具体的な勉強法解説

【暴露】最も効率的だった暗記法を公開します【科学的根拠アリ】

【最初の暗記法、暴露します】

「暗記が苦手ですぐ忘れる」

「暗記の効率が悪い気がする」

↑上記の悩みを完全解決します。

 

こんにちは。現役東工大生の鼎です。

先日こんなツイートをしました。

断言しますが、最も効率的な暗記法は間違いなく「繰り返し」です。

これは僕が「学年258位→早慶・東工大合格」を達成した道のりの中で確信となりました。

英単語などの単純暗記の具体的な方法や、その際に使えるコツは近いうちに記事にします。

乞うご期待ですね😌

 

上記を深掘りしていきます。

暗記が苦手な受験生は必読ですよ。

かなえ
かなえ
少し複雑な説明も出て来ますが、なるべく分かりやすく伝えられるよう頑張ります。

 

最も効率的な暗記方法の紹介

暗記はすべての科目で必須の勉強事項です。

数学や物理を含めてですね。

暗記が得意になる=勉強が得意になると思って大丈夫です。

かなえ
かなえ
最も効率的な暗記法、まずはその具体的な方法を紹介していきます。

 

具体的な暗記方法の例

英単語であれば一秒一単語、英語→日本語を繰り返しましょう。

この時もし意味がわからなかったとしても、すぐに答えを見てしまって大丈夫です。

 

というのも、人間忘れる生き物なので、一回やった範囲でも忘れているというのはよくあること。

その度に、「悩む→思い出せない→萎える」を繰り返していると時間が勿体無いので、忘れていても気にせず答えを見て再確認でOKですね。

 

注意点としては、ダラダラ読むだけはNG。

人間は知識を思い出す「アウトプット」を織り交ぜなければ知識が定着しないので、赤シートや手で隠しながらぱっぱと進めるのが◎ですね。

 

最初は一つの単語につき一つの意味でOK。

派生語やスペルも後でいいです。

これは英語の学習を効率的に進める上で、優先度1位に持ってくるべきは意味がわかることですからね。

一つの意味がわかると、派生語やスペルも頭に入って来やすくなります。

 

社会や化学の用語も基本的には一緒です。

とにかく高速で出会う。

なぜこれが重要なのかは後ほど科学的根拠も含めてお話しします。

 

さらにプラスして、繰り返しの効率を上げるための「白紙法」という暗記方法があります。

自分の弱い知識やその周辺情報を一枚の白紙の紙にまとめて、それを何回も繰り返すという方法です。

 

自分が知らない情報だけに絞ることで、効率UPが狙えます。

【用意するもの】

コピー用紙

(無地のルーズリーフでも可)

 

コピー用紙のホルダー

(ルーズリーフの場合は不要)

 

バインダー

(サイズ注意です。)

 

実際に実行してみた写真がこちら。

 

(大学の内容でスミマセン)

これをですね。

 

 

こうして…

 

 

こうですね。

 

覚えたらファイルから抜いてOK。

自分だけの、自分が覚えなければいけない知識集を作りましょう。

 

余談にはなりますが、理系科目の解法暗記はまた方法が変わってくるので、そっちの方が知りたいよという方はこちらからどうぞ。

参考書の進め方は、5ステップでOKです【どの科目にも、応用可能】こんにちは。現役東工大生の鼎です。 本記事のテーマは、参考書の進め方。 「参考書の使い方がわからない」 「今のまま伸びる気がし...

【結論】最強の暗記方法→繰り返し

上記の英単語の覚え方には、実は重要な暗記法の原理が元となっています。

 

その最強の暗記法は「繰り返し」。

これが何を意味しているかというと、一回のインプットの質を高めるよりも、何回も出会うことの方が大切ということですね。

 

一語一秒と言うのは、この繰り返しの回数を高めるための工夫です。

「なぜ繰り返しが最強と言えるのか。」これを脳科学の観点から説明していきます。

 

繰り返しが最強の暗記方法である理由

人間のインプットした情報というのは、短期記憶として脳の「海馬」という場所に保存されます。

この状態だと、短期記憶の名の通り、時間とともにすぐに忘れてしまうわけですね。

 

大学受験で使える知識にするためには、短期記憶を長期記憶に変える必要があります。

今勉強している英単語が全て長期記憶になればOK。

 

そう。「短期記憶→長期記憶」を行う動作というのが繰り返しというわけです。

人間は日常何度も出会う情報(例えば自分の電話番号や住所)などは大切な情報と認識して長期記憶に保存してくれます。

忘れると困りますからね。

これを利用してしまいたい。

 

英単語を繰り返し繰り返し見ることで、我々の脳はその英単語が重要な情報であるかのように錯覚します。

だから忘れない記憶になると。

 

もう一度簡単に復習すると、

繰り返す

→脳が大切な情報と錯覚

→短期記憶から長期記憶になる

このロジックがわかると、一秒一単語という方法も納得ですよね。

 

五感を使う方法は有効だが要注意!?

