電子辞書

【2019年】高校生におすすめな電子辞書の比較【大差はありません】

こんにちは。現役東工大生の鼎です。

大学受験を経験した経験から、高校生には電子辞書を強くおすすめします(購入してくれた母には感謝ですね。)

かなえ
かなえ
英語の勉強が捗ります

 

とはいえ、電子辞書って馴染みがないですよね。

  • 電子辞書が欲しい or 必要
  • 高価な買い物だし、失敗は避けたい
  • でも、電子辞書なんて買わないし…

↑上記に当てはまる場合は、この記事で疑問を全て解決します。

 

さら本記事の内容を具体化すると、電子辞書を探している人に向けて以下の内容を解説。

  1. 代表的な電子辞書は何があるか
  2. 選ぶ上でのポイントとはなにか
  3. ポイントごとに電子辞書を比較

この記事を最後まで読んでいただければ、2019年現在で最も高校生におすすめできる電子辞書がわかります。

 

…時間がない人のためにネタバレを。

結論は「シャープ ブレーンPW-SH6が一番のおすすめ」ですね。

2019年:高校生におすすめな電子辞書の紹介

まずは代表的な4モデルを紹介。

選び方の基準もお教えしますね。

おすすめな電子辞書

シャープ:ブレーンPW-SH6

シャープ:ブレーンPW-SS6

カシオ:エクスワードXD-SR4800

カシオ:エクスワードXD-SR4900

  • 高校生向けの電子辞書を製作
  • 信頼に足る実績と評判がある

これを満たす日本メーカーは、2019年現在でシャープとカシオのみですね。

かなえ
かなえ
この4つが安パイです

 

シャープのシリーズがプレーンです。

PW-SH6」は通常の高校生向けモデル。

PW-SS6」はそのハイクラスモデル。

対して、カシオのシリーズはエクスワード。

XD-SR4800」がスタンダードなモデル

その上位モデルが「XD-SR4900」ですね。

とは言っても、まだよく分かりませんよね。

かなえ
かなえ
なんか英数字がいっぱい…

4製品をさらに深掘りしていきましょう。

電子辞書を比較するポイントを解説です。

電子辞書の比較ポイントは3つ【価格・情報量・電池】

電子辞書の見るべきポイントは3つ。

電子辞書の比較ポイント
  1. 値段・価格はいくらくらいなのか
  2. どれだけコンテンツが入ってるか
  3. 充電方法などの、使い勝手の良さ

先ほど挙げた4モデルを、この3つの基準に照らし合わせて比較していきます。

電子辞書の値段・価格を比較

一般的な電子辞書は1〜8万円とピンキリ。

中でも高校生向けの電子辞書の相場は、3万円前後となっています。

やはり、高価な買い物にはなりますね…

 

前述の4モデルの値段は以下の通り。

(※Amazonでの購入価格です)

シャープ PW-SH6 約25,000円
シャープ PW-SS6 約32,000円
カシオ XD-SR4800 約26,500円
カシオ XD-SR4900 約32,500円

シャープとカシオでは、値段にそこまで違いは見られませんね。

価格面での比較は、引き分けです。

 

どれに比べて、スタンダードなモデルと上位のモデルでは、5,000円以上差がついています。

両者の違いに関しては、すぐに後述。

シャープとカシオでは値段は同じ。

上位モデルだと、+5,000円する。

 

ちなみに、2019年モデルにこだわりがないのであれば、型落ちの電子辞書を選ぶのもいいですね。

物によりますが、価格は最大で半額まで安くなる場合もあります。

【2018年モデル】

 

型落ちと最新モデルの違いは以下の通り。

  • コンテンツが最新になっている
  • とはいえ、型落ちでも十分な量
  • 操作性は、年を追うごとに進化

必要な情報が増えたというよりは、操作性や利便性、電池の持ちなどが向上していると考えてください。

 

型落ちモデルの基準

使えるなら、なるべく安い方がいい

→ 型落ちモデルがおすすめ

 

1回きりだし、良いものを選びたい

→ 最新のモデルがおすすめ

1年を通して使うものではあるので、個人的には最新モデルの購入がおすすめです。

かなえ
かなえ
最新なら安心ですね

 

電子辞書のコンテンツを比較

モデルによって価格はまちまちでした。

入っているコンテンツも同様ですね。

ちなみにこのコンテンツというのは、「リーダーズ英和辞典 第3版」や「大辞林」などの入っている辞書や書物のことです。

言い換えれば、どれだけ詳しいかですね。

 

具体的なコンテンツの量は以下の通り。

シャープ PW-SH6 260コンテンツ
シャープ PW-SS6 280コンテンツ
カシオ XD-SR4800 215コンテンツ
カシオ XD-SR4900 235コンテンツ

全体的に、シャープの方が多めです。

そして各上位モデルは「スタンダードモデル+英語のコンテンツが強化」だと考えてOKです。

英語以外は、全く同じと考えてOKかと。

 

問題は、それが必要な情報かどうか。

個人的には、スタンダードモデルのコンテンツで全然問題ないと感じています。

 

