常識を壊す思考法

模試・テスト・試験本番の緊張は、認めてあげればOK【敵じゃない】

こんにちは。現役東工大生の鼎です。

本記事のテーマは、本番での緊張。

「試験本番になると、緊張する」

「本番に弱くて、結果を出せない」

「テストや模試だけ成績が悪い…」

↑これらの悩みを完全に解決します。

 

重要な場面で訪れる緊張。

実力はあるにも関わらず、本番に弱いという理由で結果が出せないのはツライですね。

対処法は、先日ツイートしました。

本番の緊張で悩んでいる人の共通点は「いつも通りでいようとしてること」ですね。冷静に考えて、将来がかかった試験ではいつも通りではいられません。普段頑張っているなら、なおさら。
1番の対処法は、「今、自分は緊張している」と認めてあげること。緊張しているからこそ発揮出来る力もあります😌

上記の内容を、本記事にて深掘りします。

 

具体的な内容を、少しネタバレしますね。

  1. 緊張をしないのは不可能な話
  2. 緊張によるメリットの紹介
  3. デメリットを最小化するコツ

この記事を最後まで読んでいただければ、テストや模試などの試験本番で緊張に悩むことはなくなりますよ。

他の受験生とも、差をつけることが可能。

それでは、以下から本編をご覧ください。

模試・テスト・試験本番の緊張は、認めてあげればOK

緊張しないための一番の方法。

それは「自分は緊張してる」と認めてあげることですね。

本番で、いつも通りは不可能です

緊張しないようにするための言葉。

「いつも通りいよう」

言われたことも多いはず。

↑これ、実は逆効果ですね。

 

なぜなら、テストや模試などの試験本番、いつも通りになんていられるわけないからです

志望校の試験ならなおのこと。

いつも通りにいようと思う

→ でも、いつも通りじゃない

→ 思い通り行かずに焦る

→ パニックになり、より緊張

今まで頑張ってきた人であればあるほど、試験本番では必ず緊張するものです。

いつも通りでは、いなくてOK。

緊張は、悪者ではないですよ

そもそも論ですが…

緊張 = 悪いもの

必ずしもそうではないはずです。

10年以上生きていれば、緊張してることによってうまくいった経験も必ずあるはずです。

 

普段集中できるはずのない時間でも、試験本番だとあっという間だったりしますね。

緊張によるデメリットは記憶に残りやすいですが、落ち着いて考えると、メリットも多いです。

今勉強できているのも、受験が迫っているという緊張感からのはず。

 

少し例を上げて話していきましょう。

オリンピックアスリートの棒高跳びって見たことありますか?

そのなかで、自分が飛ぶ前に手拍子をして観客を巻き込むシーンがあると思います。

 

一見、余計緊張するであろうこの行動。

わざわざ観客の注目を自分に集める

そりゃ緊張しますよね。

そこまでして自分を緊張させてるのはそうしたほうが結果が出るって自分で分かってるからです。

緊張を認めてあげればOKです

緊張のデメリットを最小化する方法。

それは「今、自分は緊張している」と認めてあげることです。

無理にいつも通りにする必要はなし。

むしろ、緊張できていると思うべきですね。

 

口に出してみてもOKです。

  • 緊張しても大丈夫
  • 緊張はメリットもある

これが頭の中にあるだけで、パニックになる確率を大きく下げることができますよ。


本番で緊張しつつも、結果を出すためのコツは3つ

緊張を認めてあげた後、その中で結果を出すコツは3つ。

  1. 万全な対策をして臨む
  2. いつもと違うことはしない
  3. 緊張してOKな実力をつける

ひとつずつ深掘りしていきます。

万全な対策をして臨むべき

まずは徹底的な対策をするべき。

大学受験においては、ほとんどの大学で過去問が発表されています。

これを使わない手はないですね。

  • どんな問題が出やすいのか
  • 時間配分はどうするべきか
  • 解く順番はどうるすべきか
  • 分からなかったらどうするか

試験本番が始まる前から、受験生の間で差がついているといってもいいでしょう。

 

志望校の過去問は最低でも5年。

できればあるだけ解きたいところ。

併願校であったとしても、本気で合格したいのであれば、3年以上は解いておくといいですよ。

直前での変更はNGですね

そして準備同様に重要なのが、直前で新しいことをしないこと。

  • 文房具を新しいものにする
  • 問題の解く順番を変更する

直前でこのような変更をすると、ちょっとしたことでパニックに陥りやすくなります。

 

なるべく迷いが生じないように。

試験の2週間前までには方法を決める。

それ以降の変更はしないが吉ですね。

 

逆に、今まで使っていたものは、心を落ち着かせてくれますね。

今までの積み重ねを確認できるもの。

例えば僕の場合はシャープペンシル。

受験勉強を共にしてきた文房具や参考書があると、平常心を保ちやすいですよ。

  • 事前に万全の準備をしておく
  • 直前は何も変更せずに臨む

緊張を避けるための鉄則ですね。

緊張してもいいだけの実力をつけましょう

最後に一番重要なことですが、緊張しても受かるだけの実力をつけるのが一番ですね。

小手先のテクニックは、直前でいくらでも身につけられます。

実力はそうはいかないですね。

 

特にマーク式。

センター試験なんかは、テクニックに頼りがちになります。

確かにテクニックで点数は伸びます。

しかし、確実に頭打ちになりますね。

 

まずは王道の勉強法で実力をつける。

僕がおすすめする勉強法や、受験期で培った経験や知識。

これはすべて記事にして公開済みです。

大学受験の勉強法をまとめました。【知識ゼロ→志望校合格への方法】【大学受験の勉強法、完全網羅です】 「大学受験の勉強法が分からない...」 「今のやり方であっているか不安」 「頑...

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

今回の記事は、これで以上です。

何かご不明な点等ございましたら、TwitterのDMやお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!!

【TwitterのDM】※推奨

一番確実に返信できると思います。

→ 鼎のTwitterアカウント

 

【質問箱】

匿名を希望する方はこちらからどうぞ。

答える確率は、かなり低いです

→ 鼎の質問箱

 

【お問い合わせフォーム】

メールでの返信を希望する方はこちら。

→ お問い合わせフォーム

質問の際は礼儀正しくお願いします笑

必ずの返信は約束できないので悪しからず。

ではでは。お疲れ様でした。

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座