≪最新版≫英語のおすすめ参考書【知ると差が付きます】

2019年2月24日

こんにちは。

現役東工大生の鼎です。

 

英語の参考書ってどれ使ったらいいか分からず、めちゃくちゃ悩むと思います。

特に英語は大学受験用だけでなく、様々な用途の参考書があるんですよね。

 

自分も本屋に行ってどれも同じような参考書を見ながら、「どれ選べばええんじゃー」ってなってたのを覚えています笑

 

参考書は良書を繰り返すに限ります。

自分が受験生の時こんな記事が欲しかった。

そんな記事になっています。

英語のおすすめ参考書|英単語編

一冊目の単語帳のおすすめ

まず勉強法にも書いた通り単語、熟語。

基本的には一冊2000語レベルのものを最初に完璧にすることを勧めてます。

 

代表的なところで言えばシス単語やターゲット。

学校で配られたものでも構いません。

 

速単、シス単、ターゲット、ユメタン、DUO。

同じレベルの英単語であれば、基本的に載っている参考書はそう変わりません。

好みで選んでもらってOKです!!

 

僕がオススメしているのはシス単なんですが、その理由も自分で使っていたというだけです。

ターゲットを使っていたらターゲットを勧めていたと思いますね笑

 

ただし、これという一冊を決めたのであれば、他の単語帳に浮気をせず、その一冊を全力で覚えていってください。

 

結構単語帳のことを軽く見る人って多いんですよね。

単語帳は多くの人が最初に取り組む参考書。

「いつか完璧にしなきゃなー」

そう考えているうちに受験が終わってしまう受験生が多いのも事実です。

 

受験勉強では一冊一冊の参考書を完璧にしていけるかが鍵になってきます。

 

僕が理系として東工大合格を果たしながらも慶應経済に合格できたことや、様々な大学の入試試験で安定した結果を出せたのには英語の恩恵がかなり影響しています。

最初に単語帳一冊を覚えたからこそ順調に成績を伸ばすことができたんですね。

 

自分がこれならやり切れると思ったものを選んでみてください!!

数冊買ってお風呂場用のを用意するのもおすすめです。

二冊目の単語帳と熟語帳のおすすめ

単語帳の二冊目はやったほうが良いのか。

これは人によって変わってきます。

その基準は別の記事で徹底的に解説しているので、気になる方は目を通してみてください。

単語帳の二冊目は必要?二冊目の判断基準とおすすめ参考書

 

熟語帳や単語帳の二冊目は、CDでシャドーイングの練習ができるものを使うといいと思います。

速読英単語上級編、リンガメタリカ、速読英熟語

これらの参考書をCDを使って勉強するがオススメ!!

 

シャドーイングってなに?って方はこの記事を参照してください。

英語の音読で得られること3選

英語のおすすめ参考書|英文法編

英文法書のおすすめ

次は文法・解釈書なんですが文法に関しては学校で配られた四択問題集があれば十分です。

まぁ代表格で言えばネクステやビンテージを選んでおけば間違いないってことなんですよね。

しかし、中にはいきなりネクステはきつい…って人もいると思います。

その原因は大きく分けて二つ。

  • 中学の英文法が理解できていない
  • 高校での英文法の理解が足りない

その場合、原因別に参考書を追加しましょう。

ネクステが難しい場合の参考書

中学英文法が曖昧な場合

中学の英文法が曖昧で、ネクステがきつい。

そんな方へのおすすめは「大岩の一番はじめの英文法」です。

 

英文法が基礎からわかりやすく解説されています。

まずはここから始めてみましょう。

高校の英文法の理解が足りない場合

中学レベルまではある程度できる。

でも高校で習った文法がイマイチ分からない。

その場合は講義系の参考書を追加しましょう。

 

フォレストやエバーグリーンがそれにあたります。

ネクステで分からなかった知識を教えてくれる。

辞書のような使い方をするのがおすすめです。

文法は文法問題として問われるだけでなく、長文を正確に読む上での土台となってきます。

英語の文というのは、英語が文法に沿って並んでいるわけですからね。

これが理解できないのに長文なんて読んでも結局成績は頭打ちです。

 