200以上のコンテンツがあろうが、基本的に辞書が1つあれば必要な意味は載っています。

日本語でわからない表現があっても、広辞苑一冊あればOKなのと同じですね。

基本的には、スタンダードがおすすめ。

かなえ
かなえ
使わないものがほとんど。

 

コンテンツが多いモデルが強さを発揮するのは、単語1つに対する例文や表現の多さです。

  • 英語を特に強化していきたい
  • たくさんの例文から学びたい
  • 将来、留学も視野に入れている
  • スピーチをする機会がある

↑上記の人には、おすすめします。

コンテンツは、多くても使わない

英語が気になるなら、上位モデル

 

普通の勉強をするだけであれば、東大を目指す受験生であってもスタンダードモデルで十分です。

電子辞書の使い勝手を比較

今のところ大差のない電子辞書。

最後のポイントは、使い勝手です。

この点は、シャープがおすすめ。

かなえ
かなえ
ようやく決着です

 

友人の電子辞書を借りたりもしましたが、

  • タッチパネルの感度
  • 文字の見やすさ
  • 画面の見やすさ
  • 操作の分かりやすさ

その他の細かい使用感も、シャープの方が直感的で操作しやすいです。

 

そして次に注目すべきは電池の仕組み。

  • シャープ → 充電式
  • カシオ → 電池式+充電式

シャープはUSBケーブルの充電のみで、充電のケーブルがついてきます。

カシオはどちらでも充電が可能。

一見カシオの方が便利そうですが、充電のためのケーブルが付属していないので、普段からUSBケーブルを使わない人は要注意ですね。

かなえ
かなえ
悩ましです…

 

逆に、次の条件が当てはまる人。

  • 充電するのを忘れがち
  • 家に電池の予備がある

この場合は、カシオがおすすめ。

とはいえ、今時の高校生にとって、乾電池を買う習慣はないでしょうし、ケーブルでの充電がメインとなるでしょう。

 

シャープもカシオも約130時間の継続使用が可能ですが、僕の経験上かなりの頻度で電池切れが起こります。

充電ケーブルを持ち歩くのもいいですが、携帯の充電も含めて、モバイルバッテリーに統一しておくのがいいでしょう。

電池に対応しているのはカシオ。

モバイルバッテリーもあるといい。

 

おすすめは、本体を直接コンセントに繋いで、充電器がわりにもなるタイプのものです。

かなえ
かなえ
僕のおすすめはこちら

 

高校生向けの電子辞書を比べた結論【2019年版】

3つのポイントの比較が終了しました。

すべての比較をまとめたのが下記の表。

価格 コンテンツ 電池の形式
シャープ PW-SH6 約25,000円 260 充電式
シャープ PW-SS6 約32,000円 280 充電式
カシオ XD-SR4800 約26,500円 215 電池式+充電式
カシオ XD-SR4900 約32,500円 235 電池式+充電式

 

価格・情報量・使い勝手の良さ。

総合的に考えると、シャープ ブレーンPW-SH6が高校生へのおすすめですね。

 

とはいえ、比較する中で、自分に一番合う電子辞書がわかってきたと思います。

自分に最適なものを選びましょう!!

 

一番おすすめ

シャープ「ブレーンPW-SH6

 

ハイスペ&操作性◎

シャープ「ブレーンPW-SS6

 

低価格&電池対応

カシオ「エクスワードXD-SR4800

 

ハイスペ&電池対応

カシオ「エクスワードXD-SR4900

 

型落ちモデル一覧

シャープ「ブレーンPW-SH5

カシオ「エクスワードXD-Z4800

 

本記事では、高校生におすすめの電子辞書を比較しました。

電子辞書は高価なものです。

そして、ずっと使い続けるものですね。

かなえ
かなえ
今でも利用しています

 

本記事で紹介したモデルから比較・検討して、自分がこれだというものを選んでいただければ幸いです。

記事の内容は、これで以上ですね。

それでは、最後までお疲れ様でした。

勉強法の完全講義

僕の知識と経験の集大成として、唯一の有料教材を作成しました。

才能なしで逆転合格するための、大学受験勉強法の完全講義」ですね。

才能やセンスに依存しない、逆転合格への最短ルートになっています。

かなえ
かなえ
一部を無料公開中

» 無料部分を読む

 

 

おすすめサービス

 

スタディサプリは、テレビCMでも有名な格安映像授業サービスです。月額980円で、業界屈指の神授業が受け放題。独学で受験に挑む中・高生の、力強い味方になってくれます。期間限定で、2週間の無料体験キャンペーン中。

» 公式サイト

» 記事の一覧

スタディサプリ進路では、各大学の資料請求・願書取り寄せが可能。「志望校について、まだよく知らない…」そんな方は、目標を具体的にするチャンスです。高校生全員に図書カードを配付中。僕も利用したサービスですね。

» 公式サイト
 » 解説の記事

進研ゼミは言わずと知れた通信教材。参考書を完成させることが苦手な人や、毎月のやるべきことを決めて欲しい人にはオススメです。スマホアプリや複数のプランなど、大企業ならではのサービスが多いことが特徴的なのかなと。

» 高校講座
» 中学講座