繰り返し以外にも、暗記を効率化させるテクニックはいくつかあります。

 

有名なのは五感を使うこと。

視覚以外の情報を利用ですね。

 

声に出す、CDをきく → 聴覚

書いて覚える →触覚

五感を使うと、脳が刺激され大切な情報として認識。

結果記憶に定着しやすくなります。

 

ただ、ひとつ注意点としては、書いて覚えるのはたまにならいいのですが、書くの中心の暗記はお勧めできないです。

というのも、書いて覚えることは読んだり声に出すのに比べて、圧倒的に時間がかかるからですね。

 

時間がかかる=繰り返しの回数が減るということです。

これは本末転倒。

 

たまに「書かないと覚えられません」という受験生がいますが、これは非常に怪しいです。

なぜなら、書かなくても覚えている情報はたくさんあるからですね。

 

例えばクラスメイトの名前。最初は忘れたこともあったかもしれませんが、今は全員の名前を覚えているはずです。

これ書いてないですよね。

クラスメイトの名前を紙にひたすら書いていたら変人です笑

 

スペルを確認するなどの、部分的な利用は推奨ですが、あくまで補助的な方法です。

 


【朗報】「暗記が苦手」は解決可能

「でも、自分記憶力がないです…」

↑朗報ですが、これは解決可能です。

かなえ
かなえ
少しばかし厳しい話になるかもしれませんが、暗記を得意になりたい人だけ読んでくれれば幸いです。

 

繰り返したものは覚えてる件

あなたがどれだけ暗記が苦手かはわかりませんが、おそらく「apple」の意味はわかると思います。

しかも、十年後に「appleの意味は?」と聞かれても、おそらく答えられますよね笑

 

つまり、回数の差はあれど、大量に繰り返せば人間の脳は勝手に覚えてくれますし、長期記憶になった知識は簡単には忘れません。

単語帳の単語もそうなればいいですよね。

 

ではなぜそれができていないのか。

それは自分への期待値が高いからですね。

 

期待値を下げればOKです

「暗記が苦手」そういう受験生の多くは、自分の能力を期待しすぎです。

僕のイメージはこんな感じ。

 

同じ単語を3周しても覚えられなかった。

暗記が苦手ないひと→「3周しても覚えられないなんて、自分にはやっぱり才能がないんだ。」

暗記できる人→「3周して覚えられないのは当然だし、4周目では覚えられるようにしよう。」

こんな感じですね。

 

多くの人が想像するより、人間は忘れます。僕も超忘れます。

残念ですが、これは変えられませんね。

それならば、忘れること前提で勉強すればOKです。

 

忘れてることに萎えている時間があったら、一つでも多くの単語に出会う。

こういった期待値を低く保ちながら努力を続ければ、だんだんと知識は定着していきます。

 

忘れてたらまた覚えれば問題なしですね。

参考までに、僕がどれだけ単語帳を勉強したかを紹介します。

 

【悲報】僕は100周しました…

これを話すと割と信じてもらえないかもですが、僕はシステム英単語という単語帳を100周しました。

紛れも無い事実です。

 

残念ながら僕は人並みの記憶力だったので、繰り返しの量で勝負せざるを得なかったですね。

 

とはいえ、いくつかコツを知っていないと100周することは難しいので、実体験で得たコツをまとめた記事を書きました。

まだ参考書を繰り返す感覚がつかめていない受験生にとっては、非常に参考になる記事になっていると思います。

必読ですよ。

【実体験】参考書を100周することは可能です【コツがある】 こんにちは。 現役東工大生の鼎です。 先日こんなツイートをしました。 これは完全に実体験ですが、参考書...

 

【結論】暗記法は人生を豊かにしますね

効率的な暗記の方法がわかると、冗談抜きで人生が豊かになっていきますね。

これは完全に実体験です。

かなえ
かなえ
受験頑張ってよかったです。

何を学ぶにも暗記は必要です

暗記は何かを学ぶ上での土台。

何を学ぶにも必要になってきます。

 

僕は大学に入ってからも、

  • プログラミング
  • ブログの書き方
  • 第二外国語
  • etc.

新たなことを学び続けていますが、繰り返すという最強の方法は何にでも有効です。

寿命100年時代かもなので、受験生の間に暗記のコツを掴んでおくと、この先楽できるかもですね。

 

この記事を読んで新たな質問ができた。

もっと深い話を聞きたいという方に向けて、個別に質問できる環境を用意しています。

 

質問箱

鼎の質問箱

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

TwitterのDM

鼎のTwitterアカウント

それでは今回の記事は以上になります。

お疲れさまでした!!

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座