確かに、文法を深く理解していなくても、単語の意味を追えば理解できる文章は存在します。

しかし、早慶・東工大をはじめとする難関大の入試で問われるのは深い理解がないと読めない文章です。

是非文法にも力を入れてください。

英語のおすすめ参考書|英文解釈編

そして英文解釈の参考書ですね。

 

レベル順に

『きほんほここだ』

『入門英文解釈の技術70』

『ポレポレ』

この三冊はまーーじで良書です。

控えめに言ってもめちゃめちゃお勧めですね。

 

最近の入試の傾向としてあまり解釈が難しるぎる文章を避け、長い文章の事務処理能力が重視されています。

それゆえ、難しすぎる分厚い解釈の参考書をやる必要はないです。

 

薄い参考書でいいから、書いてあることを深く理解する。

この作業が大事になってきます。

大切な知識がギュッとまとまっている3冊なので、自分のレベルに合うものを進めていってください。

 

何回も読み込んでいって英語を深く理解する。

この経験は、間違いなく難関大への壁を超えるための心強い助けになってくれると思います。

英語のおすすめ参考書|英語長文編

英語長文の参考書は何でもいい!?

最後は英語長文の話ですが、ぶっちゃけここまでの英語の勉強を完璧にしていきながら進めてきた人なら何やっても伸びます。

そのための基礎だから。

 

実際に僕が使った参考書は次の通り。

やっておきたい英語長文300、500、700

毎年出る 頻出英語長文

英語長文ハイパートレーニング レベル2、3

 

どれも使いやすく、成績の伸びに繋がったと感じています。

最近では、関正生先生の英語長文ポラリスが出版されているので、これを使うのもありだったかなと思いますね。

 

誰も知らない魔法の一冊が知りたかったのに!!

そう思われる方も多いかと思います。

確かに英語長文の参考書は多く、それぞれの良いところというものがあります。

 

しかし、どの参考書にも共通して言えるのが、英語長文の全体としての内容把握、読解速度の上昇を目的として作られているということです。

そしてこれこそがこの段階で求めるべきことでありそれはどの参考書でもできることなんですよ。

 

逆に言えばどんなに良い参考書を紹介しても単語、文法、解釈の知識が入っていなければ、その参考書が意図する力をつけることは難しいでしょう。

本当に達成すべき目標は何かを見失わずに真っ直ぐ勉強していってくださいね。

志望校の英語長文対策には

直前期はもちろん志望校に合わせた対策はしたほうがよいでしょう。

併せて最後の志望校対策に過去問を使用するのがお勧めです。

 

早稲田、慶応には王道の難しさがありますし東工大の英語とかはかなり独特ですからね。

 

過去問を解く。

解いた過去問を分析する。

自分に足りない知識を洗い出す。

基礎の参考書に戻り穴を埋める。

また過去問を解く。

 

この一連の流れを何度も積むことが、志望校へ近づくために重要になってきます。

 

「過去問の分析の方法が分からない。」

そんな受験生のための記事もあるので、併せて読んでみてください!!

【保存版】赤本の使い方を現役の東工大生が徹底解説してみた!!

英語のおすすめ参考書|英作文編

英作文は英借文という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

英語でよく使われる型を覚えてしまって、それを借りて文章を作るべきという意味ですね。

 

単語、文法、解釈を完璧にした人にとって足りないもの。

それが『』です。

 

自分で文章を一から考えるよりもすでにあるテンプレを使ったほうが楽で減点のされようがないんですよね。

 

そんな型を覚える参考書が『ドラゴンイングリッシュ』です。

100文に厳選されて、英作文の基本的な考え方や大学入試の頻出表現が薄い一冊に集約されてます。

 

