者は、強者にないものを持っています。

  • 悔しい気持ちをバネにできる
  • プライドを捨て、行動できる
  • なんでも教わることができる
  • 周りから、無駄に妬まれない

弱者は、弱者なりの戦い方がいい。

最後に笑うために、周りを利用しましょう。


劣等感で萎えたら、一度勉強から逃げるのもあり

劣等感に悩んでも仕方ないことなんて、頭の中ではわかっている。

でも、どうしようもなく辛い。

そんな人は、1度逃げるのもアリですよ。

1回本気で落ち込んでもOK

劣等感を感じて、めちゃくちゃ萎えた。

受験生になったことを、後悔している。

↑こんな日は、1回本気で落ち込んでも、バチは当たらないですよ。

 

勉強できなければ、無理しないでOK。

  • 美味しい食べ物を食べる
  • 好きな映画を観る
  • 好きな音楽を聴く
  • 好きなだけ、ゲームする
  • 10時間、寝続ける

これだけで、割と回復することもあります。

「ちょっと頑張ってみるか。」

そう思えれば、また頑張ればいいです。

受験や勉強にこだわる必要はゼロ

どうしても受験に向いていない。

それなら、受験や勉強の世界から、逃げてしまうのも悪くないです。

 

高校生、特に進学校であるほど、

受験勉強=人生を決定する

そう思い込んでいる印象。

何を隠そう、僕自身がそうでした。

 

確かに、学歴が有利になることもあります。

とはいえ、それはごく一部の世界。

勉強がすベテではないと、断言します。

 

例を挙げると、先日行われたゲームの大会。

「Fortnite」の世界大会ですね。

優勝賞金は、3億円です。

これを獲得したのは、18歳の青年。

東大生が一生で稼げるかどうかの金額です。

 

何が将来役に立つのか。

そんなの誰にも分かりません。

わざわざ、受験や勉強にこだわって、劣等感を感じ続けるのは罰ゲームですね。

逃げるのも、立派な選択肢です。

諦めきれないなら、再度挑戦です

でも、やっぱり志望校を諦められない。

そう思ったなら、また頑張り始めましょう。

  • 挑戦して。
  • 挫折して。
  • 萎えて。
  • また、挑戦して。

一見無駄に見えるこのサイクルでも、乗り越えるたびに確実に成長します。

 

思い返してみてください。

  • 受験勉強を始める前の自分
  • 辛い中で努力してきた自分

成長も、たくさんあるはず。

 

ここからまた挫折することもあるかもしれませんし、その度に逃げてもいいです。

いつ戻ってきてもOK。

それでも諦めなければ、前に進みますね。

 

今回の記事は、これで以上です。

最後まで、ありがとうございました。

何かご不明な点等ございましたら、TwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!!

【TwitterのDM】※推奨

一番確実に返信できると思います。

→ 鼎のTwitterアカウント

 

【質問箱】

匿名を希望する方はこちらからどうぞ。

答える確率は、かなり低いです

→ 鼎の質問箱

 

【お問い合わせフォーム】

メールでの返信を希望する方はこちら。

→ お問い合わせフォーム

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座