その他重要な思考法

挑戦 vs 実力相応 ←選ぶべきは「挑戦」ですよ【わくわくする】

こんにちは。現役東工大生の鼎です。

本記事のテーマは、挑戦か安定か。

「本当は、挑戦校に行きたい」

「でも、頑張って落ちたらな…」

「自分に見合わない気もするし」

自分の本当にやりたいことと、現実の間にギャップがあると、悩みが生まれます。

一概にどちらが正解とは言えませんね。

 

とはいえ、僕は必ず選ぶ方を決めています。

先日、ツイートで理由を述べました。

挑戦するか、実力相応で悩んだ場合は、挑戦するといいですよ。確かに挑戦にはリスクが伴います。それでもあなたが悩んでいるのは、本当は挑戦の選択肢を選びたいからですね。
知るのは選んだ選択肢の結末のみなので、どちらが正解かは分かりません。できるのは、自分の決断を正解にする努力だけ😌

上記の内容を、深掘りしていきますね。

もう少し記事の内容をネタバレすると、

記事のネタバレ
  1. 挑戦の選択を選ぶべき理由
  2. 選択を迷わず決断する方法
  3. 決断した後、とるべき行動

ここまで言及していきます。

本記事を最後まで読んでいただければ、上記を全て理解することができますし、答えのない選択で悩むことがなくなりますよ。

それでは本編に入っていきます。

挑戦 vs 実力相応 ←選ぶべきは「挑戦」です

挑戦と安定なら、挑戦をとるべき。

【真理】迷う=挑戦したい

安定をとるか、挑戦してみるか。

上記を悩んでいるということ

それ自体が、心の中では挑戦したいことを表していますね。

 

もしも、別に挑戦したくないのだとしたら、選択肢が成り立ちません。

安定 = リスクなし

挑戦 = リスクしかない

この2択で悩む人は確実にゼロ。

心の底では挑戦してみたい。

だからこそ、悩んでいるわけですね。

妥協すると、頑張れません

妥協するのは、基本的におすすめしません。

本当は挑戦したいけど…

リスクか高いから安定を取ろう

そう決めてしぶしぶした決断に、100%の力を発揮するのは無理ゲーかなと。

受験で、第一志望の大学を諦める。

これ自体は、1つの作戦ですね。

切り替えて、次の目標に向かえばOK。

 

しかし、多くの場合はその後努力を継続できず、ずるずると志望校が下がっていきます。

なぜなら、どうせどちらもワクワクする選択肢ではないからですね。

その選択肢は、最初に捨てているのです。

 

やはり、ワクワク感や心の底からの声。

これを味方につけるべきですよ。

僕も大学受験勉強中はなんども挫折しそうになりましたが、「東工大に合格する」という最高にワクワクする目標があったからこそ、また挑戦できたのは間違いありません。

リスクがあっても、挑戦するべき

というよりも、今成績が足りていない人が、リスクを取らずに合格できるわけがないですね。

 

リスクをとるという選択肢は、弱者に残された最後の切り札です。

最後の最後に逆転できる道。

  • リスクはとりたくない
  • でも、志望校には受かりたい

この方法は、残念ながらゼロですね。

挑戦すると、レベルアップする話

リスクをとって、挑戦してみる。

これをすると、自分のレベルが上がります。

当たり前ですが、

  • 今のままでもギリ受かる大学
  • 全力でも受かるかどうかの大学

どちらの方が、成長できますかね。

 

残念ですが、人間は弱い生き物。

少しでも余裕があると、すぐにサボることばかりを考えてしまいます。

今の成績でもなんとかなるのでは

こうなると、今の自分の努力の限界を、越えることが難しいですね。

これ今のままじゃ無理じゃないか

そう感じて初めて、今の自分の限界を越える覚悟ができる。

言い換えれば、危機感ですね。

これがあると、レベルアップします。

 

そもそも、今の成績をもとに志望校を諦めるのはナンセンス。

生まれたての赤ちゃんに、「お前喋れないのか。バカだな。」とは誰も言わないですね。

ここから成長すれば問題ナシです。

無我夢中で努力を継続。

すると、気付いた時には限界値が伸びています。

 

高2の冬の僕は、1日5時間なんて勉強しようものなら、普通に偉すぎると思ってましたね。

たったその半年後には、10時間勉強。

5時間なんて、ありえない状態でした。

自分が届きそうにない目標に向かう

やはり、これが逆転の唯一の方法です。


正解はないので、即決断して行動です

悩んでる時間は、完全に無駄ですよ。

すぐに決断して、その道を前に進むべき。

決断に、正解はありません

選択肢に悩んで決断できない。

これは人間誰しも経験しています。

「あっちがいいのかな…」

「いやでも、こっちかな」

「でもなぁ。。。。」

とはいえ、ぶっちゃけそんなに悩んでも、正解の選択肢は現れませんよ。

 

これは安定と挑戦だけに限らず。

すべての決断に、正解はないのかなと。

というのも、僕たちが知ることのできるのは、選んだ方の選択肢の結果だけですね。

あのとき逆だったらどうだったか。

これはまさに、神のみぞ知るセカイです。

 

当然、受験勉強の選択肢もそうですよ。

  • 第一志望に挑戦するか
  • 志望校のレベルを下げるのか

どちらを選んでも、正解ではありません。

それならば、挑戦がいいですね。

ワクワクするし、失敗しても、成長する。

悩みごとはエネルギーを使います

どっちの選択を取るか悩むこと。

これには相当のエネルギーが使われます。

勉強関連の決断で悩む

→ 最適解をなんとか絞り出す

→ 結果、疲れて何もできない

→ 明日から、頑張ろう

→ できなくて、自己嫌悪

何度これを繰り返してきたか。

ぶっちゃけ、大学生の今でもあります。

 

どうせ正解かどうかわからない。

だから僕は、常にワクワクする道を選ぶと決めていますね。

失敗しても、なんとかなります。

安全と生活が保障されている、日本だからこそできる考え方かもしれませんね。

感謝しつつ、無駄な悩みを解消です。

自分の決断を、正解にしましょう

正解の選択肢を選ぶことはできなかった。

でも、「自分の選んだ選択肢を正解にする努力」はいくらでも可能ですね。

挑戦をバカにする人を見返したい。

自分の決断が正しかったことを示したい。

そのために、圧倒的努力をすればOKです。

 

例えば、安定を取ったとしましょう。

記事では、挑戦すべきと言っていた

でも自分は、安定を取るべきだと思う

↑こう思うのであれば、自分の選択が正しかったと、最大限の努力をすればOKです。

 

どちらの選択肢を選んだのか。

これはゴールではなく、スタートです。

自分の決断を、正解にする努力をすべき。

自分が後から見返してみて、「あの時、あの決断をしてよかった。」そう思えればそれが正解ですね。

 

今回の記事は、これで以上になります。

何かご不明な点等ございましたら、TwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!!

【TwitterのDM】※推奨

一番確実に返信できると思います。

→ 鼎のTwitterアカウント

 

【質問箱】

匿名を希望する方はこちらからどうぞ。

答える確率は、かなり低いです

→ 鼎の質問箱

 

【お問い合わせフォーム】

メールでの返信を希望する方はこちら。

→ お問い合わせフォーム

質問の際は礼儀正しくお願いします笑

必ずの返信は約束できないので悪しからず。

ではでは。お疲れ様でした。

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座