いかに英語と日本語の差異を学んだ上で、難しい日本語の表現を単純明快な表現に変換し書きやすい英語にしていくかが解説されています。

何週もして、全ての例題がすぐに頭から引き出せるようになってください。

参考書を使ううえで大切なこと

参考書をどう使うかの方が大切

どの参考書を使うかは確かに大切。

しかし、もっと重要なことがあります。

それが、その参考書をどう使うかです。

 

参考書の使い方がどれだけ重要か。

それを熱く語った記事がコチラです。

おすすめ参考書を読み終わったあなたに、是非読んでほしい記事になっています。

参考書一冊を完璧にするメリット

参考書に関してもうひとつ大切なこと。

それは一冊を完璧にすることです。

 

ちょっとかじっては、他の参考書に目移りして買い替える。

蓋を開ければ一冊を完璧になってない。

そうなってほしくないんですよね。

 

参考書を極めることがどれほど大切か。

記事にして熱く語ってみました。

英語のおすすめ参考書|関連記事

英語の勉強法を徹底解剖

英語の勉強法を詳しく解説した記事です。

使うべき参考書を学んだ後は、どういった順番で、どう活用していけばいいかまで覚えておきましょう!!

 

「何から勉強していけばいいか分からない。」

「今の勉強が合っているか分からない。」

こういった悩みを持っている人に是非読んでほしい記事になっています。

Forest等の講義系参考書の使い方

今回文法の参考書としてForestを紹介しました。

有名な参考書ですし、持っている・使っているという受験生も多いともいます。

 

こういった講義系参考書は使い方を気を付けなければいけません。

どうやったら講義系参考書を100%活かせるか

この具体的な方法について徹底解説しました。

スマホアプリで英単語を覚える方法

今の時代勉強道具は参考書だけではありません。

スマホを活用した英単語の勉強法を紹介しました。

 

「なかなか英単語の勉強が捗らない。」

「これから英単語の勉強をしようと思っている。」

そんな人にはぜひ読んでほしい記事になっています。

英語長文はSVOCを振るべきなのか

英文解釈や英文法で学ぶSVOC。

英語長文を読むときに必要になってきます。

 

しかし、必要かどうかと振りながら読むべきかはまた別問題。

最終的に英語の成績を伸ばすための考え方を解説しました。

英語のおすすめ参考書|おわりに

point今回は英語のおすすめ参考書を勉強の段階別に紹介しました。

どれも素晴らしい参考なので、自分に合う一冊を見つけてみてください。

 

最後に大切なことをひとつ。

どの参考書を使うかは確かに大切です。

しかし、その参考書をどのように使うかの方が何倍も大事になってきます。

受かる人はどの参考書を使っても受かりますからね笑

 

参考書博士になるのではなく、これと決めた一冊にとことん向き合って、それを完璧に仕上げていってください。

 

そして僕が独学で使った教材は参考書の他にスタディサプリがあります。

スタディサプリについての記事はこちら。

スタディサプリの勉強法を現役の東工大生が徹底解説してみた!!

スタディサプリの利点と罠について東工大生が徹底解説!!

 

この記事を読んで質問ができた。

そういった場合は僕に直接質問してください!!

 

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

TwitterのDM

鼎のTwitterアカウント

どちらも基本的に返信しています!!

 

ただし、質問の際は礼儀正しくお願いします笑

そうでない場合は返信は約束できません。

 

また、サイトで書けないようなぶっちゃけ話や僕自信の過去の話などは、メールマガジンとして皆さんに発信しています!!

 

今回の記事を読んで、「もっと詳しい話が聞きたくなった。」「もっと深い話が聞きたい。」と思ってくださった方は、是非下にあるメルマガの登録フォームから登録してみてください!!

 

お金がかかることはないのでお気軽に!!

それでは今回の記事は以上になります。

お疲れさまでした!!

より踏み入った話ブログでは話すのがためらわれるような話はメルマガにて伝えています。

登録者しか見ることのできない動画での発信など、限定企画が続々と進んでいます!!

無料で登録できるので、お気軽に登録してみてくださいね!!

Posted by phg84427